蓮姫さまとメロンくんの「甘くない生活」

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/08/03

小さなセールスマン

たった今小さなセールスマンがやって来た。
G.B.が玄関に向かって吠えるので何だろうと思ったら、
外に12才くらいの白人の男の子が立ってる。
ドアを開けると、
「COLORADO YOUTH CORPというグループなんですが知ってますか?
今9人に1人のティーンがドラッグをやって、13人に1人が学校をドロップアウトして‥‥」と話し始めるじゃないか。
ガールスカウトがよくスーパーの外側でクッキー売ってるけどあんなのかなと思うと、
やはりお菓子が出て来た。
そういうティーンを救うための資金集めをしているらしい。
で、話してる途中で、
「今までのとこどうですか?ぼくちゃんと仕事してますか?」と聞いてくるので、
「立派にしてますよ」と答えた。(それ以外答えようがないけど。)
メロンも「ガールスカウトのお嬢ちゃん達が売ってるクッキーは買わずにいられない」と
言うし、私だってこんな小さな男の子に門前払いを食わせるわけには行かない。
しかし、問題は財布の中身だ。見ると6ドルしかないから(とほほ)、
なんか6ドルで買えるもんある?と聞くと、
「全部8ドルなんですけど、小切手でも払えるし、二つ以上買うなら割引します」とな。
「うちみんなダイエット中だから、キャンディーはたくさん買えないのよ」と言うと、
「どれもファットフリーだから、ダイエット中でも大丈夫ですよ」と言う。
ほんと、子供のときからこんなにセールストークがうまいと、
大人になってどれだけすごいセールスマンになるやら。

「お宅の犬、ドアのチャイムより役に立ちますね」なんて言ってみたり、
「ところで、僕にドアを開けたときみたいに他の人に空けたりしたら危険だから、
気をつけないとダメですよ」なんて言ってくれたり、
ほんとアメリカのガキの世慣れっぷりには舌を巻くぜ。
ベビーシッターをさせてもらってる友達の家に、近所の12才くらいの女の子が配ったらしい
「ベビーシッターします」のビラが置いてあったけど、
自分を立派な労働者として売り出すことをもう知ってるあたり、
「子供は子供らしく」なんて言われて育ってる日本の子供とはほんとに違って、
早く大人になろうなろうとしてる。
アメリカの子供をどう扱っていいものかわからないおばさんは、たじたじしてしまう。

「じゃ、グミを一箱だけもらうね」と言って、
「実はもう一箱買ってくれたら、僕の今日の成績が倍になるんです」と言われた日にゃ、
「あんたにゃ負けたよ」と心の中でがっくり手をついて二つ買うしかない。
おばさん、転がされちゃったよ。

「ところで、この暑い中ちゃんと水飲んでる?」と聞くと、
「はい、ミネラルウォーター持ってます。僕フェニックスから来てるから、
水飲まなきゃいけないのはちゃんとわかってます」って、
あんたフェニックス(アリゾナ州)なんかからやって来て
どうしてコロラドの団体のためにでお菓子売ってるの???
質問がのどまで出かかったけど、なんか夏休みの交換アルバイトプログラムみたいなのが
あるんだろうなと勝手に納得してしまった。

14ドルの小切手を書いて渡して、去って行く彼を見送って、
あれは一体なんだったんだろうと思っていると、玄関先に戻って来た。
で、
「小切手は時々現金化できないことがあるから、念のために電話番号も書いてて下さい。
以前もダメな小切手もらっちゃったことがあって、
でもその人イリノイ州から来てるってことでつかまらなかったんです」と言うもんで、
電話番号を小切手に書いて、
「もしなんかあっても、私はここに住んでるから大丈夫よ」と言って渡した。

その後、「どこの出身ですか?」なんて聞かれてちょっとお話ししてると、
大きなバンがやって来て、彼はそそくさとそのバンに乗り込んで去って行った。
運転してたのも16歳を超えたばっかりじゃないかってくらいの若いヒスパニックの女の子。
正式なグループならちゃんとした大人が付いてても良さそうなもんだし、
バンにロゴくらいは入ってると思うんだけど、真っ白だった。
なんか、とってもいやなものを感じて、車のナンバーを控えるべきだったかもと思った時に
メロンから電話があったからそのことを話すと、
よくわからないけど、もしかしたら小銭を稼ぎたがる子供がいることにつけ込んだ
児童労働みたいなもんかもしれないね、なんて言われてしまった。
なんかそんな気もしてたんだ。
だって訪問販売なんて、今の時代まともな大人が子供に一人でさせることじゃないよねえ。

本当にちゃんとした目的を持って活動してるグループなのかもしれないけど、
そうじゃなかったとしても、
あの子が大人にいいように利用されてるだけじゃなかったらいいなと思う。

もっと大人としてちゃんとお話をしないといけなかったなと自己嫌悪に陥ってしまってる。
ああ、メロンがいればよかったな、と思って、お前はいつまでメロンに頼るんだと、
またまた自己嫌悪。

いつになったらちゃんとした大人になるんだろう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://hasuhimelon.blog110.fc2.com/tb.php/438-6471df82

■  プロフィール

蓮姫さま

Author:蓮姫さま
蓮姫さま
アメリカはコロラド州デンバーに住む女。ロッキー山脈の近くでたまにやるウィンタースポーツは雪かき。

メロン
蓮姫さまのダンナ様。キュートな名前は、ウォーターメロンのような大きな頭ゆえ

G.B.
メロウな愛犬。ソリ引き犬と牧羊犬のミックス。

小メロン
メロンの息子。実はデカメロン。

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  最近のトラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリー

■  フリーエリア

記事と明らかに関係のないコメントは削除させていただきます。 ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

■  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■  ブログ内検索

■  RSSフィード

■  リンク

このブログをリンクに追加する http://ping.blogmura.com/xmlrpc/9kciydw10cet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。