蓮姫さまとメロンくんの「甘くない生活」

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/03/10

白百合のような

人が入ってない時、トイレのドアは開けておくものらしい。
メロンとイタリアで知り合ってアパートに遊びに行くようになった時、
トイレから出て来てドアを閉めたら怒られた。

「閉めてたら人が入ってるか入ってないかわからないでしょ。」
「え?ノックするじゃない。」
「家じゃそんなことしないの。とにかく開けておけばいいの。」

日本だと開けておくと非衛生的だとかだらしないとか怒られるのにね。

そういうわけで、うちのトイレ(というかバスルーム)のドアも開いてるんだけど、
時々私が使ったあと無意識に閉めてしまうことがある。
そういう習慣でしたからね、ずっと。
車だって未だに運転席と助手席がどっちかどっちやらわからないときもあるし。

さっきも、お皿を洗う途中トイレに行ったらドアが閉まってる。
あれ、夕方使ったときしめちゃったかな?と思いつつ5センチくらい開けると電気までついてた。
あちゃ、電気消すのも忘れちゃった、と思ってあと10センチ開けたら、メロンが座ってた。

「こりゃ失敬」(←いま「踊る大捜査線」を見てるもので、Excuse meをこう訳してみました。)
と、ドアを閉めて台所に戻って来たんだけど、これでメロンの排泄の邪魔をしたのは何度目かしら。

トイレから出て来たメロンに、
「ごめんね~」ともう一度謝ると、

「僕のおしり見たかったんだよね。」

「別に、おしり見たかったらいつでも見られるもん。」

「でも僕が寝てる時だったりしたら、わざわざ布団の中で懐中電灯で照らして見ないといけないじゃない。」

「ぷっ。懐中電灯なんかいりません。あんたのおしりは暗闇で‥‥」

「暗闇で輝くって言うんだろう、シロシロ真っ白だから!あんたって、ホントにおかしいねっ


自分でlily-white ass(百合のように白いおしり)って名付けてるくせに。

ドアが閉まっている時は、やっぱりノックしましょう。
スポンサーサイト

コメント

>cocopuff1212様、

これはいいところついてきましたね。そういうことなんですね。
いやあ、長年つきあってても気づいてない嗜好ってあるんですね。感謝感謝。
じゃ、これからもノックせず、がん!と行きます。
2010/03/13(土) 06:31:03 |URL|蓮姫さま #- [編集]
開けられるのが嫌だったらロックすると思うので、メロンさんは実は座っているときにドアが突然開くのが嫌いではないのでは…と思うワタシでした。
2010/03/12(金) 05:42:02 |URL|cocopuff1212 #- [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://hasuhimelon.blog110.fc2.com/tb.php/625-96e58075

■  プロフィール

蓮姫さま

Author:蓮姫さま
蓮姫さま
アメリカはコロラド州デンバーに住む女。ロッキー山脈の近くでたまにやるウィンタースポーツは雪かき。

メロン
蓮姫さまのダンナ様。キュートな名前は、ウォーターメロンのような大きな頭ゆえ

G.B.
メロウな愛犬。ソリ引き犬と牧羊犬のミックス。

小メロン
メロンの息子。実はデカメロン。

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  最近のトラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリー

■  フリーエリア

記事と明らかに関係のないコメントは削除させていただきます。 ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

■  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■  ブログ内検索

■  RSSフィード

■  リンク

このブログをリンクに追加する http://ping.blogmura.com/xmlrpc/9kciydw10cet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。