蓮姫さまとメロンくんの「甘くない生活」

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/03/30

今日の夕焼け

夕焼けって、空が赤くなることだって思うでしょ。

空は青くて雲がピンク。
そんな夕焼けも、コロラドにはあるんだな。


夕焼け





スポンサーサイト
2010/03/25

雪かき

いやいや、雪かき。
湿った雪だから重たい重たい。
風で積もった雪をぶわーーーっと飛ばすスノーブローワーなんてもんもあるんだけど(うちにはないけど)、
そんなもんじゃ絶対飛んで行かない今日の雪。

うちのドライブウェーと前の歩道と、隣の93才の一人暮らしのじいちゃんの家の前の歩道と、
1トンくらいの雪をかいたと思う。

ついさっき玄関口に「雪かきするよ。ドライブウェーと歩道で15ドル」と二人の屈強なオトコがやって来たけど、
「自分でしますから結構です」と断った。

それにしても、G.B.とのパワーウォークを始めて約3週間。
前はもっと軽い雪でもすぐ息が切れてたけど、なんか体力がついて来たような気がする。
体重は減るどころか微増ですけど‥‥
2010/03/25

Crazy March

昨日は夕方5時くらいから雪が降り始め、メロンを迎えに行く5時半くらいには吹雪いて来た。
メロンの雑誌は今締め切り直前で、迎えに入ったけどすぐには帰れないってことでしばらく待ってたら、
その間に吹雪はどんどん激しくなって来た。
迎えに出た時はまだ雪と雪の間にすき間があったけど、家に帰って来る頃にはすき間なし。
あたりもあっという間に真っ白で、「ファーゴ?」って感じ。

そして今朝。

雪  森?いいえ、うちの前の通り。

深い  積雪30センチ。今季一番。


雪と犬  雪と犬3  雪と犬2


最初の一枚は、散歩に出るんだと思って大喜びしてるとこ。
あとの二枚は、散歩じゃないとわかって「つまんねー」と思ってるとこ。


あまりに雪が深いと、犬はよろこび庭かけまわらない。
2010/03/23

粉物に関する考察

主食を米と粉物と大きく分けると、断然米が好き。
以前はそこまで米が好きだとは思ってなかったけど、これが年取るってことでしょうか。
昨日もお出かけしてる途中で死ぬほどお腹がすいて、
転がるように家に帰って来て食べたのがかつおぶしご飯。
パンとかハムとかはあったんだけど、そんなものよりなにより、おかずがなくても、ご飯。

粉物を練って焼いたものと麺類に大きく分けると、麺類が好き。

じゃあ練って焼いたのは嫌いなのかと言うと、嫌いじゃないけど食べたいものは非常に限られる。

フランスパン。おいしいねえ。
クロワッサン。おいしいねえ。
ベーグル。嫌い。
イングリッシュマフィン。好き。
フォカッチャ。好き。
その他のパン。なくても別に困らない。
ピザ。具なしでも好き、と思う。
トルティーリャ。なくても全然困らない。
クレープ。普段食べないけど好きだと思う。
お好み焼き。大好き。
チジミ。大好き。

パンに関しては軽くてさくさくパリパリ、あるいはふわふわが好きで、目のつまったものはダメ。

水で溶いて焼いたものに関しては、好きと嫌いの基準が自分でもわからない。
水気の多いしっとり系が好きと言うことはできるかもしれない。それに厚いのより薄いのが好きかも。
トルティーリャで具材を巻いたブリトーとかラップとかには全然食指が動かないけど、
薄めに焼いた広島焼きでキャベツを包んだらどれだけでもイケルかもしれない。

ああ、こんなことを考えるのも、もうお昼だから。

今日はスパム巻き作るんだ。ひっひっひ。
2010/03/23

春眠に暁は訪れず

先週の日曜日からサマータイムが始まった。(ちなみにアメリカではDaylight Saving Timeと呼ぶ。)
朝起きてパソを立ち上げると8時のはずなのにパソの時計が9時で、
あれれ~~と思いながら、ああ、今日からだったんだと思い出した。

時間の方が勝手に一時間早くなったので、体はなかなかついて行かない。
大体、それまでは朝の6時の起床時間になるともうずいぶん明るくなってて自然に目が覚めるようになってたのに、
一時間早くなったおかげで実際にはまだそれまでの5時だから、暗い。
暗いとますます起きられない。
夜はいつも通り11時に問題なく眠れるから、もしかしたら体の方はアジャストできてるのかもしれないけど、
やっぱ暗いから自然な目覚めが来ないんだろう。

これがヨーロッパみたいに4月に始まるんだったらそこまで違和感はないんだろうけど、
サマータイムを長くしてエネルギー使用量を押さえるということで、
アメリカでは2007年から3週間も早くなったらしい。私が来た年からだな。
ま、確かにうちでは起床時間が7時になってしまってて活動時間が1時間短いですから、
その分エネルギー消費は抑えられてるかもしれないけどね。
(体のエネルギー消費もね。)

とにかく、一日が短い。
ええ~~~っ、もうこんな時間?と毎日驚いてます。
2010/03/23

ツルハナシノブちゃん

玄関横のスペースに去年植えたクリーピングフロックス(ツルハナシノブ)が花をつけてる。
ああ、何たる喜び。


       ツルハナシノブ
       ツルハナシノブ2 拡大写真  直径1cmくらいの小さな小さな花



去年これを植えた時小メロンが、
「オレが小さい頃母親が植えてたけど、全然何の手入れもなしでどんどん育ったよ」と言うので、
こりゃいいのを買ったもんだと思ってたけど、去年は咲かなかったもんねえ。
もう花が終わった後だったんだろうか?
でも、枯れることもなく冬も無事に過ごしてるし、こういう野の花は丈夫なんだよね。
Creepingっつーくらいだから、地を這って伸びて行っていつか地面をおおってくれるはずなんだけど。


枯れた去年の一年草の鉢を見て、メロンが新しいのをさっさと植えたらって言うんだけど、
今はまだ夜中の気温が零下になるから早過ぎるんじゃないの?
「で、待ってたらそのうち遅すぎたーってことになるんだよ。ははは」ですと。

むかっち~~~~。

先週行ったホームセンターは、どれもガーデンセクションが空っぽだったもんね。
今春の花に入れ替え中なんだろうねえ。
今日は最高気温が17℃の予報だけど、明日もあさってもまた雪よ。
外に植えるにはやっぱまだ早いよねえ?
2010/03/22

冬の最後の日

前後してしまいましたが、3月20日、冬の最後の日の散歩。


ふゆ 近くの公園、まるでクリスマス  き

雪のまぶしさで目をやられそう。


うんち 雪の中のうんち うしろむき 写真はやめて

はやく 雪の中、ずんずん進む。こいつやっぱりソリ引き犬だなあ、と思う。

  
うらにわ オレの庭  なかにはいる やっぱ中に入れて


2010/03/22

春の最初の日

おととい小メロンから、
「春の最初の日っていつ?」と聞かれて、あたしゃなぞなぞかと思いました。

「雪が融けたら何になる?「春になる」みたいな、なんか気が利いた答えを言わないといけないのかと思ったら、
「明日だっけ?」と言われて、春分の日のことを言ってるんだとわかった。


そっか、春分の日って春の最初の日なんだねえ。なんかそういうふうに考えた事なかった。

そういえば、いつだったかメロンに
「いつになったら夏になるんだろう」って言うと、6月21日(夏至の日)ときっぱり答えられたな。

日本だと「暦の上ではXXですが、まだまだ~」というお天気お姉さんのセリフを聞くように、
私は実感としての季節を求めてるんだけど、メロンさん達はあくまでも暦を大切にしているようである。
農夫か、お前ら。

春の最初の日の今日、デンバーはとってもいいお天気で、
おととい20センチほど積もった雪が昨日に引き続きかなり融けた。
明日は今日より気温が上がるらしいけど、あさっては降雪確率40%。

春まだ浅し。
2010/03/22

見ざる聞かざる言わざる

さんざる


見ざる、聞かざる、言わざる


写真は、今日行った酒屋で買ったワインやビールをを詰めてくれた箱。
フランス産のようなんだけど、Pinot Evilという名前のワインのようですね。

Pinotはピノノワールのピノ。
どうしてEvilかと言うと、三猿は英語ではThree Wise Monkeysと呼ばれて、
See no evil, hear no evil, speak no evel(悪いことは見ない、聞かない、しゃべらない)として知られているから、
でしょうね。

どうして三猿をワインにしたか。

それは謎。
2010/03/20

メロン親子と有名人

メロン親子が街で遭遇した有名人。

メロン編

もう十数年前のこと、
友達数人とベニスに旅行した時、ホテルのカフェを通って外に出て行こうとしたら
知ってる人が座ってコーヒーを飲んでて、目が合ったので「チャオ」とあいさつすると、
相手もにっこり笑って「チャオ」と答えた。
誰だったっけかなあと近づいて行って分かった。

マルチェロ・マストロヤンニだったのだ。
mastroianni うう、いい男‥‥

知ってるはずだよ。

「ファンなんです」「それはどうもありがとう。アメリカの方ですか?」みたいな感じで
ちょっとおしゃべりなんかしたらしい。とてもいい人だったそうだ。

それからアスペンでのこと。
アスペンはコロラド州のスキーリゾートなんだけど、(なぜか)結構セレブなところなんだ。
道を歩いていたらむちゃくちゃな美人とすれ違った。
知ってる人なんだけど名前が思い出せなくて、向こうは自分を知らないみたいなので
誰だっけ~と思いつつすれ違った後も振り返って見てたら電柱にぶつかった。
ジャクリーン・ビセットだったそうだ。bisset

美人に見とれて電柱にぶつかるというのはマンガでしかお目にかかれないような
クラッシックなオチだけど、
メロンは道に落ちてるバナナの皮を踏んづけてすべって転んだこともあるらしい。
クラッシックなオチの男なのだ。

それからまたアスペンだったと思うけど、
有名ホテルのバーでとても特徴のある聞き覚えのある声が聞こえて来たので
知り合いだと思って近づいていくと、
ジャック・ニコルソンが19才の女を口説いている最中だったらしい。



小メロン編

ニューヨークに住んでいる時、
行きつけのベーグル屋によくナタリー・ポートマンも来ていたらしい。
彼女は小メロンのココロのヒメなのだ。
             ナタリー
ということはキーラ・ナイトレイと区別がつくんだろうな、ヤツは。えらいね。


またしてもニューヨークで。
ベッド・バス・アンド・ビヨンドのキッチン用品コーナーで包丁を選んでると、
隣にいた女性に「私料理のこと何も知らないんだけど、どんな包丁がいいのかしら?」
と話しかけられ、俺コックだからバッチシ教えてやるよ!と思いその彼女を見ると、

ルーシー・リュウであった。
            ルーシーリュウ

小メロンが気づいたことに気づいたルーシー・リュウが
「騒ぐな」とばかりに目配せしたので、普通に会話して普通にその場を立ち去ったそうだ。
「いい女だった~」ということである。


人気旅グルメ番組No Reservationのホストのアンソニー・ボーデインは
NYの有名シェフだけど、小メロンは一緒に飲んだこともあるダチだと言い張る。
イタリア系の超有名シェフでNYに人気レストランをいくつも持つマリオ・バターリとも
知り合いだと言う。
ほんとだったら一度うちに連れてきていただきたい。

         ab アンソニー・ボーデイン

         mb マリオ・バターリ
2010/03/20

ウィーン?それっておいしい?

メロンが5月に広州に出張かもしれないと中国ビザを取る準備をしてたけど(アメリカ人はまだビザがいるんですよ)、
そっちは誰か他の可哀想な人が行くことになって、メロンはオーストリア行きとなった。

で、「一緒に来ない~~?」と誘って来たので、ま、もちろん自費でついて行くことにもなるけど、
そうでもしないとオーストリアに行くことはなかろうとついて行くことにした。

メロンは会社で費用が出るけど経費削減の折なので、メロンの予算優先でフライトを調べて、
私は同じものをアメックスのポイントを使って予約するってことで、
ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)で行くことにした。

じゃ、明日会社からアメックストラベルに電話して二人分予約してね~、とお願いしておいたが、
翌日メロンが暗い声で電話して来た。

「悪いお知らせです。
オーストリア出張に合わせて前後休みを取って向こうでバケーションして来たいと一応ボスにメールしといたら、
今日『会社の金で行くんだから仕事だけしろ。休みは取るな』と返事が来た‥‥」

せっこい会社。
出張を利用してバケーションしたところで会社に損害を与えるわけじゃなし、
去年シカゴに出張に行ったケイトだって休みとって週末までいたよねえ。
大体そんなこと言ってるボスだって、
シカゴであったショーかなんかの時、自分の大学生と高校生の子供を二人連れて来て
ボランティアで就業体験みたいなのさせてたじゃないの。
私がそういうと、「バケーションを取るのとボランティアで働かせるのとは違うよ」とメロンは言うけど、
「職業上の立場を私的に利用する」というところは一緒だよ。
会社が子弟の教育をする必要はございません。
それにだよ、去年二人解雇されてからのメロンの忙しさと言ったら、
週末だって休めずに、週7日会社に行く時だってあったのに。
それでアタシ達は7月のニューメキシコへの一週間の旅行以来、全然どこにも、一泊旅行にさえ行けなかったのに。
そんなにがんばってるメロンをいたわるつもりはないんかねえ、あのボスには。
今度会ったらにっこり笑って「このとんちき」って日本語で言ってやるよ。

ま、今回の旅行はBAのマイル利用での席が空いてなくて、
通常に航空券を買ってお金の代わりにポイントで支払うしかなかったので
マイル利用の時の2倍のポイントを使わないといけなかったもんな。
それよりはマイル利用で空いてる日に合わせて他のところに旅行すればいいしね。
と、ころっと気持を切り替えた私だったけど、
メロンは「あんたにあの美しいオーストリアを見せてやりたかった‥‥」とかなりの落ち込みよう。

正直、美しいかどうかよりおいしいかどうかで旅行に行きたい私だけど。
2010/03/20

冬の散歩道

最近暖かいけど「冬の散歩道」なんてタイトルでブログ書こうなんて思ってたら、何と今日は雪。
雪の中の散歩は私が好まないので、今日は一回休み。
休みだとまだ知らないG.B.は、床に寝転がって前足を舐めながら後ろ足で耳を掻いている。
器用なヤツよのお。

写真を撮ったこの日は、気温が15-6℃まで上がったあったかい日。
でも木も草もが全部枯れてるから、まだ寒々しいねえ。

散歩道

いつもはクリークの右岸の散歩道を行くけど、この日は気分を変えて左岸の自動車道を行ってみた。
路肩が広いから犬の散歩も大丈夫。
遠くに見えるのはロッキー山脈。


グレンデール

家から西に10分ほど歩くとグレンデールと言う別の市に入る。
この市はアラパホー郡で、なぜかデンバー郡デンバー市の中の飛び地になってる。
市とは言え、面積たったの1.4平方km。えええ、そんなに狭いんだ。
人口もわずか5000人足らずで、独身が多いらしくシングルズバーとかストリップクラブもたくさんある。らしい。
でも市長もちゃんといるし警察も自前で持ってるし、
新しくインフィニティーパークって言うラグビー場もできたしスポーツセンターもある。
む?むむむむ?ドッグランがある公園もあるとな?これは要チェック!!

さて、ずんずん歩くと、Bull and Bushというパブがある。
ここの細切りフライドポテトは非常にうまい。

ぶる

移り変わりの激しい業界に置いて長年ここで営業しているらしく、駐車場は毎晩満車。
見づらいけど、建物右がbrew house、そう、自分たちでビール醸造してます。
コロラドは地ビールも多いけど、パブの自ビールも多いね。

     


くりーく   散歩道

チェリークリークはサウスプラット川の支流で、サウスプラット川はプラット川の支流で、
そのプラット川はミズーリ川の支流で、ミズーリ川はミシシッピ川の支流だそうです。

川は流れてどこどこ行くの?って目が渦渦。

右上の写真で橋の下に潜り込むのが散歩道兼自転車道で、
繁華街のチェリークリークを通ってダウンタウンまで続く。
メロンも小メロンも職場はチェリークリークだから、自転車通勤してお腹引っ込めればいいのに。


てぃーぴー

その散歩道を家に向かって歩くと、左側に公園がある。
デンバーで一番古い家がある公園だとは知ってたけど、近くに住んでいながら一度も中に入ったことなし。
左岸の道路を通ってると見えるのが写真のインディアンのテント。
一体なんでテントなんかがあそこにあるんだろうと思ってたけど、
散歩して初めてこれがその公園の一部だったとわかった。
表玄関の方は車で通りかかったことがあるけど、テントがある裏の方は散歩道からしか近づけないから。

メロンに教えてあげようとすると、
「ほら、道路から見えるじゃない、ピーウィー。あれねなんであんなところにあるかと言うと‥‥」
「??????」
「ほら、ピーウィーだよ、インディアンのテント!」
「‥‥あ、ティーピーね。」
「‥‥はい。」

いらぬ恥をかいてしもうた。
         
                ピーウィー これとごっちゃになっちゃった


この公園ではお子ちゃま向け開拓時代体験とかできたりするらしいけど、
10月から3月までのの開園時間はお昼の12時から4時までというやる気のなさ。
ま、子供のいぬスキにちょっと視察してこうかね。


翌日も天気がよかったので、ジビ連れで川岸まで下りてみた。


リーシュを外すとどっか遠くに行ってしまうんじゃないかって今でもちょっと怖いけど、
もうジビを引き取って2年3ヶ月くらいになるから、その間に信頼関係はできてるよね~、
呼んだらちゃんと戻ってくるよね~と外してみた。

土手の散歩道兼自転車道をしゅーーーーっと軽やかに走って行った自転車を追いかけて
ジビもドドドドーーーッと走るので、慌てて「ジービーッ!!」と呼んだらちゃんと戻って来た。
よかったよかった。
その後川に入ってちょっとぱちゃぱちゃしてたけど、あまり泳ぎたい気分じゃなかったらしい。
もちょっと気温が上がって来たらひんぱんに連れて来てあげよう。

(ほんとのほんとのほんとは、ドッグパークでないところでリーシュを外してはいけません。)


川岸
2010/03/18

誰が一番盛り上がってるかと言うと

今夜は小メロンのパブに行く予定。
もちろん聖パトリックの日だからだけど、普段の週末でも4時半の開店と同時に満席になる店に
今日みたいな日に入れるのかねえ。
それにメロンがカイロの予約が5時半から入ってるって言うから、
どう考えても店に行くのは6時半くらいになるでしょ。絶対入れないと思うなあ。

ま、とにかく、そういうことで昨日は一日早く聖パトリックの日のごはん。


         パトリックメシ

お肉はCorned Beefと呼ばれるもので、日本で言うコーンビーフとは名前は一緒でも物は全然違う。
ブリスケットという牛の肩バラ肉のかたまりを多種のスパイスを入れた漬け汁に数日漬けたもので、
これを約半キロにつき1時間くらいコトコト煮る。
煮上がったら薄くスライスしてマスタードを付けて食べる。
別にアイルランド起源でも特別この日のための料理ってわけでもないけど、
なぜか北米では聖パトリックの日によく食べられるらしい。
真空パックで売ってるので、これを買って来て鍋に水と入れて煮るだけ。
ジューイッシュデリなんかに行くと、出来上がったものを量り売りしてる。

本来の付け合わせは一緒に煮込んだキャベツなんだけど、
メロンの腹具合を考えて別のものにした。
右からコーンドビーフの煮汁とバターで炒め煮にしたアスパラ、
ミルクを使わずチキンブイヨンとオリーブオイルとモルトビネガーを使ったマッシュポテト、
にんじんとツナのマヨネーズ和え。

緑、白、オレンジ。
そうです。アイルランドの国旗です!


なんだかんだ言って、あんたが一番盛り上がってんじゃないの?と言われれば、そうですな。


盛り上がりついでにクッキーも。

          クッキー


アイシングはチューブに入って売ってるんだけど、これがまたどれもどぎつい色で口にいれたくない感じなので、
自分で粉砂糖、はちみつ、レモン汁でアイシングを作って、緑の着色料を一滴加えた。
これくらいだったら許容範囲かも。

メロンが「会社のスタッフに持って行ってあげたい」と言うので、箱に詰めて今朝持たせた。
日本のレシピで作ったレモンクッキーなので、アメリカ人には甘みが足りないのではないかという気がするけど。
まだたくさんあるので、小メロンにも持たせよう。
うふ、学校に行く子供のお母さんみたい。


やっぱなんだかんだ言って、私が一番楽しんでるね。
2010/03/17

聖パトリックの井戸

去年買ったドア用の大きなシャムロックがなかなか見つからなくて、
今日「あそこだ!」という感じで探した場所で見つかった。よかったよかった。
一夜飾りになっちゃうけどねえ。(日本の正月じゃないんだから。)

さて、そういうわけで明日は聖パトリックの日
生まれはイギリスであらせられるが、アイルランドで精力的にキリスト教を布教したお方で、
アイルランドのシャムロック(三つ葉のクローバー)を使って三位一体を説いたらしい。
彼はアイルランドの守護聖人となり、
カトリックのカレンダーでは明日が聖パトリックの日なので、それをお祝いするわけ。

はて、そう言えば、と思い出したのが、
イタリアは白ワインで有名なオルビエートにあるIl Pozzo di San Patrizio(聖パトリツィオの井戸)。
PatrizioはPatrickのイタリア形なので、もしかして同じ人?と思ったら同じ人でした。

井戸を掘らせたのは16世紀のメディチ家から出たクレメンス7世で、
フランスのシャルル5世と戦っている時の軍事目的だったらしい。
中世からルネサンスにかけての法王は、坊主のくせに悪徳で権力主義で、いいねえ。わくわくする。
底までぐるぐると螺旋階段になってるんだけど、行きと帰りで同じ階段じゃないので
敵と出会わないようになってるってとこがすごい。

で、4世紀の聖パトリックご本人はこの井戸とは何も関係はなく、
ただ彼がよく洞穴にもぐって祈りを捧げていたというエピソードを知っている誰かが、
この深い井戸を聖パトリックの洞窟のようだと言ったところから
こう呼ばれるようになったらしい。

で、イタリアでは、
「このどら息子!どれだけ無駄遣いすれば気が済むんだ!オレの財布は聖パトリツィオの井戸じゃないんだぞ!」
と言うふうに使われます。
深ーい深ーい井戸なので、「底なし」と言うことね。
2010/03/17

蝶々

私の編み物を置いてくれてるギフトショップで見つけたステンドグラスの蝶々。


蝶々

春~~~、って感じ。


以前買ったクリスマスのヘラジカと同じ人が作ってるらしい。
私がもう少し若かったら弟子入りさせていただきたかった。

メロンに見せて、「あの店で買ったんだよ」と言うと、
「あんた、自分の売り上げ以上のお金をあそこで使ってんじゃない?」と。

何を言うんだ!

その通りだ。

今までの売り上げが55ドル。使ったお金は100ドル以上。


まあ、いままでさ、家に必要な物にしかお金をかけてなかったじゃない。
でも、家ってそんなもんじゃないんだよ。
なくても困るもんじゃないけど、でも心を豊かにしてくれるものって言うの?そういうものがいるのよ。
   ↑
なんてね、根っからの雑貨好きだから色々買いたくてたまらないわけ。


やっぱり同じ人が作ったステンドグラスのケルティックノットもあったのよねえ。
聖パトリックの日を前にして、こっちを買うべきだったなあ。
でも、次のメロンの給料日には買うからね、売れずに待っててね!
2010/03/17

今日のお昼は

今日の昼飯。


ひるめし

近くのキングスーパーズで買った野菜ロール。
中に入ってるのは上から右回りに、
キュウリ、アスパラ、レタス、甘く煮たしいたけ、アボカド、甘く煮たアゲ、そして真ん中にゆでた千切り人参。

いやいや、アゲもしいたけもかなり甘めだけどお寿司にはこれが合うねえ。
細いアスパラのシャキシャキした食感もグーよ。
なにより、ごはんの炊き方がうまいわ~~。

こういうお寿司はどこのスーパーにでも売ってるんだけど、
基本のメシの炊き方からできてないところが多いのよ。おかゆじゃないんだからってくらいべちゃべちゃ。
ねえ、アメリカに住んでる皆さん?そう思いませんこと?
コストコで売ってる某メーカーのなんて、涙が出ちゃうくらいひどいもんね。
特に玄米のなんて買うと百発百中べちゃべちゃ。
玄米は炊き方難しいんだから、素人はすっこんでな!と思うわけ。(玄人でもないけど。)

さすがに韓国系スーパーのHマートの中の食堂とホールフーズはうまいんだけどね。
ホールフーズのおすしなんて魚のにぎり一人前買うと10ドル位しちゃうもんね。
それが一番近いふつーーーーのアメリカのスーパーでこんなにおいしいのが変えちゃうと嬉しい。

でもね、これでも4ドル99セントするのよねえ。具材が多いからしょうがないか?
せめてあと1ドル安いとうれしいんだけどなあ。
だって、量少ないんだもん。

茶でも飲むか。
2010/03/16

鼻息荒く

昨日はメロンが病気でこどもだったのと雪が降ったのとで、G.B.の散歩は中止にさせてもらった。

ご本人(犬)はかなり不満だったらしい。

今朝は芝生にうっすら雪が積もってて寒かったので今日も散歩はスキップかなあと思ってたけど、
午後になると太陽が出て来て暖かくなったので、んだば行くか、と3時過ぎに重い腰を上げた。

G.B.は私の「散歩に行くかな」と言う気持をするどく感じるのだねえ。犬ってすごいよ。
時々全くの勘違いってこともあるんだけど、大体は気持を読んでる。
今日もぱしっとその気持を読んだみたいで、
まあ~~~、はしゃいで家の中走り回る走り回る。
いつもはここまでしないんだけど、昨日散歩に行けなかったのが相当不満だったんだねえ。

家から出ると、これがまた思いっきり引っ張るんだ。
ぐわしぐわしと、先へ先へとずんずん進む。(もちろん叱られます。)
キャスター付きのプランター台があるから、今度これに乗ってG.B.に引っ張らせてみよう。
そり犬だからね、きっと私をどっかに運んでくれるはず。

マーキングも普段よりひんぱんにやってた気がした。
うんちの後はいつも5セント硬貨くらいの小さなビスケットをやってるけど、
今日はまた食いつきがいつもより勢いがあって、奪い取るかのように食べてるし。

なんかすべてにおいて鼻息荒い。

悪かったよ。あたしが悪かった。
ちゃんと毎日散歩するよ。

それも午前中ね。
午後になると「行きたい気持」がどんどん大きくなって、鼻息荒い散歩になりそうだからね。
2010/03/16

リモンチェッロ完成

リモンチェッロ

本来90度のアルコールを使うところ、手に入らず40度のウォッカを使ったもんで
本来のリモンチェッロよりかなり弱目でくいくい行けちゃう感じ。いかんねえ。
次はもっと大きな酒屋に行って90度のヤツを探してみよう。

一緒に仕込んだレモン酒の方は、
氷砂糖が見つからなかったので砂糖に代わりはなかろうとグラニュー糖を使ったけど、
後でわかったことは、砂糖が先に果実に入り込むとアルコールの中に果汁が出て来ないので、
いつまでたってもアルコールの味と匂いが強くてまろやかにならないらしい。
ゆっくり溶ける氷砂糖を使うのには何か理由があるに違いないとは思っていたけど、
これが漬け込む前には見つけきれなかったのね~。
でもリモンチェッロも先ずレモンの皮をアルコールに漬け込んで、
エキスが十分抽出できたところでシロップを加えるからね。
科学で説明できるようになる前から、人間って自然の摂理をわかってたのね~。
となると、このレモン酒(とちょぴっと作ったコーヒー酒)は失敗か???

もちょっと待って様子を見てみようっと。
2010/03/16

かや乃姉さんとキャスケット

Go Green!とは「エコで行こう」と言うこと。

でもこの場合‥‥↓

go green

Go Greenは「アイリッシュで行こう」ってこと。緑はアイルランドの色だからね。
で、「アイリッシュで行く」と言うことはアイリッシュウィスキーを飲むってことらしい。
アメリカで人気のアイリッシュウィスキー、ジェームソンのTシャツです。
小メロンが働くパブでギブアウェイにメーカーからもらったってことで、メロンに持って帰って来てくれた。


私にもおみやげあり。

キャスケット

Erin Go Braughと書かれたキャスケット。
↑これは、「エリンガブラー」と読んで、ゲール語で「アイルランドよ永遠に」と言う意味らしい。
Erinがアイルランドの意味で、メロンの自慢の姪っ子の名前はここから来てる。
ほんとアメリカのアイリッシュは民族意識が高いね。

小メロンがどこから手に入れたのか定かではないけど、
後ろの部分にシミがあったりするから、きっとだれかの落とし物だろうな。
(ちなみに、アメリカで物を落としてもケーサツで遺失物は預かりませんから、
もう二度と手元には戻って来ないと思って下さい。みんな拾った物は自分の物だと思ってます。
わたしもそれでDSライトを手に入れました。)


しかし、キャスケット。昔桜田順子がかぶってたアレですよ。アレ ←アレ


これをおばさんがかぶる。
あれ、ふわふわしてて気持いいやん。
耳も隠れるし、G.B.との散歩にいいかも。

朝、メロンを送って行くときもかぶってみたけど、鏡を見てみたら今朝は眼鏡をかけてたせいか誰かに似てる。

誰?

あ、


かやの  もたいまさこ

キャスケットをかぶってたから似てたってことでもないよね‥‥

昔会社で恩田三姉妹ごっこをしていた時は、あたしはレイ子だったのになあ。←バカな会社があったもんだ。
いつのまにかや乃姉さんになっちゃったんだろう。
でも、実年齢はあの頃のかや乃姉さんを遥かに越えちゃったんだけどね。
2010/03/16

ドーナツはいかが?

こないだアマゾンジャパンでかぎ針編みの本を二冊買った。
そのうちの一冊がこれ。

お菓子

赤ちゃんのケーキ帽子は私のオリジナルで適当に作ってるんだけど、やっぱ手練が作ると上手だなあ。
表紙のこれはティーコゼー。
私も帽子に限らず、こういう雑貨を作った方が買い手が限定されずに売りやすいかも。



この本にリングドーナツの作り方があったので作ってみた。

DSCN1301.jpg  DSCN1302.jpg

イチゴクリーム入り(だと思う)とポン・デ・リング(←ミスド)は自分で適当に編んでみた。
最初はクリスピークリームみたいに箱に入れようと思ってたけど、
ドーナツホールダーも作ってコンパクトに収納できるようにした。
輪投げもできます。(うまく入らずホールダーに当たったらぶっ飛ぶけどね。)

子供のおもちゃだと思われたら売れないかも。子供需要低いんだって、あの店。
可愛い非実用品に無駄なお金が出せる大人に買っていただきたい。
2010/03/16

うさぎと犬のあみぐるみ

作ってずいぶんになるうさぎと犬。
昨日ギフトショップに納品して来た。

うさぎと犬



こないだ受け取った小切手でトラの一匹が売れたってわかったけど、
行ってみたらベニスのマルコが売れてた。
あいつはシャツを棒針で編んだから、他の二匹より手間も時間もかかったんだよな。
可愛がってもらえよ。

トラトラトラと違って、うさぎと犬には名前さえつけてなかったな。
犬はほんとはパンタロンはかせて70年代にしてみたかったんだけど、
思ったように作れなくてスパイのできそこないみたいになっちゃった。
お店の人は可愛いって言ってくれたから、いいか。
2010/03/16

おじさんの霍乱

「鬼の霍乱」の霍乱って、日射病とか急性胃腸炎とかコレラとか、
夏に突然嘔吐したり下痢したりする病気の古名ですって。

ま、今は真夏どころかまだ春でさえないデンバーだけど、
昨日メロンは霍乱を起こした。

夜下痢で何度もトイレに行ったらしいけど、私はすやすやと天使のように寝てて全然気づかなかった。
朝起きて、シャワーを浴びてると思ったらずーーーーーっとトイレで座ってたらしく、
出て来たと思ったらまたベッドに潜り込んだ。
下痢って、前の夜私が食べさせた豚の角煮ホットドッグが悪かったわけ?
(ジャパドッグ知ってからずっと作りたかったの~。)

もしかしてそれのキャベツの千切りで下してるの、あんた?
普通の人には胃腸にいいキャベツも、消化器官の弱いメロンには時々よすぎて下す時があるのよねえ。
あと、よーく炒めたタマネギもダメ。フレンチオニオンスープなんて、メロンにとっては下剤。
でも、豚の角煮ドッグに乗せたキャベツなんて一枚の1/4くらいなのに‥‥
はっ!もしかしてノロウィルス!
なんて思ったけど、同じもの私もお昼に食べて全然元気だし、メロンに熱はないし。

「出してしまえばそのうち治るから」なんて言ってるけど、
もう体の中に出すものは何もないのに一向に具合の良くなる気配なし。
私は3時半にカメさんとアバターを見に行く約束してたんだけど、
これで出かけたら私鬼かも、と思って約束は延期とさせてもらった。

結局原因は特定できないまま、買って来た下痢止めが聞いたのか3時くらいには落ち着いて来て、
カボチャをチキンブイヨンで茹でてミキサーにかけただけのスープも飲めたし、
救急クリニック(予約なしで行けるとこ。ERではない)に行く必要もないようで安心したけど、
今度は、ベッドに長く寝すぎたせいか腰が痛いとぐずり出し始めた。

映画に行けないと電話したとき、カメさんは
「病気になると男の人は子供になるもんね」って言ってたけど、ほんと。
特にね、アメリカ人は痛みに弱いからね。
寝返りうつたびに「おおおおう」「ああああう」とうめくもんで、そういうのに慣れてない私にはなんか、
「ここはホスピスかはたまた野戦病院か?」って感じで恐ろしくさえ感じる。
耐えられる痛みではうめかないという日本人の自制心は、人に不安を与えないための心配りでもあるのだねえ。
美しいなあ、とつくづく感じた次第。

そんなこんなで一日具合が悪かったうちのこどもおじちゃん。
夜になって私がベッドに入って行くと、
「今日は、具合が悪い僕にすごく優しくしてくれてありがとう」だって。

うぷぷっ。かわいい。
2010/03/13

わんぱくでもいい、健康に育って欲しい

今日は12時からG.B.のケンネルコフの予防注射。
Bordetellaという別名もあるけど、日本語では犬伝染性気管気管支炎というらしい。
ケンネル(犬小屋)コフ(咳)と言うからには、犬舎でもらって来る病気なんだろうな。
子供も幼稚園で風邪とかものもらいとか水ぼうそうもらってくるもんね~。
デイケアから予防接種して証明書を持って来てねって言われたような気がするが、
はて、証明書はもらってないぞ。領収書でいいかなあ。

あとデイケアを利用してるんだったら犬インフルエンザもやっといた方がいいと言われて、
それに加えて、以前病院に連れて行った時に医者からHeartwormも予防した方がいいと言われたけど
そんなの知らないぞと思ってたら、フィラリアのことであったので今日それもやった。
こっちは注射じゃなくて経口薬で、今日血液検査をして明日結果が分かるので、
それで陰性だったら1ヶ月に1粒6ヶ月に渡って飲ませるってことだった。

ぷふ~~~、しめて144ドル58セント。

こういう時のためにG.B.用に毎月40ドル貯金してるんだ♪
(小メロンはG.B.'S College Fundと呼んでる。学資保険ってか?)
それが160ドルあったからフトコロが全然痛まなくてうれしい。

しかし、二匹目の犬を飼うとなると、こういう時にきついわけだね。
遊び相手は作ってあげたいけど、今日になって二の足を踏みまくるあたくし。
G.B.、もしかしたらずっとひとりっこかも。
2010/03/13

正しいペダルを踏みましょう

今日のYahoo!Japanで見つけた産經新聞の記事によると、
昨日のニューヨークタイムスにUCLAの心理学の名誉教授リチャード・シュミットという人が
「トヨタの予期せぬ急加速はドライバーのペダルの踏み間違い」だと寄稿したらしい。

よう言うてくれた。

アクセルを踏みもしないのに加速する車があるもんか。
自分でブレーキ踏んだと思ってて間違って踏んでるだけよ。
日本だってそういう間違いで人をひいたり屋上駐車場から落ちたりコンビニに突進したりってあるじゃない。
「マニュアルと違ってオートマって怖いねえ」って言ってたじゃないか。

元記事を読むと「トヨタの急加速はドライバーのペダルの踏み間違いだ」と書いてるわけじゃないけど、
オバマ政権が自動車メーカーに装備を要求するかもしれない「スマートペダル」に関して、
急加速と言うのはたいがいドライバーがブレーキと間違ってアクセルを踏み続けるのが原因なので、
問題解決にはならないだろうって書いてる。
この教授は80年代にも同じ問題を抱えていたアウディのため、何度も法廷で証言したらしい。
150件くらいの事故を検証して、
ほとんどのケースでドライバーが車に乗り込んでエンジンをスタートさせて、
ギアをPからD(あるいはR)に入れながら軽くブレーキを踏んでるつもりだったのに、突然車が発進したと。
で、ブレーキを強く踏んだにもかかわらず車は止まらずクラッシュしたってのがお決まりのパターンらしい。
ドライバーは加速システムが壊れて、ブレーキが利かなかったと言い張るらしい。
でも事故の後、エンジニアが調べても別に不具合は見つからない。
車のサイズや値段にかかわらず、クルーズコントロールがあるかどうかも電子式エンジン制御かどうかも関係なく、
キャブレターなのか燃料噴射なのかディーゼルエンジンかどうかさえも関係なく、
ただひとつだけ事故を起こした車に共通することは、オートマだったってことだと。

今全米各地でトヨタ車による急加速が次から次に報告されてるみたいだけど、
「トヨタはあぶない」って刷り込まれた疑心暗鬼の人達がブレーキとアクセルを踏み間違えて
「ついに私のトヨタにも起こってしまった!」って言ってるだけだと思う。
あ、それとこの期に乗じて訴訟を起こしてトヨタからがっぽりふんだくってやろうと思ってる人達ね。

そんなトヨタが魔女狩りにあってる折、
知り合いのりり子ちゃんが日本に帰国する人から2007年型カローラを買った。
トヨタの騒ぎはもちろん知ってるのに、この冷静さが好き♡

しかしアメリカ人って自分を信じて疑わない人たちが多いからねえ。
己を省みるなんてこと、やるのかな?
それに家族とか友達をサポートする気持がすごく強いから、
「うちの娘を死にそうな目に遭わすなんて、キーーーッ」みたいな感じで一緒にヒス起こす人多そう。
「踏み間違いじゃなかったの?冷静に考えてみなさい」なんてたしなめる人っていないよね。

やっぱりこれって集団訴訟で儲けたい弁護士集団の陰謀?
リチャード・シュミット名誉教授には、がんばってほしい。
トヨタもやられっぱなしじゃなくて、がんがん反撃して欲しいなあ。
2010/03/13

HAPPY G.B.

昨日はジビ太をデイケアに連れて行った。
デイケアセンターが近づいてくると、匂いがするのかもう車の中でそわそわしてる。
ドアから入って行くともうまっしぐらに奥の遊び場に突進したがって、誰にもヤツを止められない。
奥からスタッフが出て来て「ハ~イG.B.!」とあいさつすると、がーっと彼に飛びついて興奮は最高潮。

ジビ太はこのセンターでも、遊び好きで気のいいヤツとスタッフの間で人気があるのだ。

G.B.が光の速度で奥に消えたあと、
私とメロンは、カウンターでお客さんをお出迎えしてなでなでしてもらう役目のテッサという犬をなでなでしていた。
テッサはスタッフが連れて来ている犬で、茶色のゴールデンなんだけどおばあちゃんでもうお顔が真っ白。
とてもメロウで可愛い子だ。

するとG.B.と一緒に奥に消えたスタッフが戻って来て、

Well, G.B.'s already rocking and rolling!
ですと。

rocking=横に揺れる
rolling=ごろごろ転がる

なので、もうすでにがちゃがちゃぐわしぐわし遊んでるってことね。
「予期せぬ急加速で時速160キロ」って、トヨタじゃなくてG.B.だね。

デイケアを10回分まとめて先払いすると220ドルが200ドルになるので、うちはそうしてるんだけど
残りの5回分毎週木曜日に予約を入れてきた。
これからしばらく、毎週木曜日はHAPPY G.B.の日です。
2010/03/10

エクササイズな日々

赤ちゃんのお世話をしている間、特にフルタイムになってからの6ヶ月、
全然運動をしてなかった。
(ま、その前はしてたかと言うと、たいしてしてないけど。)
私はずっと家の中で、ビデオ見たり編み物したりごはんを食べたりスナックつまんだりとダラダラするばかり。
いや、ベビーカーはちゃんとあるからお散歩に出ることはもちろんできたんだけど、
今年の冬は天気が悪い日が多くて寒かったし、
郊外は住宅地でも道路が広くてあまり歩行者用にできてないのでお散歩しにくいし、公園も遠いし、
なーんて言い訳並べてみたりするけど、結局私は家でごろごろだらだらするのが一番好きってことだ。

ってなわけで、体重は自己最高を更新しっ放し。デンバーのキムヨナと呼んでくれ。

写真に写る自分を見ると、なんと醜いこと。
目も鼻も肉に埋もれて、のどの肉は垂れ下がり、
昔鈴木京香に似てると(自分で)言ってた顔の輪郭さえも(輪郭だけだからさあ)面影なし。

かかりつけのお医者さまがNZに半年の修行に行く前に言ってた、
「血圧を下げるため、毎日30分でいいから心拍数が少し上がる程度の運動をしましょうね」
というのさえやってないので、
修行から帰って来た彼から「会いに来て」と何度もラブコールがかかってるのに行けないまま。

しかしね、このままじゃいかんね。
鈴木京香の輪郭を取り戻さなきゃ。(だから輪郭だけだってばあ。)

で、先週の月曜日からG.B.の散歩を再開。それもパワーウォークで30分ほど。
最初は公園を一周してウンチさせて、それからクリーク沿いの散歩道をがしがし歩く。
5分もすると心拍数が少し上がって来て、おお、脂肪燃えてる燃えてるって感じ。
G.B.のマーキングでたびたび止まらされるけど、まあ、G.B.がいてこその散歩だからね。

それとラジオ体操も再開。
今回はYouTubeで第一第二が一本のビデオになったのを見つけたので、
お姉さん達の美しい動きを確認しながら、
小学校の頃さえこんなに正しく体操してなかったっつーくらい正しくやってる。
一度見てみてね。え、ここはつま先立つの?とか、ここは手は広げないの?とか、
細かいところが間違っていたってわかるから。



そして再開翌日、激しい筋肉痛。
ラジオ体操で筋肉痛。そんなおばばになると小学生の頃のアタシは思っていたか?
少し悲しい。
2010/03/10

白百合のような

人が入ってない時、トイレのドアは開けておくものらしい。
メロンとイタリアで知り合ってアパートに遊びに行くようになった時、
トイレから出て来てドアを閉めたら怒られた。

「閉めてたら人が入ってるか入ってないかわからないでしょ。」
「え?ノックするじゃない。」
「家じゃそんなことしないの。とにかく開けておけばいいの。」

日本だと開けておくと非衛生的だとかだらしないとか怒られるのにね。

そういうわけで、うちのトイレ(というかバスルーム)のドアも開いてるんだけど、
時々私が使ったあと無意識に閉めてしまうことがある。
そういう習慣でしたからね、ずっと。
車だって未だに運転席と助手席がどっちかどっちやらわからないときもあるし。

さっきも、お皿を洗う途中トイレに行ったらドアが閉まってる。
あれ、夕方使ったときしめちゃったかな?と思いつつ5センチくらい開けると電気までついてた。
あちゃ、電気消すのも忘れちゃった、と思ってあと10センチ開けたら、メロンが座ってた。

「こりゃ失敬」(←いま「踊る大捜査線」を見てるもので、Excuse meをこう訳してみました。)
と、ドアを閉めて台所に戻って来たんだけど、これでメロンの排泄の邪魔をしたのは何度目かしら。

トイレから出て来たメロンに、
「ごめんね~」ともう一度謝ると、

「僕のおしり見たかったんだよね。」

「別に、おしり見たかったらいつでも見られるもん。」

「でも僕が寝てる時だったりしたら、わざわざ布団の中で懐中電灯で照らして見ないといけないじゃない。」

「ぷっ。懐中電灯なんかいりません。あんたのおしりは暗闇で‥‥」

「暗闇で輝くって言うんだろう、シロシロ真っ白だから!あんたって、ホントにおかしいねっ


自分でlily-white ass(百合のように白いおしり)って名付けてるくせに。

ドアが閉まっている時は、やっぱりノックしましょう。
2010/03/04

いろいろドッグ

小メロンがジャパドッグって知ってるかって聞くから、知らんと言うと、
バンクーバーで人気の日本風ホットドッグの店で、黒豚にシーウィード乗せたりして、
オリンピックの期間中は2ブロックも行列ができたらしいぞ、と。

シーウィードと言われて、なんでわかめなんか乗せるのって不思議に思ったけど、
調べてみたら細切りの海苔であった。
黒豚にキャベツの炒めたの乗せて、お好み焼きソースと日本製(ここ重要)マヨネーズとかつおぶしか。


うまそ~~~~~。


こんな屋台デンバーにあったら、私は毎日行っちゃうよ。
しかし一個6ドル25セントか。
一日おきだな。


ホットドッグと言えば、福岡の西公園のホットドッグ屋はうまいよねえ。
大濠に住んでた友達が連れて行ってくれて初めて知ったんだけど、
ボリュームたっぷりだし、高い材料を使ってるようには見えないのになんでもうまいんだ。
料理人の腕で普通のものもぐっとおいしくする。ここ、大切よ。
パンがまたぱりっと焼いてあってねえ。

こっちのホットドッグって、パンには全然気を遣ってないのよね。
へなへなでぺしょっとして、食べてると口の上にねちょ~~っとくっついて取れなかったりして。
それがまず許せん。
ま、所詮おいしいものがわからんヤツらが作ったもんよのお。
ハンバーガーもホットドッグも、全部アジアでもっとおいしくみせるぜ。がっはっは。

今度日本に帰ったら、絶対西公園のホットドッグ屋に行こう。

あ、焼きそばドッグとかコロッケパンも食べたくなった~~。
2010/03/04

聖パトリックの日近づく

失業生活二日目の昨日、
台所のキャビネットの中の大掃除をしてたんだけど、
壁にかけてるシルベスターとトゥイーティーが一年以上クリスマス仕様だったのが突然気になって、
聖パトリックの日仕様に変えた。

トゥイーティー


ちなみに、カトリックではほぼ毎日がなんとか聖人の日で、
3月17日はアイルランドの守護聖人である聖パトリックの日なので、
アメリカのアイルランド系の人々は盛大にお祭り+大騒ぎをするのである。(本国ではどうだか知らない。)
今はアイルランド系に限らず、とにかく酒を飲んで大騒ぎをする日になっているらしく、
アイリッシュパブは押すな押すなの大盛況。

メロンは7/8がアイリッシュ(残り1/8はスコティッシュなので100%ケルト)、
小メロンは母親がクロアチア系なのでアイリッシュの血は7/16なんだけど、
母親の方のばあちゃんがメロンを嫌ってて、悪口を言うからあまり行き来がなかったせいで
(祖国を捨て希望の国アメリカで産んだ大切な娘は、もっと金のある男と結婚させたかったらしい)
クロアチアの文化にはあまりなじみがなくて、自分のことはアイリッシュだと思う気持の方が大きいそうだ。

アイルランドと言えば、
シャムロック(三つ葉のクローバー)、
その緑色、
ギネス、
大酒飲みの酔っぱらい、
レプラコーン(じいさんの妖精)、
ということで、
聖パトリックの日、あるいはパレードの日には
上記のものを身にまとう、あるいはそのものになる人達であふれかえる。



今年の聖パトリックの日は、小メロンはG.B.を緑色に染めるなんて言ってるし。
聖パトリックの日のためにペットを緑色にする染料まで売ってるって。(体に害はないらしい。)
ほんと、だったら白いうちにしとかないと、来年は全部茶色になってるかも、G.B.。
2010/03/04

新しい台所

台所のカウンタートップが新しくなって、壁も塗り直して、
レンジと電子レンジと食器洗い器が新しくなった。

前のカウンタートップは茶色と黒のまだら模様の石のタイルで、
電化製品も全部黒だったのですっごく暗くて狭い台所がますます狭く見えたもんだけど、
新しいカウンタートップはウォッシュアウトデニムのような色あいで、
電化製品も全部ステンレスにしたのでぱあ~っと明るくなった。

メロンは台所に立つたびに、
「いいなあ、新しくしてよかったなあ。
カウンタートップや電化製品で自分がこんなに満ち足りた気分になるなんて思ったこともなかった」と、
しみじみ言うのだ。
まあ、大げさに感動するのが好きな男だ。

あとはキャビネットのノブを換えて、タイルを買ってハンディーマンのエツィオに貼ってもらうだけ。
昨日、ネットでさがした第一候補のタイルの写真をプリントアウトして実物大に拡大して、
壁に貼ってみたんだけど。


どう?

タイル

いい感じだなあ。
ちょっとおじちゃんたちには可愛過ぎるかなあと思ってたら、メロンも小メロンも気に入ったみたい。
ふうん、ローラ・アシュレイの花柄ベッドセットはダメでも、これはいいのか。
私の世代の日本人男子だったら、花柄はやめて別の模様にしてくれって言いそうな気もするけど。

おそろいのノブにするとちょっとくどいかもしれない。
陶器の白のシンプルなヤツにしようかな。
次へ>>

■  プロフィール

蓮姫さま

Author:蓮姫さま
蓮姫さま
アメリカはコロラド州デンバーに住む女。ロッキー山脈の近くでたまにやるウィンタースポーツは雪かき。

メロン
蓮姫さまのダンナ様。キュートな名前は、ウォーターメロンのような大きな頭ゆえ

G.B.
メロウな愛犬。ソリ引き犬と牧羊犬のミックス。

小メロン
メロンの息子。実はデカメロン。

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  最近のトラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリー

■  フリーエリア

記事と明らかに関係のないコメントは削除させていただきます。 ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

■  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■  ブログ内検索

■  RSSフィード

■  リンク

このブログをリンクに追加する http://ping.blogmura.com/xmlrpc/9kciydw10cet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。