蓮姫さまとメロンくんの「甘くない生活」

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/11/08

オバマ大統領

11月4日、大統領選挙投票日当日の夕方は日本人女性の会でお出かけしていた。
デンバー時間で深夜にならないと大勢はわからないってことだったので、
9時位に帰ってきてビールでも飲みながら選挙速報見るか~と思ってテレビをつけたら、
もう決まっていた。
オバマの圧倒的な勝利。

それからすぐにブログを書こうとしたけど、なんか興奮するばかりで文章にならなかった。
数日経って、ようやく自分の考えを多少は簡潔に書くことがことができる気がする。

このオバマの圧勝は、8年間の失策続きのブッシュ政権下で閉塞感に陥ったアメリカ人の、
変革を求める力の結晶だ。
これから時間はかかるとはいえ、経済もイラク問題も生活も改善されて行くだろう。

でも、それよりなにより、私が一番喜ばしく思うことは、
黒人が大統領に選ばれたということだ。
オバマに投票した黒人は96%に上るらしい。
それだけなら「黒人同士だからね」ってことで終わってしまうが、
黒人はマイノリティーである。白人の方がずっと多い。
オバマが勝ったのは、人種に関係なく能力の有無でオバマを選んだ人も多いからだ。
オバマの大統領としての資質がマケインより優れているのは明らかだった。
それでも白人優位主義者(つまり人種差別主義者)だと、
72歳の老人で卑怯なネガティブキャンペーンしか展開できないマケインと、
美貌と野心以外何の能力もないペイリンの組み合わせでも、
白人だからという理由で選ぶわけだ。
ここで大統領に黒人が選ばれたということは、アメリカ社会にとって大きな意味がある。
オバマなら困難な改革を次々にやり遂げ偉大な大統領になるはずだし、
人種を越えて尊敬される人になるはずだ。
キング牧師やジェシー・ジャクソンの様に
黒人であって黒人の人権のために活動する人々ももちろん偉大だ。
でも、アメリカの大統領にはもっと社会に、世界にアピールする力がある。
その大統領が尊敬されるべき人物であれば、
黒人はオバマと同じ黒人であることを誇りに思うだろう。
白人もオバマを認め、尊敬するようになり、黒人蔑視が減るだろう。
(黒人だけでなく有色人種蔑視と移民蔑視も減ればいいけど。)
政治改革も時間がかかるだろうけど、
人種差別がなくなるのにはまだ何十年もかかるだろう。
でも、オバマ大統領誕生はいつか必ずそんな日が来ると思わせてくれる。

彼はアメリカの明るい未来の象徴だ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://hasuhimelon.blog110.fc2.com/tb.php/250-4f41ec09

■  プロフィール

蓮姫さま

Author:蓮姫さま
蓮姫さま
アメリカはコロラド州デンバーに住む女。ロッキー山脈の近くでたまにやるウィンタースポーツは雪かき。

メロン
蓮姫さまのダンナ様。キュートな名前は、ウォーターメロンのような大きな頭ゆえ

G.B.
メロウな愛犬。ソリ引き犬と牧羊犬のミックス。

小メロン
メロンの息子。実はデカメロン。

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  最近のトラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリー

■  フリーエリア

記事と明らかに関係のないコメントは削除させていただきます。 ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

■  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■  ブログ内検索

■  RSSフィード

■  リンク

このブログをリンクに追加する http://ping.blogmura.com/xmlrpc/9kciydw10cet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。