蓮姫さまとメロンくんの「甘くない生活」

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/08/27

「閉まってまーーーーす!!」

今日は木曜日。ジビ太はデイケアに元気に出かけていった。

先週連れて行った時、ま、いつも通り建物のドアを開ける前からワタシをぐいぐい引っ張って、
開けたとたん受付カウンターの後ろにある屋内運動場にとっしーーーーーーーん!
引きずられないよう、ワタシはリードを離したんだが、ま、そこまではいつもと一緒。

ところが、この日は運動場に行くドアが閉まってた。

突進したはいいが、思いもかけずドアに阻まれ急停止すると同時に後ろを振り向き、
「閉まってまーーーーーーーす!!!!」と訴えかけるその姿。
八の字に下がった眉毛と頭上に「ガーーーーーン」という文字が見えたような気がしましたよ、ワタシには。

笑える犬だよ。
今日も一杯遊んどいで。
スポンサーサイト
2010/08/27

おじさんは中でお仕事、おばさんは庭でお仕事

普段ワタシは家でぼけらーっとしてるのが好き。

しかし、メロンが家にいるとなるとワタシがヒマだということがバレてしまうので
(いや、知ってるとは思うけど、ここまでヒマだったのかと思われるのもイヤなので)、
何かと忙しく見せるため、せっせと庭に出て草むしりとガーデニングと造園をしていたわけだ。

で、草をむしってむしってむしりまくったので、いま指が痛い。
九州弁に「こわる」という言葉があって、普通は筋肉痛に使って「腕がこわっとー」などというけど、
いま指がこわっとー状態。
腱鞘炎?まさかね。

だもんで、昨日は軽作業に切り替えて、玄関にハンギングバスケットを二つ吊り下げた。
ひとつは数日前に買ったフクシア。
淡いピンクと少し濃いピンクの組み合わせが可愛らしい。
午前中だけ光に当てるといいらしいので、うちの東向きの玄関にはいいと思う。

もうひとつは買ってもう二ヶ月くらいになる多重咲きのインパチェンス。
白に近い薄いピンクの小さなバラのような花がたくさん下向きに咲くので、
吊るしたら可愛いのはわかってたけど、ずっと鉢植えで地面に置いてたのをようやっとバスケットに植え替えた。
買った時に付いてたレーベルにはFull Sun(6時間以上太陽に当てる)って書いてあったと思うんだけど、
実はこれも午前中日に当てるくらいで、涼しい所を好むらしい。
確かに、一番外側の花弁が茶色くしぼんでしまって、せっかくの多重咲きなのにきれいに開かなかったもんなあ。
もっと早く調べとくべきだった。
でも、鉢からバスケットに植え替えるとき、なんかベリって小さな根っこをちぎっちゃった気もするんだよね。
ああ、無事に育ちますように。

もちょっとカラフルな花にすれば玄関先も華やかになるけど、
今年はなんかペチュニアな気分じゃなかったんだよねえ。去年は白ピンク紫とたくさん買ったけどね。
そういえば、去年はゼラニウムなんて全然相手にしてなかったのに、
今年はどういうわけか可愛く見えて何鉢か買っちゃったなあ。

ゼラニウムもフクシアも冬が厳しいコロラドじゃ一年草なんだけど、
サンフランシスコでどっちも戸外で大きく育ってるのを見て、俄然張り切っちゃったんだよね、ワタシ。
冬になる前に家の中に入れて、大きく育てるんだい。


          DSCN2136.jpg  
インパチェンス。下にはみさえさんから(なぜか)テキサス土産にもらった風鈴を吊り下げた。


          DSCN2137.jpg
ハンギングバスケットに植えたのとは別のフクシア。
すごいちびっ子で花の大きさは1.5センチくらい、他の種類と比べて三分の一かな。
直立型でハンギングバスケット向けではないみたい。
明日くらいになると、外側の濃いピンクのスカートが開いて、なかの紫のインナー(?)が見えるはず。
ちなみに、英語でfuchsiaはつづり通り発音すると結構ヤバいことになるからだろうと思うけど、
「フューシャ」とごまかして呼ばれている。

          DSCN2135.jpg
これもちびっ子フクシアと一緒に数日前に買った花。
Osteospermumなんて、なんか骨の病気みたいな名前がついてたけど、
一般的にはアフリカデイジーと呼ばれるらしい。
つぼみがいっぱいついてるので、これから楽しみ。もう一鉢買って来て、花壇に植えるのもいいかも。

ってなわけで、メロンが在宅勤務の間は何かと忙しく見せるのに忙しいのである。
2010/08/26

ドナドナドーナ

今日見てたニュースでDonnaって言う女性が出て来て、
donnaってイタリア語では「女性」って言う意味だけど、そんな名前なんだろうかと
ずっと疑問に思ってたことをメロンに聞いてみた。

(ちなみに有名どころじゃDonna Karanダナ・キャランですね。
日本に紹介されたばかりの頃は「ドンナ・カラン」と言われていたらしいけど。アメリカ発音になったのね。)


「違うと思うよ。多分ヘブライ語だったと思う。」

「『ドンナドンナ』って歌があったよねえ。」

「あれもヘブライ語だったはずだよ。」



ほええええええ。
ワタシは子供の頃あの歌が大好きだったんだ。
そりゃ売られていく子牛は可哀想だけど、マイナーの曲ってのが昔から魅かれるの。
「モスラの歌」とか「仮面ライダー」とか。
ハンバハンバムヤン。(インファント語は実はインドネシア語らしい。)





まだ幼稚園くらいの頃、親戚のおじちゃんが「夢見るフランス人形」のシングルレコードを持ってて、
なぜかそれは今ワタシの実家にあるんだけど、
A面はフランス・ギャルによる日本語とフランス語の歌が2曲入ってて
(♪うわったしーわ、ゆーめーみーるーしゃんそんにんぎ、よー)、
B面はクロード・フランソワという七三分けの男性歌手が歌う「ドナドナドーナ」が、
やっぱり日本語とフランス語で入ってた。
(↓レコードジャケットはこのビデオよりもっと若かった。ん?髪型は一九分けか?)




小学校の音楽の時間で日本語になったこの曲を習って、それからジョーン・バエズの英語版を覚えたりしたけど、
ジョーン・バエズってことでなんとなく反戦歌だと思ってた。

それが、ホロコーストで虐殺されたユダヤ人を市場に連れて行かれる子牛に例えて歌ったものだって、
ちょっと、そりゃつらいねえ。La Vita e' Bellaか。
ドイツ人の前じゃうっかり歌えんね。(機会もないが。)

で、なんでdonnaかと言うと、ヘブライ語では主のことをAdonalと言うけど、
ナチスにわからないようにドナと言い換えたものらしい。

そういえばダナ・キャランもユダヤ系だって。そういうことか。

なんかちょっと気分が沈んでしまったなあ。
大量虐殺されたユダヤ人の哀しみと恨みはいかばかりかと思うけど、
なんかヒットラーとナチスのせいでいつまでも責め続けられるドイツも気の毒なんだよなあ。
うちらもあちらも、いつまでたってもハリウッド映画じゃ敵国悪人扱いだし、
世界にどれだけ貢献しても、国連の常任理事国にもなれない敗戦国同士、なんかつらいんだよねえ‥‥


いやいや、メロンの友人にもユダヤ系は多いし、
こういうことはうっかり口にしないように気をつけよう。

「ドナドナドーナ」は人前で歌わない。そうしよう。(機会もないが。)
2010/08/26

プロジェクトG その2

昨日がんばって庭の西側の芝生をトリミングした。
DSCN2130.jpg   DSCN2131.jpg

左の写真に写ってる平らなスコップみたいなのがlawn edger(芝生のへり作り?)と呼ばれるもので、
これを芝生にぐっと埋め込んでぐりぐりっと左右にに動かして、
5センチくらい離して同じようにぐりぐりっとやって、芝生を帯状に切り取っていくと言う道具。
ホームセンターで25ドルくらい。ほんと、色んな道具があるよ、アメリカには。

この大魔王シャザーンなおじさんのビデオは参考にさせていただきました。
ほんっとインターネットって素晴らしい。




フェンスから約40インチ(1m)の所に溝を作ったので、幅を均一に保つために使ったのは
カメさんから格安で譲ってもらったクレマチスをからませようと買って来てた竹と、使いかけの毛糸。
ちょいと、いっぱしの工事現場に見えるじゃないの。

ちなみに、ワタシが今やってるのは、ガーデニングというよりlandscaping(造園)と呼ばれることですもんね。
ガーデニングはまだ素人のヒマつぶしでもできるけど、造園はふつうプロに頼んだ方が安心ですからね。
裏庭だからまだ好きにやれるけどさ。失敗してみたんのーなったらどげんしよか?
ま、デキはどうであれ、花さえ咲いてたらアメリカ人にはよかろうと思ってしよります。
(小沢が「アメリカ人は単細胞」って言ったって?
や、ま、ワタシもそう思うけど、政治家が上から目線で言うたらいかんと思うよ。)

で、縦向きの写真の左側が芝生を取り去りたい方で、
ほんとはスコップでがしがしと掘り返すつもりだったけどあまりに大仕事になるし、
芝生を取った後植物を移植するんじゃなくて、秋の終わりに種から植えることにしたので(安く上げるためね)、
そこまで急いで芝生を取り去る必要がなくなったから、
「プランB」(アメリカでよく言う。「予定変更」「次善の策」って感じ)にして、
段ボールで覆って光を遮断して芝生を刈らすことにした。数ヶ月かかるらしいけど、ま、いいや。
大きなビニール袋でもいいけど、そうすると「芝生以外の有機物も殺してしまう」らしい。
それってめめぞのこと?
いままで土を掘り返してどれだけめめぞを殺して来たか。供養碑を作らにゃなあと思うくらいよ。
だから、できるだけめめぞさんには生きてて欲しい。そう思って段ボール。(家に一杯あるしね。)

しかし、西の端が終わっただけ。あと三方残ってるのね~~。
どれだけ日に焼けて黒くなったら出来上がるのかしら?
2010/08/25

プロジェクトG

ただ今裏庭を大改造中。
名付けて「プロジェクトG」。(ガーデニングのGです。つまらんね。)

「大改造」と言ってもワタシ一人でできることだから大したことではないんだけど、
まず、だーだーと広がる雑草まじりの芝生を、フェンスから40センチくらいの所できちんとトリムする。
そうすると見た目もいいし、芝刈りするのも楽。
家の外壁側は、デッキの端に合わせて2x8mくらいを取り去る。

               log edging
そして取り去ったあとは(できれば)ちゃんとエッジを付けて↑こんなやつとか、
レンガとかログとか、できるだけ簡単で安い方法で、でも見栄えは良くね。
そしてそこにとか本当の野の花とか(雑草じゃなくて!)生やすのだ。
こういう草も野の花も植える面積が広くなるとすごく高くなるので、種をまくことにする。

そして、デッキの向かって右端にもうひとつ花壇を作る。これは材料と方法を今模索中。

根の窓からまっすぐ見える所には用済みのはしごを置いてツタを絡ませようと、
こないだペンキを塗った。むっちゃおいしそうなミルクチョコレート色。

DSCN2122.jpg

こういうのは芝生のトリミングが終わってからでもいいんだけど、
楽な仕事から先にやりたかったと言うか、ま、やりたい時にやっとかないといつになるかわからないしと言うか、
ごにょごにょ。
             DSCN2128.jpg

はしごと一緒に、2ドルくらいで買って来てたバスケットと、
図らずも小メロンのタバコの吸い殻入れと化していた(むかーっ)バケツにもペンキを塗ってプランターにした。
らぶり~。

ほんと芝生はぎの大仕事より、こんな周辺雑事ばっかりやってる感じ。
おせんべ食べる時も、丸いやつより割れたヤツを先に食べちゃうしね。(関係ない?)


昨夜はどうも雨が結構降ったみたいだし、土も緩くなってて最高気温も今日は25℃くらいだから
(日本の皆さん、ワタシだけ気持よくてごめんね~)、絶好の草むしり日和か。
プロジェクトはまだまだ続くのであった。
2010/08/24

ワタシのハープ君が‥‥

せつない。

コロラドロッキーズのワタシの一番のおキニ、背番号11番ライトのハープ君が解雇された。
そりゃ今シーズン調子の波が大きくて、かなり打ててない時期も多かった。
若手も台頭して来てるもんで、2ヶ月くらい前もハープをトレードに出せと書いたジャーナリストもいた。

しかし、結局トレードでもなく、ただの解雇。
「もういりませんよ」と通告され、FAになった。
当たってないとは言え2割5分くらいは打ってたのに、高額年俸もネックになったらしい。
2年前にドラフトで獲得した若造のピッチャーを40人ロスターに入れる枠がなく、
急遽ハープ君を解雇して枠を作ることにしたらしい。

7年間ずっとロッキーズでそれなりの成績を上げて来て、他の選手からの信頼も厚く将来のキャプテン候補
(まあ、ロッキーズにキャプテンというのはいないけど)だと思ってたのに。
へえ、そんな風にあっさり解雇しちゃうんだ。そんなチームなんだ、ロッキーズって。

(「そんなチームだよ、ロッキーズなんか。お金をどれだけ安く上げるかしか考えてないじゃん」
と、みさえさんに言われた。)

ハープ君本人もショックではあろうが、「これはビジネスだから」と立つ鳥跡を濁さず美しく去っていった。
トレイシー監督は「苦渋の選択であったが、この先ハープに対してドアを閉ざしたわけではない」って、
戻れる時が来たら迎えたいってことか?
んなこと言うなら、もちょっと我慢して手放さなきゃいいじゃない。

とにかくワタシは今放心状態。
彼はどのチームに行くのだろう。
前ロッキーズ監督のハードルがテキサスレンジャーズの打撃コーチをしているから、
そこに行く可能性も高いらしい。
でも、レンジャーズはアリーグで、ロッキーズはナリーグだから、もう彼の活躍が見られない。
どっかナリーグのチームに行って、ロッキーズと対戦するときはぶちのめしてやれー。
ワタシはハープの代わりに入って来た投手を絶対応援しないぞーと、
美しく去っていった本人とは大違いで、ロッキーズを恨みに恨んでいるのである。
2010/08/24

メロンの手術 その後

メロンの手術はもう2週間前、月曜日のお昼であった。
翌日にはもう歩行器を使って歩く練習。
そして水曜日のお昼、理学療法士さんが「たいへんよくできました」をくれたらしく、
担当の外科医の先生が来て「今日の夕方退院していいですよ」と。

入院はたったの3日間だと聞いてはいたけどなんとなく3泊だと思ってて家をメロン仕様にしてなったので、
2泊3日で帰されるなんて、かなりあせる。


DSCN2101.jpg   DSCN2110.jpg


しかし、メロンの部屋は個室でロッキーマウンテンビュー。
たった2泊だなんて、かなり立ち去り難い。
テレビだって見放題だし、メロンの面倒はちゃんと完全看護で見てくれてあたしゃぼーっと本を読むだけ。
楽ちんなのにさ。
頼んだわけじゃないけど個室になってたらら、たぶんこれがこの病院のスタンダードなんだろうねえ。
部屋には専用シャワーまで付いてるし、日本だったら差額ベッド代がいくらかかるやら。
アメリカって長期入院なんてあり得ないから、
短い間精一杯デラックスに過ごしてもらって医療費上げようって魂胆か??

退院するときは歩行器使ってよたよたと歩いていたメロンだけど、
2週間経った今、杖なしでも歩けちゃう。もちろんしばらくは杖は手放せないけどね。
医者も理学療法士も驚く回復ぶりで、手術後1週間ですでに自宅勤務でテレカンファレンスに出席させられてる
可哀想なメロンである。
2010/08/11

末っ子のわがまま

メロンの妹キティーは、もう一人の妹だったアギーが亡くなってからこっち、ずっとメロンを無視しているらしい。

最初は仲の良かった姉を失ってショックなんだろうと思い、早く立ち直ればいいなと思ってた。
でも、もう2年にもなろうかと言う今もまだ、メロンが電話をかけても出ないし、
コールバックもして来ないらしい。
メロンは先月NYに出張だったので、会えるかなと思い電話を何度もしたけど、ついに話すことはできなかった。
今回の手術のことも伝えたかったので、キティーの夫のピートに電話して伝えてくれと言うと、
「うまく行きますように」と簡単なショートメールが来ただけだったらしい。

それを今日聞いた小メロンが、メロンの病院から一緒に帰る時、
「ったくキティーにはむちゃくちゃ腹が立つ!たった一人の兄が手術をするのにメールひとつかい!
なんだ、その態度は!ボブのことなんかあいつの知ったことじゃないのに!」と言うので、
「え?ボブ?何のこと?」と聞くと、
「ボブに彼女ができたのがあいつは気に入らないのに、親父は賛成してるから怒ってんだ」と。

ボブと言うのは亡くなったアギーのダンナさんである。
20年近く連れ添ったアギーが亡くなって1年にもならないのに彼女ができたと去年聞いたときは、
ワタシも正直驚いて、ヤケになってるんじゃなければいいけどと言ってたんだけど、まだ続いていたらしい。

まあ女としては、「奥さんが亡くなっても一生想い続けるひたむきな男」と言うのに一票あげたいし、
ましてやそれが大好きだった姉のダンナなら他の女なんかに惹かれて欲しくないところではある。
でも、彼には彼の人生があるんだから、そんなの義妹の立場でどうこう言えたことじゃないんだ。
そりゃ、ボブとアギーが出会ったとこからキティーは知ってるので、
ボブに他の女の人ができてしまったら、キティーにとってはそこでアギーの歴史が断ち切られてしまって、
もうボブと一緒にアギーとの想い出を語り合えなくなる。その悲しさはよくわかる。
でも、婚姻で結びついた関係なんて、そうなっても仕方ないだろ。悲しいけど、そんなもんだよ。

それにさ、アギーはボブの2番目の奥さんで、最初の奥さんとも死別だったんだよね。
最初の奥さんの側にキティーみたいなのがいたら、アギーだって立場なかったはず。

50過ぎても大人になりきれない女が一人と言うところか。

大体、アギーより結婚がずっと早かったキティーに生まれた三人の子供達をメロンはとっても可愛がって、
イタリアに住んでいた時も写真やら子供達の図画工作やら飾ってたし、
誕生日には必ずカードとプレゼントを送っていたのに、
キティーの豪邸にはメロンの写真ひとつ飾られてなかったのがワタシはすごく気に入らなかったんだ。

ええい、そんなメロンの気持もわからないような妹とは縁を切ってしまえ~~~~と言いたいところだけど、
そんなことはできないしねえ。

「メロンは手術時の麻酔ミスで昏睡状態です。植物人間になったら延命はしません。
葬式はするなと言われてるので、コロラドには来なくていいです」とメールを送ろうか。

大人になりきれない女がここにも一人。
2010/08/10

ふかふか

DSCN2100.jpg

クローバーのクッションは気持ええか。
2010/08/09

いりこの佃煮

ちりめんじゃこが食べたいんだけどデンバーじゃ売ってる店がないので、
代わりにいりこを買って来たけど、考えたらちりめんじゃこといりこは全然違うじゃない。
そのままご飯に乗っけて食べるのはちょっと違うし,どうやって食べたらいいかちょっと悩んだ。
で、佃煮にしてみるか、と思った。
日本に住んでたときはいりこの佃煮なんて食べたいと思ったこともなかったのにねえ、
あら、作ってみたらおいしいじゃないの。


         DSCN2074.jpg




もともとのレシピはくるみを使うようになってたけど,メロンがナッツアレルギーなんで常備してないから
代わりに松の実を使った。
松の実もナッツじゃないの?って聞かないで下さい。(英語じゃpine nutsだもんね。)
メロンが言うには松の実はナッツ(実)じゃなくてシード(種)だから食べられるそうです。


次はぽりぽり食べられるアーモンドいりこを作りたいな。
そうだ、9月に母が来るから、
ちりめんじゃこを持って来てもらう物リストに載せとくの忘れないようにしよう。
2010/08/09

メロンの手術

メロンが、もう何年にも渡って股関節が痛いと言いながらカイロでだましまだしやって来てたのが、
ついに我慢できなくなって専門医に見てもらったら、案の定人工股関節を入れることになった。

難しい手術ではないんだろうけど、受ける方に取っちゃ大手術なんで心配は心配なんだけど、
でもそれより、メロンは痛みとおさらばできるし、ワタシは痛みで機嫌が悪くなるメロンとおさらばできるので、
二人とも早く手術の日が来ないかなと待ってる感じ。

メロンは痛みのせいだともストレス過多のせいだとも言うんだけど、
ここ2ヶ月くらい睡眠障害に悩まされて来た。
実際よく眠れないせいで慢性疲労でつらいのはメロンなんだけど、
横で寝てるワタシの苦労も、皆さんおわかりになりますよね?

まず、これってレストレスレッグ症候群かしら?と思うくらいベッドの中で足をばたつかせる。
まるで走ってるみたい。
で、ワタシを蹴る。
最近はバリエーションが出て来て、膝でワタシのおしりを蹴り上げる。

そして何度も何度も寝返りを打つ。
寝返りを打つたびに痛みが走るみたいで、Jesus!とかGod damn!とか寝てても怒鳴る。
それでワタシも寝付けない。
しかも、寝返りのたびにベッドが激しくたて揺れするので、なんかワタシは船酔いしそうな感じ。いや、ほんと。

その上、寝返り打つタイミングで腕を伸ばすので、こっちを向くときは私を叩くことになる。
本人寝てるので、叩いてるつもりはもちろんないんですよ。
でも、叩かれたワタシはびっくりして「ひっ!」と声が出る。
すると、その声にびっくりして、「何だ!」と言うので、「今叩いた」と言うと、
「ああ、いつもいつも悪いのはオレかよ」と怒る。そしてまた寝返り打って背中を向けて寝る。
怒るのも、寝てるので本人自覚はないんです。
でも、寝ぼけてるとむちゃくちゃイヤなヤツになるんです。
ワタシは怒りの向けようがない。

そんなことが2ヶ月以上続いて来て、ワタシはかなり参っていた。
いやいや、ワタシのことより、やっぱり痛みで苦しんでたのはメロンだけど。

手術はいよいよ明日。
いろんな人から「あの人もこの人も人工股関節入れたけどみんな元気にやってるよ」と言われて、
メロンもリハビリ励んで、早くまたG.B.を散歩させたり太極拳やったりできるようになりたいって言ってるから、
きっと回復は早いだろうと思ってる。
2010/08/09

屋根の上

散歩してたら風見鶏を見つけた。

DSCN2096.jpg   と思ったら、風見こおろぎであった。



そういえば、昔チューリップの「風見鶏」って歌が好きなったなあと突然思い出した。

「海の見えるこの街」ってフレーズがあって、風見鶏で海と言えば神戸かなって気がするけど、
でもチューリップは博多出身だからやっぱ風見鶏が見てるのは玄界灘じゃないかなと思う。

この風見こおろぎが見てるのは、海じゃなくてロッキー山脈。
2010/08/08

Vendetta in anticipo

メロンは先々週イタリアに出張だった。

空港まで出迎えに行ったら、メロンは出て来たがスーツケースは出て来なかった。
「大体アトランタでの乗り換え時間が少なかったから、スーツケースも乗せ換えできなかったんだろう」
ってメロンは言ったけど、それにしては荷物を受け取ってないのはメロンともう一人だけ。

翌日、家にスーツケースが届いて理由が分かった。TSA(運輸保安局)に抜き打ち検査されてたのである。
それで時間がかかってデンバー行きの飛行機に乗っけられなかったんだ。
まったく、チーズがたくさん入ってたのに迷惑なことこの上ない。
さっさと冷蔵庫に入れなきゃとスーツケースから物を取り出すと、
メロンの野郎、使用済みのパンツとか靴下をつめもの代わりに使ってやがる。
そりゃ中の物は動かんでよかろうけど、使用済みってのは‥‥

しかし、TSAの人もこんな汚れたパンツとか靴下をよけよけ検査したわけね。
ふふふ。
考えたらあらかじめ仕掛けた復讐って感じ。
でかしたぞ、メロン。


そして、中の収納ケースのうちのひとつからでて来た、この使用済みソックス。

DSCN2077.jpg

何かが入ってますね。
何でしょうか。

DSCN2078.jpg

ワインでした‥‥イタリア人の同僚がくれたキャンティクラシコ‥‥


「いいだろ、このアイデア!僕の独自のアイデア!
ソックスはワインボトルを包むのに最適の物だよね!!」


得意気です。


ワイン好きのあなたも、是非やってみて下さい。
でも、できれば洗いたてのソックスを別に持って行った方がいいと思います。
2010/08/08

ジンライム

暑い夏の夕方にはジントニックが飲みたくなる。

で、久しぶりにジンを買って来た。


夜になるとジントニックの気分じゃないので、ジンライムにしてみた。

        DSCN2072.jpg


もっと大きな氷が欲しいなあ。


2010/08/08

庭と雑草とワタシ

もうおととしになるのか、メロンの妹のお葬式で配られた野の花の種を春先に蒔いた。
花壇の横、フェンスとの間をかわいい野の花でうめようと思ったんだが‥‥‥

野の花って雑草のことだったの??


パッケージにはただWildflower Mixとしか書いてなかったので一体何が生えてくるかはわからなかったけど、
ワタシとしては
          Wild-flowers-03-424x318.jpg こういうのを期待していた。(らぶり~)

実際には、

DSCN2088.jpg  こうである。


このジャングルは昨日かなり間引きした。種一袋に対してスペースが狭すぎたとは思う。
でも、こんな背の高くなるのがニョキニョキ生えて来るとは思わなかった。
しかも花咲いてないし。

メロンが言うには「ワイルドフラワーと言うのは雑草である」とのこと。
さらに、「普通は春に花が咲くから、来年の春まで待つべし」と言うことである。

待って可愛い花が咲けばいいけど、この猫じゃらしはどうだ。

         DSCN2089.jpg  

わざわざ種をまいて猫じゃらしを生やした女だ、ワタシは。
かわいいっちゃかわいいんだけど、やっぱり雑草じゃないの?
そう、この猫じゃらしは種をまいたところから3メートルくらい離れたところに生えちゃってるので、
生やしたくないところに生えてくるという性質からして、雑草と断定していいと思う。

ただ、人の植物の好みと言うのも日本とはずいぶん違って、
日本じゃ野っ原に生えて誰も見向きもしないような植物が恭しく植えられたりしてるので(ススキとかね)、
猫じゃらしが生えてる庭を見て「まあ、素敵~」と言ってくれる人がいるのかもしれない。

ちょっと楽しみなのは、これ。

           DSCN2091.jpg

肉厚の葉っぱで、匍匐性なのでいいグラウンドカバーになるんじゃないかと思う。
ただし、成長速度がすごいし、よく見るともう辺り一面に小さな芽がたくさん出てるので
どこまで育つのかちょっと心配。花も咲くのかなあ。ワイルド「フラワー」だから、咲くよねえ。
花が咲いたのがホームセンターに売られてたような覚えがある気もするんだけど‥‥
調べてみたけど、ついに名前はわからず。

裏庭の芝生の中に、クローバーが群生。
これは野の花ミックスとは違うところから来てると思うんだけど、芝生と一緒に刈るのはもったいなかったので、
こんなふうにトリムしてみた。

DSCN2090.jpg

ちょっといい感じ?
2010/08/06

草むしり

スプリンクラーが壊れて、うちの芝生が枯れちゃう~~~と一生懸命水まきをしてたおかげで、
芝生は生き返り7月の水道代は前月の3倍になった。
しかし、気がつけば近所の芝生はかなり茶色。
うちの通りは結構青々した芝生の家が多いけど、二本三本向こうの通りを歩いてみると枯れてる家が多いねえ。
この暑さと不景気の中、芝生を美しく維持している家はえらいねえと思うけど、
なすがままに枯らしてる家も、それはそれでえらい気がする。

スプリンクラーも直してもらって一安心していたけど、よく見ると芝生にはかなり雑草が混じってる。
どれも緑だから気づかなかったけど、混じってると言うか、あそこにもここにも群生している!

それで、昨日前庭の芝刈りをして、
群生している雑草を一、二本抜いたらもう止まらなくなってごんごん抜いた。
雑草取りと枝毛切りは一度やりだすとなかなか止まらない。

雑草除去剤を使えば簡単なんだろうけど、犬の体に悪い物は使えない。
かと言って全部手で抜くのは無理だし、根っこから取れなかったらどうせまた生えてくるし。
犬にも安全な物ってないんだろうかとネットで調べてみたら、ございました。

まず、熱湯。
そうね、鉢植えなんか暑過ぎると根がゆだって枯れるって言うから、枯らしたければ熱湯かければいいんだ。

それから酢。
これはスプレーで雑草ひとつひとつにかけていく。

そして塩、砂糖。
犬が舐めるのが心配なら唐辛子を混ぜればいいって。

それからコーンミール。
これは枯らすんじゃなくてある成分が発芽を防ぐらしいので、雑草を生やしたくないところに撒けばいいらしい。

広範囲に生えてる雑草の上に、今早速熱湯をかけて来た。
どれくらいで枯れて来るのか楽しみ。

でも、抜くのも好きだから、やっぱりいそいそ草むしりに庭に出て行くワタシであった。

■  プロフィール

蓮姫さま

Author:蓮姫さま
蓮姫さま
アメリカはコロラド州デンバーに住む女。ロッキー山脈の近くでたまにやるウィンタースポーツは雪かき。

メロン
蓮姫さまのダンナ様。キュートな名前は、ウォーターメロンのような大きな頭ゆえ

G.B.
メロウな愛犬。ソリ引き犬と牧羊犬のミックス。

小メロン
メロンの息子。実はデカメロン。

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  最近のトラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリー

■  フリーエリア

記事と明らかに関係のないコメントは削除させていただきます。 ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

■  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■  ブログ内検索

■  RSSフィード

■  リンク

このブログをリンクに追加する http://ping.blogmura.com/xmlrpc/9kciydw10cet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。