蓮姫さまとメロンくんの「甘くない生活」

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/01/31

トラトラ戯画

ジュリアーノ(日本人、女)が可愛い手ぬぐいを送ってくれた。


とら1 とら2 とら3

あたしたち、トラだからね。うれしいよ。

小学校の頃こっくりさんがはやった時、
ひとつ下の学年は卯年で狐より弱いからこっくりさんやるところころ倒れちゃうけど、
私達は寅で(早生まれ除く)強いからみんな平気、なんてことを聞いて強く納得したことがあったな。
なんか、強い寅で誇らしいっていうか、大和撫子が寅でどうするっていうか。
でも千人針なんか数えで四十八針も縫えちゃうし。
アフガニスタンに行くマリーンとかアーミーとかから要請来たらあたしバリバリ縫っちゃうけどな。
(来ないって?)

そういえば、以前書いたジュリアーノの「未知との遭遇」について、
「中学入学のときのセーラー服」と言うのは「高校入学のときのブレザー」の間違いであるとすぐに指摘されて、
「じゃあ訂正しまーす」と言いつつ今まで放っておいたが。
しかし、ブレザーを着てそのなで肩ぶりに「未知との遭遇のエイリアンのようだ」と思うとは、
どこまでなで肩なんだ?肩パッド入ってるだろ?
スポンサーサイト
2010/01/30

ごくせん犬組

ジビがまたドッグフードを食べなくなった。
特に二日連続でデイケアに預けてから、まったく欲しがらない。


もしかして、デイケアでこんな会話があったのかも。

犬A「え?おめえ、ドッグフードなんか食べてんの?」

G.B.「だって、食べないとビスケットもらえないし。」

犬B「ばっかだなあ、おめえ。人間なんてちょろいんだから、
 ドッグフード食べないとお腹すくんじゃないかと心配してビスケットたくさんくれんだよ。」

犬C「俺なんかいっつもその手でステーキ食べてるぜ。」

G.B.「じゃ、俺もためしてみるよ。」


そう、食べないからと心配して、魚を焼いて崩れたとこなんてドッグフードに混ぜてしまった私。
体力なくなったらいけないからと思ってビスケットをやった私。

ごくせん犬組の思うつぼだぜ~~~~~~!
2010/01/29

トラ!トラ!トラ!

トラ

左から、
ギネスを飲むアイルランドのトラ、パトリック。
ベニスでゴンドラを漕ぐマルコ。
そしてパリジャンのピエール。

最初に作ったのがピエールだけど、こんなもんかなと適当に作って編み図を書き写してなかったので、
あとの二体は微妙に違ってしまった。

アメリカシリーズとか祝日シリーズ(バレンタインとか独立記念日とか)も作ろうかと思ってたけど、
あまり同じもの作ると飽きてくるしねえ。
ほんとはパターンが同じものを作り続けた方が時間の節約にもなるんだけど。

週末にお店に持ってって、気に入ってもらえたら考えよっと。
2010/01/28

モノの値段

某有名サイトで、某有名編みぐるみ作家さん(もしかして編みぐるみ元祖?)の作品を紹介してるから
見てみたんだけど、販売金額を見てみると、なんと一体税別7万円‥‥
12万円なんてのもある‥‥

この編みぐるみ作家さんのパターン本を10年前くらいに買ったことがあって、
その時は増やし目減らし目がパターン通りにできなくて、結局面倒くさくなって挫折して、
そのパターン本はいつの間にかなくなって探しても探しても見つからなかった。
でも、丸く編むやり方がわかりさえすれば、パターンがなくても自分で結構適当に編めることが最近わかった。


確かにその作家さんの作品はセンスがあってむちゃくちゃかわいいのよ。
私だって買えるもんなら欲しいよ。
でもさ、編みぐるみ一体に7万円って、どうよ??
大きなものでもないから一体たぶん3日くらいで編めるだろうし、
高価な毛糸を使ったとしてもセーターを編むわけじゃないから材料費もそこまでかからないと思うし、
大体芸術作品と違って、パターンがあれば全く同じものを作れてしまうのに。
なんかねえ、って感じ。
紹介してるサイトが、80年代に言葉で人や物に付加価値をつけまくった人のものだから、
これも、
「将来展覧会をするときは貸し出しをお願いすることもある」とか、
「オーナーの名前を掲載する」とか、「抽選販売にする」とか、
ばりばり付加価値つけまくり。もちろん全部手作り一点ものを強調。
うまいなあ。

あたしは、今作っているトラ!トラ!トラ!の3匹組を
一体30ドルで売るのは高過ぎかなあなんて思ってたとこなんで、ほんと、かなりびっくりした。
(有名作家と一緒にするなと言われればまったくもってその通り。)

でも、物には適正価格というものがあると思うけどねえ。
2010/01/28

大好きな匂い

台所のプチリモデル中なので、二日間料理をせずに外食した。
昨夜はベトナム料理店に行ってフォーではないフォーのような麺を食べて満足して出てくると、
なにか、なつかしい、かぐわしい、うっとりする、すてきな匂いが。

あああ、灯油の燃える匂い。

深呼吸して、いつまでもいつまでも嗅いでいたいすてきな匂い。

メロンに、「いい匂いがする‥‥」というと、
「??ディーゼル車の排気ガスじゃない、これ?」
「違う。ケロシンの燃える匂い‥‥(うっとりしている)」
「あんた、こんな臭いが好きなわけ?」
「だいすき‥‥(うっとりしている)」

実家では暖房にずーっと昔から灯油ストーブを使ってて、それを消したときのあの匂いがまた好きで。
最近のストーブには、何とけしからんことにあの匂いを消す装置なんかがついてて、
父がその最新ストーブを私用に買って来たもんで、
装置が作動しないようにこっそり乾電池を抜いて点火はマッチでやってたら、
いつのまにか新しい乾電池が入れられていた。
あの匂いが嫌いな人がいるって聞いたときはあたしゃ相当驚いたけど、
嫌いな人の方が多いらしい。不思議ね~。

あたしはあの匂いを嗅ぐと脳内モルヒネ出まくりなんだけど。
ある人からは「それは中毒で死にかけてるだけだ」なんて言われたけど、ちがうもんね。

ああ、アメリカであのにおいが嗅げるなんてうれしい。
またあのベトナム料理店に行こう。
2010/01/26

キムパ!キムパ!キムパ!

今日は帰りに韓国マーケットに寄ってキムパを買って来た。
巻き寿司みたいなもんだけど、すし飯じゃなくて普通の白飯で、
たくあんとか細切り人参とかほうれん草とかが入ってて韓国海苔で巻いてあるやつ。
私は巻き寿司よりこっちが好き。今日買ったのはしかもプルコギ入りの新商品。

私が長年働いていた福岡市の港から釜山行きの高速船が出てて、
これで時々同僚と遊びに行った。
朝早い便で釜山に行って、一泊して翌日夕方の便で帰ってくるんだけど、
同僚の中にむちゃくちゃ韓国に強いのがいて、色んなとこに連れてってくれてとても楽しかった。
焼肉食べて、スーパー銭湯行って、ロッテデパートに行って韓国海苔買って(デパートで海苔だけ買うな)、
革のジャケット2万円で買って、買いもしない眼鏡を値切るだけ値切って(私ではない)、
バッグを買いに行ったら「トクベチュのお客サーン」と言われて地下のバッタもん売り場に連れて行かれたり、
これ以上楽しめないって言うほど楽しんで、
帰りの便に乗るのに港に行く前にキムパをたくさん買っておみやげにしよう!と市場に行った。

で、またいろんなものに目移りしながら歩いてて、そろそろここらで終わりにしないとと
あるおばちゃんの店(歩道に座って道に品物を広げてるだけだけど)で、
「じゃ、これ10パックね~」と注文しかけたところで、韓国通の同僚が、
「ねえ、こっちの方が海苔の周りにごまが振ってあっておいしそうよ」というので、
「あ、じゃそっちにしよう。おばちゃん、ごめんね~」と4-5人が一斉に別のおばちゃんのところに移ると、
大量買いの顧客を失ったごまなしのおばちゃんが怒る怒る。
立ち上がって大声で文句いいながら鼻からけむり吹いて私達を追いかけて来て、
ごまありのおばちゃんまで怒鳴りつけて、二人でケンカするんだなあ、これが。

熱いねえ、釜山女。
初めて済州島に行った時も、乗り換えの釜山空港でおばちゃん二人が取っ組み合いのケンカをしてるのを見たけど、
サングレカリエンテだね、釜山女。(ちょっと意味違う?)

キムパを食べるたびに、ケンカするおばちゃん達を思い出して釜山に行きたくなるのである。
2010/01/26

A tired dog is a good dog.

A tired dog

「くたくたに疲れた犬はいい犬だ」
さすらいのドッグトレーナー、シーザー・ミランのお言葉である。
彼によると犬に必要なのは、まず運動、次にしつけ、そして三番目にようやく愛情。
だから運動してくたくたに疲れた犬は幸せないい犬なのだ。

今日デイケアで一日中遊んで来たうちのジビ太は、とっても幸せないい犬である。
2010/01/26

Party is over

さんざ私達にお金を遣わせて自分のしたいことをして来た小メロンだけど、それもついに終わりかもしれない。
いや、私の手で終わりにしたい。


車を使わせてもらいながら、私とメロンが仕事に出て行く時間まで車を返さないということがもうすでに4回。
4回目にはさすがにメロンもぶち切れて、もう車は使わせないということになった。
でも、言われるがままに仕事や遊びへの送り迎えはしてるんだから、
全然罰則の意味がないと私は思っていたんだが。
で、小メロンが、すごく反省したし仕事が終わったら寄り道せずにまっすぐ家に帰ってくるし、
人生本当に立て直すからもう一度信頼して欲しいと言うので許してやった。

そして、先日ようやくコロラドの免許証が手に入ることになったので、
喜んだ小メロンが私達を自分の職場であるパブに連れて行ってごちそうしてくれることになった。
(と言っても、従業員用の25ドルクーポンがあるから、自分がそれだけ持つってことだけど。)
そこで、途中までは楽しかったんだけど、職場にいる自分のカノジョと話をして、
「今晩どっかでお祝いしましょ~~~♡」と言われたらしく、なんとまた私達に少し金を貸せと言って来た。

もちろん私達が貸すはずもなくすったもんだあったんだけど、
結局カノジョに外でお祝いするだけの金がない言うと、
じゃあ私の家で飲みましょうということになったらしく、小メロンは上機嫌で彼女の家に行った。
(もちろんあたし達が送ってやったんだけど。)

その後、私はとってもとっても落ち込んでしまった。
だって、ここで私達からお金を借りて遊びに行くことがどれだけよくないことかを
パブにいる間ずっと小メロンに言い聞かせていたにもかかわらずそれでは納得してなくて、
でもカノジョに「お金がなくても会いたいからうちに来て」って言われたらもうお金はいらないなんて、
結果としては同じだけどそこに至るまでが全然なってないと言うか、
結局私達の言うことなんてなにひとつ聞いてないってことじゃないの。
私は、こいつはもうどうにもならんと思ったんだ。

そして今日、小メロンのオフの日。
朝、やつは家にいなかった。
「寄り道しない」とメロンに言ったにもかかわらず、寄り道してお泊まりしてるわけだ。
こんなにも簡単に自ら口にした誓いを破るなんて、軽蔑に値すると思う。
メロンが激怒して電話すると、7時までには帰ってくると言った。
そして途中、渋滞で遅れるかもと電話が入った。
街中で朝渋滞するのは当たり前。そんなことも計算に入れて帰ってくるべきでしょう。
それが渋滞してるからしょうがないなんて正当化するのはお門違い。
色々理由を付けて自分のやってる事を正当化するのはやつの常套手段なのだ。
結局私は遅れられないので、しかたなくいつもメロンが使ってる車で出て行こうとしてる時ヤツは帰って来た。

車から降りて「遅れてごめん」と一言謝りはしたけど、
私は「むちゃくちゃ怒ってるから」と言い捨てて出て来た。
あとはメロンと小メロンの間でどういう話になったのかまだ聞いてない。

でも、私としては、うちで暮らさせてやるけど、寝る以外のことは全部自分でまかなえと言いたい。
住むところがあるだけで600ドル位の価値はあるはず。
それに加え、食事も酒も私達持ち、公共料金ももちろん負担せず、
ケーブルテレビのペイパービューでビデオは見放題、
自分がヤンキースの試合を見るために契約したパッケージ代も払わず、
車は時々セルフウォッシュで洗ってくれるけど、ローン代もガソリン代も払わない。
G.B.が好きなくせに散歩には連れて行かない。
昼間は家にいるので少しは家事をやってくれるかと言うと、寝てるだけ。
私が家に帰ってくると、ヤツが使った汚れた食器がシンクにあって水にもつけてないからガビガビになってる。
はっきり言ってうんざり。

小メロンのことで私が怒るとメロンが私に対して怒るから
(自分が育てた息子のダメぶりを指摘されると、自分がダメだと言われていると感じるらしい)、
私とメロンの間にいらん波風を立てるのはいやなのでしばらく無関心を装ってたんだけど、
もう我慢ならん。
また謝って反省したと言って来たとしても、もうこれで何度目だ?
その時は本当に反省してるのかもしれない。でも、ヤツはお酒が入るととたんにダメになる。
酒には強いんだけど、ウィスキーの三杯も飲むと軽くろれつが回らなくなってるのがわかる。
で、そして気が大きくなって楽しいことだけを追求したくなるみたいなんだな。
だから、そのためには人からお金を借りることも平気だし、どんないいわけだってでっち上げる。
「俺は酔ってない」って言うけど、普段と違うことをすること自体酔ってるってことなのよ。
あんた達はぐでんぐでんにならないと「酔ってる」って言わないんだろうけど。

私ももっと強くなって、
「もうあんたを助けるつもりはない。出て行きたいなら出て行っていいけど、
その時はもうなにがあっても二度とお金をせびりに来ないで」ってはっきり言いたい。
2010/01/25

朝一番早いのは(パン屋のおじさんのはず)

前にも書いたけど、台所をプチリモデルするのに、
よく来てもらってるハンディーマンのエツィオを探してた。

彼はイタリア生まれのイタリア人で、パリでアートの勉強をして、
奥さんはフランス生まれのフランス人で人類学者らしい。
そんで菜食主義者でオーガニック物しか食べないで、アルコールは全く飲まないらしい。
いろんな人がいるんだよね~、アメリカには。

メロンが何度かケータイに電話したけど、
その都度まったく英語の通じない女性が応答して、何がどうなってるのかさっぱりわからなかったらしい。
それで私もエツィオに「電話ちょーだい」っていうメールを送ってたけど返事なし。
イタリア人ではありながらいい加減な人じゃないし
(私もメロンもイタリア経験してるから反論は受け付けませんよ)、
行方不明になっちゃったのかと心配してたけど、
メロンがついにケータイにメッセージを残すことに成功したので、電話をくれることを期待してた。

そしたら、くれたの、電話。
朝の5時半に。

うきーーーーっ。
いやがらせ?ねえ、いやがらせエツィオ?

違うの、きっと朝日と一緒に起きて働くのよ、彼は。

明日の月曜日に来てくれることになって、
彼が不要なタイルを全部はがして、水曜日に業者がカウンタートップを設置しに来て、
そいでまたエツィオが来てタイルをはがした後の壁に新たに違う種類のタイルを貼ってくれることになった。

はあ、ようやくこのガタガタでこぼこのくらーいキッチンタイルともお別れだ。
うれしいっす。
プチリモデルできるのも、赤ちゃんのおかげだわ。
もう、明日ぶちゅぶちゅキスしちゃう。
2010/01/25

六本木のベンちゃん(内容に全く関係なし)

お友達の家が模様替えと言うかライトなリモデルと言うか、
とにかく内装をちょいとお直しして家を片付けるということで、不要になった観葉植物をいただいた。
(他にも色々もらっちゃってるんだけど。うっきっき。)

でへっ♪
こんな大きなのもらっちゃった。

植物

心配なのは、私もメロンもかなり茶色の親指だから育てきれるかってとこなんだけど、
今まで何も手をかけてないのにここまで大きくなったってことで、じゃあと遠慮なくいただくことにした。

ファイカスという名前だと言われたんだけど、
聞いたこともないのでちょっとググって育て方調べないとね~、と思ってたら、
もしかして、これって、ひょっとして、ベンジャミン??
Ficusという名前でググったらficusなんちゃらといういろんな種類があって、
その中のひとつがficus benjaminaと言う名前で、日本でベンジャミンと呼ばれているものだってわかったんだけど、
それに似てる。

あたし、十数年前にベンジャミン枯らしたことがあるんですけど。
育てるの簡単って‥‥?
うき~~~~~っ。

(ベンジャミンは確かに育てるのが楽な観葉植物として知られております。とほほ。)
続きを読む
2010/01/25

♪シャンプーシャンプーランランラン

今日は久しぶりにジビ太を洗った。
この秋から冬にかけて、私がフルタイムで働くことになったのにかこつけて
ずいぶんジビ太に構わなくなってしまってて、ブラッシングも爪切りもシャンプーもかなりサボってたもんね。
ごめんよ、ジビ太。
おいらたち反省してるから。

ジビ洗う  「シャンプーしてくれなんて頼んでないです(涙)」

↑ なんかどっか村山富市に似てないか???



そして明日はハンディーマンのエツィオが台所のカウンタートップのタイルをはがしにやって来るから、
お邪魔にならないようにジビ太はデーケアに連れて行く予定なので、
あっという間にドロドロに汚れて犬臭くなって帰ってくるのであった。

あちゃ~~。
2010/01/21

レッドソックスがやって来る

メールで受け取ったコロラドロッキーズのニュースレターに、
今日1時から発売開始の今シーズンのゲームチケットを、読者に限り11時から先行販売するとあったので、
うーむ、6月にレッドソックスが来るからなあ、それは先行で買った方がいいかもねえと販売サイトに行ったら、
なんとその3ゲームに限りまだ販売なし。

どーゆーこと?

3年前にヤンキースが来た時は、他のゲームに比べてチケットの値段が高かったのよねえ。

なにかい?ヤンキースとレッドソックスは特別かい?
って、そうだよね。
ヤンキースとレッドソックスは地元の人間以外でもファンはたくさんいるからねえ。

私がレッドソックス戦に行きたい理由は、もしかしたら松坂大輔が投げるかもしれないという期待と、
それと、小メロンのヤジを聞きたいってことね。

今年のロッキーズのスケジュールを見て、「お、6月にボストンが来るよ」と私が言った時、
小メロンの口は耳まで裂けて悪魔の笑いになり、
「ほお、ボストンが来るか。ほおお。そりゃ行かにゃなあ。どぅわっはっはっは」と意地悪く高笑いした。
生まれ落ちた時からヤンキースファンの小メロンとレッドソックスは、
ハブとマングース、カラスとオオタカ、エチゼンクラゲとウマヅラハギみたいな天敵同士なのである。

その天敵がのこのこと自分のテリトリーに入ってくるとあれば、
駆逐しに行くのは当然のことでしょう。
小メロンがボストンにどんなカラフルな罵声を浴びせるか、それが楽しみ。

で、ついでにロッキーズがボストンに勝ってくれたら嬉しいなと。
あくまでも、ついでにね。
2010/01/18

これぞまさしく犬ビスケット

今日はチェリーパイを作る予定だったけどコストコででかいのを買ったもんで、
G.B.のビスケットを作ることにした。
レシピの倍作ったもんで、焼くのも全部で3時間くらいかかってしまった。

DOGGY BISCUITS

三段重ね足付きクーラーラックを買っててよかった。

そして、これぞほんとの犬ビスケット。

INU BISCUIT

アメリカ人にはウケないので、是非ここで披露したかった。



犬   犬ですが、なにか?


2010/01/18

おいらウィリー犬

先週初めまでかなりの寒波に見舞われていたので、朝晩のG.B.の散歩は気の毒なことにスキップされてた。
寒冷地仕様のメロンでさえ、マイナス20℃の中で散歩はしたくなかったらしい。
ま、無理もないけど。

で、この週末はメロンは土日の両方休日出勤を余儀なくされて、
朝は時間がないと散歩なしで、夜は夜で疲れてしまってやっぱり散歩なしで可哀想なG.B.なのだ。

散歩の代わりに裏庭に出そうとするんだけど、
「だんな、これは違うでしょ。あっしゃそんなことでだまされませんよ」とばかりに、
外に出るのをいやがる。ここで妥協してしまってはいけない!という気概さえ感じる。
で、むりやり出されても、ドアの前でずっと座ってる。
「今裏庭ではしゃいで、おしっこでもした日にゃ、俺の負けだ」と言ってるようである。

そんなG.B.から、散歩を奪ってしまってはいけない。
私の出動の時が来た。

ジャケットを着る。

つまらなそうに寝っ転がってるG.B.が、首をもたげる。

靴を履く。

G.B.が起き上がってそわそわする。

お散歩バッグをクローゼットから出す。

G.B.がだだだだだと駆け寄ってくる。

リーシュに手をかける。

G.B.は低く身を屈め、ぶひゃあああああと飛び上がる。
また飛び上がる。
後ろ足で立って、ウィリーしながら足踏みする。

もう、これが見たくって散歩に連れて行くようなもんかも。

メロンとの散歩は「毎日のお約束」だから、嬉しいんだけど興奮の度合いは10点中6点くらい。
でも、私との散歩は意外なおまけみたいなもんだから、興奮度は12くらい。
あんまりうれしくて、両前足でじたばたと空を切るので、
リーシュを首輪につけようとする私の邪魔になって、怒られるハメになるのである。

どっかのーんびりした田舎で、お弁当持って一日中お散歩できるといいねえ。

          お散歩前 散歩?散歩?ねえ、散歩?
2010/01/18

大きいことはいいことか?

コストコでエリザベス・アーデンのビジブルディファレンスが二個セットで30ドルで売ってる。
今ならチューブ入りのトラベルサイズもおまけについててよ。
日本じゃ一個5000円くらいだけど、まさか日本のコストコにはないよねえ?

昔はお高くて安月給の私には名前を口にするのも恐れ多かったボルゲーゼも、
コストコのプライベートブランドと手を組んで、むっちゃ安く売ってるし。
ボルゲーゼとコストコの組み合わせはちょっと、
いいとこのお嬢様が貧しい若者と手に手を取って駆け落ちしたみたいな感じがする。
なんかもう、このお嬢様は昔のお嬢様じゃないから、かまわずそっとしておいてあげようと思うんだな。
ROCなんかもコストコ専用パッケージもあるし、
アメリカに来たらコストコで化粧品を探してみるのもいいかもよ。

ま、それはともかく、いつも使ってるこのクリームがなくなっちゃったので、
久しぶりにコストコに出かけて行った。
で、ついつい買ってしまったのがこのでかいやつら。

デニッシュ   チェリーパイ

左、チーズデニッシュ。4ドル99セント。
これがうまいんだ。一個食べただけで一食分のカロリーがあるんじゃないかと恐ろしいので、
一個を半分して食べるけど、おいしいから残りの半分にも手が出てしまう。
チーズクリームだけで十分甘いのに、アイシングまでどっぺり乗ってるのが玉にキズ。

右、チェリーパイ。9ドル99セント。
今週メロンに焼いてあげようと思ってたけど、買っちゃった。
コストコでパイは買ったことがないんだけど、味はどうかねえ。
ま、チェリーパイがあると言うだけで休日出勤も耐えられるメロンなのであった。

どっちも直径約30センチ。
私のケータイはサイズ比較のために置いております。
こうして見ると、洗面器というより洗い桶のような大きさですね。

コストコの食料品はとにかく何でも大きくて、サイズが大きすぎるか量が多すぎるかのどっちか。
ちょっとためしてみようかなと買ってみても、いっつも食べきれなくて捨ててしまうことになるので
できるだけ買わないことにしてるんだけど、でもデザートは別。
デニッシュはみんなが大好きなのでたぶんあさってにはもうなくなってるはず。
パイは、メロンは大好物だけど一日一切れしか食べないから、小メロンがどれだけ「協力」するかによるけど、
まあ5日というところか。

コストコはアメリカ人の肥満に大いに貢献してると思うんだけど、
いや、私は絶対正しいね。
2010/01/17

中華鍋と私

家庭用品を色々買いたかったので、ROSSという安売りの店に行って来た。
ここはいろんなメーカーの過剰在庫なんかを安く仕入れて安く売ってるような店で、
在庫が一定してない。いいもの見つけたら即買わないと、次に行った時にはもう全く品揃えが違うのだ。
また客も、ぶっちゃけ言うと公共心の低い移民も多いので
商品の取り扱いもひどくてキズもの壊れものにも気をつけないといけない。
でも元値から半額になってたりするので、欲しいものビッタリじゃなくても「まいっか」と買ってしまい、
家の中にやたら半端物が増えてしまったりする。
このROSSやTuesday MorningやTJ Maxxと言った同じ系統の店を、
私は「ガラクタ屋」と呼んでこよなく愛している。

今日は布団カバーを探しに行ったんだけど、
ノンスティックの中華鍋風フライパンがもうダメになってたことを思い出して、
台所用品売り場でどれがいいか吟味してた。
そこにロシア人と思われるおばちゃんががあああああっとカートを押してやって来た。
ここは客層が客層なので、素行が洗練されてない人が多い。
よけないときっとこのバブーシュカは私をつきとばして進んで行くと言う気がしたので、
四、五歩左によけておばちゃんをじっと見てると、おばちゃんは初めて私に気づいたかのようにこっちを見て、
そしてあろう事か鼻で笑った。
「鼻で笑った」と言うより、「笑いが思わず鼻から漏れた」という感じか。

一体この笑いは何だろうと思ってたけど、私は手に中華鍋を持ったまま立っていたので、もしかして
「ありゃ中国人ってやっぱり中華鍋使うんだね、あはは」って感じでおかしくて笑った?
うん、中華鍋を握りしめた中国人がいて、おかしかったんだね、きっと。
私も、ベレー帽かぶってバゲット抱えて歩いてるフランス人見たら
「きゃー、いるいる~」って感じできっとうれしくて笑うと思うし。
いや、たとえそれがフランス人じゃなかったとしても、ステレオタイプを見た喜びって言うんですか。

中華鍋持って立ち尽くしてる自分の姿が、まるで自分で見たかのように網膜に焼き付いてしまった。
なんかしばらく忘れられないと思う。
2010/01/17

小切手現金化の問題

小切手を現金化するのに、
とある理由があって自分が口座を持ってる銀行じゃなくて振り出し銀行の方に行くんだけど、
やっぱ口座がないということはその銀行に対して信用がないということらしくて、
裏書きする時にサイン以外に住所と電話番号を書かされて、写真付きの身分証明証をふたつ要求される。
だから運転免許証とグリーンカードを出すんだけど、
グリーンカードなんて便利なものを持ってないアメリカ市民は、パスポートを持参しないといけないんじゃないか?
他に写真付きの身分証明証を思いつかないんだけど。
自分の銀行だったら裏書きは名前だけでいいし、
キャッシュカードを機械に通すだけで身分証明証は必要ないんだけどね。
いかに銀行が自分とこの顧客じゃない人を遠ざけようとしてるかってことだと思う。

K銀行は、顧客じゃない人が持って来た小切手を現金化するのに、7ドル50セント手数料を取るってことだった。
自分とこの顧客が振り出した自分とこの小切手だよ。
それを顧客じゃない人が現金化するのに、なんで手数料取るの?
もちろんNo way!ってつぶやいて自分の銀行に行きましたよ。

とある振り出し銀行Bに行った時は、ドライブスルーしか開いてなくて、
人生で初めてドライブスルーバンキングというものをやった。
窓口がカーブのすぐ後に作ってあるもんで車が窓口ギリギリに停められなくて手が届かなかったので、
結局車から降りて寒い中窓口に立たされて、全然ドライブスルーの意味ないし。
それに、なんと小切手に人差し指の指紋押捺まで要求された。

「なんか犯罪人扱いされてる気がする」と言うと、
とてもそっけなく「誰にでもお願いしてるから」ってことだったけど、
もちろんその銀行の顧客にはそういう要求はしないはずよね。やな感じ。

再びB銀行に行った時、またドライブスルーを利用すると、
「ドライブスルーでは小切手は現金化できないんですけど、今回はやってあげます」って恩着せがましく言われた。
「え?ロビーの方は開いてるんですか?
前は閉まってたから今日もドライブスルーを利用するしかないと思ったんだけど」
と言うと、
「とにかく今回はやってあげるから」ってことだった。

で、今日、またB銀行を利用するのに駐車場に車を停めてロビーに行こうとすると、閉まってるじゃないのよ。
土曜日に開いてるのはやっぱりドライブスルーだけ。
なんかかちんと来て、ドライブスルーの窓口まで歩いて行った。
で、
「前回来た時はロビーに行けって言われたのに、
土曜日は開いてないってことは私はこの小切手は現金化できないってこと?」と文句を言うと、
小切手を見て、たぶん降り出し銀行が自分たちだからだと思うけど、「できますよ」ってことだった。
人によって言う事が違うのは、職務内容を熟知してない人がいるってことだよね。
でも、今回は裏書きのサインを漢字の他にも「アメリカの文字」でやってくれって言われた。
他の銀行でそんなこと言われた事ないのに、またそれでかちんと来た。
それでミミズが這ったような絶対読めないサインをしたけど、
それは「アメリカの文字」だとみなされたみたいで受け付けられた。

で、奥から現金を持って来てくれた、もう20年前に定年退職しててもよさそうなおばあちゃん行員に、
「ここにくるたびに違う人から違う事言われるんですけど、
私が顧客じゃないから小切手の現金化は歓迎されてないってことですか」と言うと、
「ああ、そんなことないのよ、ハニー。気を悪くしないで」ととっても優しく言われた。
でも、まだ気持が収まらなかったので、
「指紋押捺だって犯罪人扱いですよねえ。振り出し銀行を替えてもらおうと思ってるんですけど」と続けると、
「ダーリン、そんなこと言わないで。あれはみんなにお願いしてる事なのよ。
私はもうあなたの事を覚えたから、これからいやな思いはさせないわよ。
私にはとってもいい日本人のお友達がいて、もう30年もお付き合いしてるのよ」って事だった。
唐突に日本人のお友達がいるって言われて、なぜか「ふーん、そうなんだ」と怒りの矛先を納めてしまったけど、
後から考えると、「だから私は人種差別でこんな事やってるんじゃないのよ」ってことだったのかもしれない。
深読みし過ぎか?

自分の銀行に行けばものすごく簡単に現金化できるんだけどね、あはは。

次回行った時、何を言われるかちょっと楽しみだったりして。
2010/01/12

考えているようで

考えているようで、何も考えてない。

でも、もしかしたら考えているのかもしれないと思わせるきりりとしたまなざし。

でも、やっぱり何も考えてない。

はんさむ  「散歩はいつかな、って考えてます。」
2010/01/11

おいしい中華料理店、没す

今日映画を見た後で、メロンと食事に行った。
どこに行こうか迷ったあげく、
デンバーの西北部にあったおいしい中華料理屋Chopsticks(「箸」の意味)が移転した先が先日わかったので、
そこに行こうということになった。

前の店は小さくてインテリアにもそう気を遣ってなくって、
スタッフは全部中国人(系)で客もほとんどが中国人だった。

それが新しくなった店に行ってみると、まずインテリアが凝っててすっごくきれい。

まずい。

バーカウンターなんかある。

まずいっ。

そのバーには白人のバーテンダーがいる。

まずい!

それに客は白人ばかり。

まずーーーーーーーーーい!


客が中国人だとレベルは落とせないでしょ。
でもアメリカ人だと、そりゃ料理もアメリカ人の舌に合わせてレベル落ちるよね。
それにメニューからFlaming Intestine(直訳:火に包まれた腸)がなくなってるし。
どうも辛いスープのモツ煮込みみたいなんだけど、
いつか食べようと思ってたのに、客がアメリカ人だけになったらこんなのも当然なくなるよねえ。

きっと経営も変わってコックも変わっちゃったんだよねえなんて言ってたけど、
悲しいことに味も確かに落ちてた。
まずくはないけど、うちの近くのお高いミンダイナスティーよりはおいしいけど、
でも前が★★★★★だとしたらいまは★★★。

ああ、悲しい。
でもまだ私達にはスターキッチンがあるから。それが心の支え。
あそこがなくならないように、せっせと通わなきゃ。(なんてね。)
2010/01/11

It's Complicated (恋するベーカリー)

昨日ヴィニーからお誘いがあって、今日は「恋するベーカリー(原題It's Complicated)」を見て来た。
こういうロマコメは、私が見たいと言うとメロンに鼻で笑われそうなので
ヴィニーが誘ってくれると本当に嬉しい。メロンもヴィニーにはいやとは言わないしね。

お話は、メリル・ストリープとアレック・ボールドウィンとスティーブ・マーティンの恋模様。
メリル・ストリープとアレック・ボールドウィンは元夫婦で、
スティーブ・マーティンはメリル・ストリープの家の増築を請け負う建築士で彼女に惚れてる。

見たくない人は全然見たくないかもしれん。
若い人だと、こんなきれいでもないおじさんとおばさんの絡み合いなんか見たくもないって思うかもしれないけど、
でも、むっちゃおもしろかったのは、やっぱり私の年齢のせいかねえ。

日本だと若い人にウケなさそうだから入りがどうか心配だけど、
アメリカはやっぱ「もう私もXX才になったからこういう事はやめないと」なんて考える社会じゃないから、
熟年の恋愛も全然オッケーなのね。
メリル・ストリープも、日本ではあのかぎ鼻が全く受け入れられないと思うけど、
こっちじゃそう醜い部類にも入ってないみたいだし、
中野翠の言うように「あたしってうまいでしょ」演技が鼻につくと言って嫌われてる様子もあまりないと思う。
なんでもこなせるとにかくうまい女優って評価が大方じゃないかな。
歌も歌えるコメディーもできる、常に大衆の見たいと思う映画の真ん中にいる「大御所」って感じかね。

そのメリル・ストリープは、全く年齢を隠さず、しわもたるんだ肌も遠慮なくアップで見せてくれて、
見たくない人も多いかもしれんけど、私はすごいなこのおばさん、とものすごく感心した。
だって、アレック・ボールドウィンは若い女と浮気して彼女を捨てたって設定なわけで、
メリル・ストリープはまぶたのたるみや体の線の崩れを引け目に感じる女の役だから、
これが「そう言いながらきれいやん、あんた」って女優だったらまったく面白くないわけ。
それが、掛け値なしに普通のおばさんだからね。見てる女性もものすごく共感できるわけですよ。

そして、映画を見た後で調べてみると、なんと彼女はもう60才‥‥
60才でこの役をやるとはおみそれしました。
しわが多いなんて思ってたけど、60才(しかも白人)だったら立派なお肌です~。

いや、しかしアレック・ボールドウィン。
20年前の彼はむちゃくちゃかっこ良かった。
それがどんどん太って、もうこの人ダメやんと思ってたけど、コメディーで生き返るとはねえ。
もうね、最高よ。スティーブ・マーティンよりコメディアンぶりが立ってた。


あの頃
昔 はあああ~~、いい男~~~♡♡♡

メロンの友達のマーサが、ニューヨーク大学でアレック・ボールドウィンと同じ演技のクラスに通ってたって。
ええええええええええ、こんなゴージャスな男子が近くにいたら、あたし勉強できないっ!!!
(あ、だからマーサも今女優じゃないんだ。)


そして今
今  

肉の付きすぎたぷよぷよのおじさんが可愛いと思えるようになったのは、あなたのおかげよ、メロン。


おまけ

krasinski
メリル・ストリープの長女の婚約者の役で出てくるジョン・クラシンスキーがむっちゃ可愛かった。
映画が始まる時のクレジットで、ヴィニーが「この子いいのよ~」って言ってて、
あたしゃ名前も知らんわ~と思ってたけど、いや~、ほんといいわ。
元夫婦の秘かな情事に一人気づいてしまった彼が、
自分の婚約者や他のきょうだいに気づかせまいとあたふたするのがとってもうまい。
それに、彼女の家(つまりお母さんのメリル・ストリープの家だけど)に泊まって、
自分のパジャマがないので彼女のTシャツをパッツンパッツンに着て
キスマークのプリントのつんつるてんのフランネルのパンツをはいてる彼の可愛いこと。
コメディーセンスのあるイケメン俳優って点数高いよね。

といえば、Back to basicsでヒュー・グラントの新作見ないとねえ。
これはたとえヴィニーでもメロンを誘い出せないと思うので、私一人で見に行かねば。
2010/01/11

ごまクッキー

以前小メロンに頼まれて作った、マーサ・スチュワートのレシピのクッキー。
バターの一部にピーナッツバターを使って、トップにはラズベリージャムを乗せたやつ。

ピーナツバタクッキー

これだとナッツアレルギーのメロンが食べられないので、
ピーナッツバターを練りごまに替えたらいいんじゃないかと思って今日作ったのがこれ。

ごまクッキー

ラズベリージャムの代わりにセミスイートチョコレートを湯煎して乗せた。
ついでに、前回作ったクッキーは甘過ぎたので、砂糖もちょっと控えめにした。

なかなかおいしい。
これはうちの定番にしよう。
2010/01/09

キッチンのリモデル予定してます

私とメロンが住んでるこの家は、抵当流れで銀行のものになった誰かの家を不動産屋が安く買って、
リモデルして売りに出されたものだったので、古い家の割にはまあほどほどにきれいになってた。
でも、いろいろとやり直すところはあるとは思っていたけど、台所のお粗末さにはあきれっぱなし。
新しくしたばかりのはずなのに、カウンターのタイルはぼろぼろ落ちてくるし、
水回りはタイルの下の木の板が水を吸ってふくれあがって、タイルが持ち上がってるし。

ご覧あれ。

だいどこ

不動産屋の女性のダンナさんがハンディーマンをしてるということで、
その人にやらせて安くあげたんだろうけど、プロの仕事じゃないねえ。

その上はめ込みの電子レンジは壊れたし、食器洗い器は古くてうるさくて排水が良くないし、
レンジも電気でコイルぐるぐるのやつだからガスのに変えたいし、
思い切ってリモデルをすることにした。

で、この調理台と壁に貼ってある天然石のタイルが黒と茶色で暗~~~~~いもんで、
それを全部はがして新しい調理台はこんな感じになるはず。

STARON

いや、うちのはこんな素敵なキッチンじゃないけどさ。
でもデニムっぽい色で白木のキャビネットにも合うから、今よりもっと明るくなるはず。
抗菌、耐熱の100%アクリルで一枚板だから、
メロンのチェリーパイやG.B.のビスケットなんか作ってもカウンターの掃除は楽だよね~。
壁の部分は業者に一緒にやってもらえないらしいのでイタリア人のハンディーマンのエツィオに頼んで、
一枚1ドルくらいの安いタイルで模様なんか作っちゃって芸術的に仕上げてもらう予定だけど、
困った事に彼がつかまらない。
今のタイルをはがして壁を新しくしてからじゃないと調理台も替えられないので、
ありとあらゆる手を使って探さないと。

そうそう、先週行ったバス・キッチン施工の店で見たとっても素敵なカウンター。

青のカウンター

この写真じゃ色がちょっと明るめにでてしまってるんだけど、
実物はもうちょっと落ち着いたブルーで、白いつぶに見えるものはきらきらと光ってて、
いつまでもいつまでも眺めていたい感じだった。
うちにはちょっとゴージャス過ぎるから値段も聞かなかったけど、
いつか宝くじが当たって別荘買う時はきっとこれね~。
2010/01/09

でこぼこフレンズ

赤ちゃんが好きだからとか言いながら、実は自分が夢中になってる「でこぼこフレンズ」。

はなはなマロン

はなはなマロン、ちょっと面長。

2010/01/08

鼻
2010/01/08

セビリアの理髪師

こないだ新聞を読んでたメロンが、
「あ、『セビリアの理髪師』がデンバーであるみたいだよ」と言った。

オペラは私一度も見た事がないんだよね~。
メロンとしばらく一緒に住んでたイタリアのアパートの近くには
大変立派なドニゼッティ劇場ってとこがあったんだけど、前を通り過ぎるだけ。
ドニゼッティ劇場の横にあった宝くじ売り場にはよく行ったけどね。ぐふふ。

「セビリアの理髪師」は昔「トムとジェリー」にはさまれた二回目のアニメでよくやってたのよね。
マジシャン扮する指揮者のせいで、まともに歌えない犬のオペラ歌手のやつ。




♪フィーガロフィガロフィガロって歌ってるから、小さい頃はこれが「フィガロの結婚」だと思ってたけど、
「セビリアの理髪師」からのアリアなのでした。

こんなアニメでやるくらいだから、取っ付きやすい初心者用のオペラなわけよね。
見に行きたいよね~~~。

というわけで、今日チケットを買った!
一枚67ドルで四階席(最後方セクション)の前から4番目真ん中あたり。
一番高いチケットなんて160ドルだよ~~~。(一番安いのは30ドル。)

途中でメロンに電話すると、
「え?安い席でも67ドル?そんなに高いお金出してまで見に行きたい?」なんて言われちゃって、
私、今まで相当いろんなお金を出し渋ってたんだなと反省してしまった。
きっと私のしぶちんがメロンにもうつってしまったんだよ。

「ちょっと、あんた、オペラだよ、オペラ!ある程度の金額出して当たり前じゃない!」
と喝破して、無事行くことになったんだけど、
でもたったの67ドルですよ。
劇場もそんなに広くなさそうだから、後ろの席と言ってもそれほどステージから離れてないような気もする。

それにデンバーって、オペラが見られる都市の中で一番おしゃれ度が低い気がする。
なんか、気張らず見に行けそう。(ま、4階席ってあまり気張らない人達の席でしょうし。)

うっきっき。
2月が楽しみ。
2010/01/08

困った子ちゃん、その後

眠り込んでて車を返さなかった事件から丸一日以上も立つのに、
小メロンは昨日の夕方になっても自分の部屋から出て来なかった。
大体そういう時は眠りこけてるんだけど(とにかくよく寝る。四十三年寝太郎)、
今回はああいうことがあっただけに「まだすねてんのかよ、まったく」と私もあきれていた。

で、食事を終わって、メロンは地下でテレビを見て、私は一階でメールをしてると
小メロンがようやく姿を現した。

「あ、俺の分のメシある。チキンか。おいしそう」と、普通に話しかけて来たので
ようやく平静な気分になったんやねと、こっちもちょっと安心した。
やっぱり家族がぎくしゃくしてるのは居心地が悪いもんな、と思ってると、小メロンが

「俺、謝らないといけないことがある。」

確かにやつはアレ以来私には謝ってなくて、私もそれに関してはかなりあきれてたんだけど、
そう面と向かって言われるとどうしていいのかわからない。

一瞬たじろぐと、


「俺、ジンジャークッキー全部食べた。それと牛乳も全部飲んだ。ごめん。


おい。それかよ。


ま、なんつーか、やっぱどっか憎めないんだよねえ、こいつ。
頭の回転も速いし、性格もいいんだよ。

これから大成してくれとは言わん。
ただ、経済的に自立して私らに頼らんでくれ、ハハは思うのであった。
2010/01/08

ギフトショップ、その後

私の編んだ作品を取り扱ってくれんかと持って行ったギフトショップから、ずっとなんの音沙汰もなかった。
2週間内には取り扱うかどうか連絡をくれるはずだったのに、
もう3週間以上にもなるけど電話もメールもない。
ま、家からすぐそこだからこっちから出かけていけばいいんだけど、
ちょうどクリスマス前の忙しいシーズンに当たってたので、なんとなく気が引けて行かないままだった。
でも、私の場合は写真じゃなくて実物を持って行ってるので、
売らないってことであれば引き取りに行かなきゃと思ってたら、昨日そのギフトショップから何か送って来てた。
ん?もしかして同意書のコピーを送って来たとか?と封筒を開けると、
小切手が入ってた。

額面5ドル。あはは。

品物が売れたらその売り上げは一週間に一度小切手を送付するって同意書に書いてあったけど、
もう取り扱ってくれてるらしいな。
売れたのは帽子じゃなくて、ペンケースか。
スーパーのレジ横に置いてあるチョコとかガムみたいな感じで、
あ、じゃこれもついでに、みたいに買ってもらったらいいなと思ってたんだけど、そんな感じで売れたのかな?

子供用の帽子が売れないみたいだったら(6-9ヶ月の子供用のしか作ってないから)、
サイズをいくつか作ってみるとか、いっそのこと大人用にするとか考えてはいるんだけど、
そのあたりもお店の人と相談したいしね。
やっぱお店においてもらうんだったら売れるもん作らないとダメだしね。

今週末は行って相談してみよう。
なんかいいもんがあったら、自分でも買いたいし。

へらじか

↑ 前回クリスマス前に行った時に買ったステンドグラスの置物。
犬だ!可愛い!っと思ったらヘラジカだったらしいけど、それでも可愛いので買っちゃった。
これも近くに住む「ステンドグラスアーチスト」が作ったものらしい。アートの敷居が低いよね。
私も「かぎ編みアーチスト」って呼ばれちゃうかも♡

2010/01/06

困った子ちゃん

昨日は小メロンのオフの日。
そして、朝私達が家を出る前まで帰って来ず、またメロンはバスで会社に行くことになった。

これで朝までにちゃんと車を返さなかったのはもう三度目。
前回は先週のオフの日だったんだけど、メロンが怒りまくって電話すると、
小メロンは当然まだ寝てて、特に起き抜けは不機嫌なので「なんか文句あっか」と言い返したらしい。
さすがに朝の不機嫌が通り過ぎるとまずいと思ったらしく、メロンに電話をして謝って来たらしいけど。

今回もメロンは電話したけど、応答なし。
後から、アラームはちゃんとセットしてたけどぐっすり寝てて聞こえなかったと言ったそうだ。

そんな言い訳、社会では通用せんぞ。
メロンはあまり強く言わなかったらしいけど、私は許さん。
大体、同じことを三回も繰り返すってどういうことだ??
しかも、自分のせいで人に迷惑をかけるってわかってるのに。
しかも、車のローンもガソリン代も、やつはなーーーんにも払ってなくて、
車は私達の好意で使わせてやってるのに、この傍若無人な使い方!

昨日はお昼頃家に帰って来たらしいけど、
メロンを迎えに行って帰って来た後、夕食前から自分の部屋に閉じこもって全く顔を見せなかった。
メロンが言うには自分のやってしまった事が気まずくて顔を合わせられないんだろうって言うけど、
わかっとるならきっちりオトシマエつけんか、このド阿呆!って感じ。
私達の信用を取り戻すにはどうしたらいいか、ちゃんと考えて行動するべき大切な時でしょ。
部屋に閉じこもっとる場合じゃないって。
ほんとあたしが血のつながった親なら、今頃たたき出しとるわい。

というような事を小メロンに言うとバリバリ角が立つので、
やつのやっている事がいかに非常識であるかをメロンにわからせて、
簡単に許したら本人のためにならないのよとじんわりじんわり説いて、間接的に痛め上げようとしている私。

甘やかされた息子を正すには、まず甘やかした父親から。
楽じゃないわい。
2010/01/06

イグルー???

日本の東北地方には大寒波が来ているらしいね。
ソウルも30センチの積雪で市民生活が麻痺してるってニュースにあったし、
今日のラジオでは北京にも大寒波襲来って言ってた。

ここも寒い。
クリスマス前に降った雪がまだ溶けきれずに、
交通量の少ない道では完全に氷と化してスケートリンクみたいになってる。
明日はまた5-6センチくらい雪が降るらしい。

今グーグルでデンバーの天気予報を見てみたら、木曜日のお天気マークがイグルー‥‥
こんなん初めて見た(涙)。
予想最高気温はマイナス13℃‥最低気温じゃなくて最高気温よ。
「VERY COLD」って、言われんでもわかります~。
2010/01/04

モービー・マメスキー

昨日のデンバーポストにあった記事なんだけど、
「アニマルコミュニケーター(あるいはアニマルサイキック)」と呼ばれる職業の人達がいるらしい。

デンバーに住むヴィッキーさんは、
ペットの犬モービー君(ロットワイラーとラブのミックス)が全然エサを食べなくなったのがとっても心配で
理由を知りたいと思った。
で、友達からペットの気持を伝えてくれる「アニマルコミュニケーター」と言う人達がいるという話を聞いて、
パムさんに連絡を取った。
その時は、「なんとかしたい」という気持よりは、
そりゃいったいなんじゃという興味津々の気持の方が強かったのは否めなかったらしい。

で、やって来たパムさんのひざの上に、モービー君は頭を乗せた。
いつもは警戒心が強くて、他人に対してそんなことはしないそうなのだ。
で、パムさんがモービー君から頭の中に受け取った画像は、インゲン豆。
それと、エサをもっとバラエティーあるものにして欲しいという要望。

それ以来モービー君のエサには豆が毎食入るようになって、それをぺろりと平らげているらしい。

セッション料は1時間で65ドル。

G.B.もねえ、サイエンスダイエットをやってた時はどんどん食べなくなったったしねえ。
何かの病気かもしれんとも思ってたけどビスケットはよく食べたし、
何かのついでに獣医に相談したら、食の細い犬もいるし、健康だから特に心配することはないって言われたねえ。
今はドッグフードを変えてよく食べるようになったけど、
G.B.にももしかしたら他に食べたいなあってモノがあるのかもしれん。
こういうアニマルコミュニケーター的サイキックな才能を持った人が獣医になってくれたらいいのに。

そういえば以前、日本のどっかの猿山で管理人かなにかやってる人のまだ10歳くらいの娘さんが、
猿の言ってることがわかるって番組を見たことがあるなあ。
猿が遠くで「おお~~ん」と鳴いてるのを聞いて、
「タマコ(鳴いてる猿の名前)が、お母さんが病気だから悲しんでる」なんてことがわかるのである。

この子とかシーザー・ミランとかは才能というより、小さい頃からたくさんの動物と接して来たから、
動物の感情がわかるんだろうなあ。
すごいなあ。
うらやましいなあ。
           シーザーミラン  ←犬の気持がわかる男、シーザー・ミラン

私なんか今まで猫2匹と犬1匹しか飼ったことないからね。
犬の気持がわかるようになるまでには、まだまだ先は長いね。
次へ>>

■  プロフィール

蓮姫さま

Author:蓮姫さま
蓮姫さま
アメリカはコロラド州デンバーに住む女。ロッキー山脈の近くでたまにやるウィンタースポーツは雪かき。

メロン
蓮姫さまのダンナ様。キュートな名前は、ウォーターメロンのような大きな頭ゆえ

G.B.
メロウな愛犬。ソリ引き犬と牧羊犬のミックス。

小メロン
メロンの息子。実はデカメロン。

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  最近のトラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリー

■  フリーエリア

記事と明らかに関係のないコメントは削除させていただきます。 ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

■  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■  ブログ内検索

■  RSSフィード

■  リンク

このブログをリンクに追加する http://ping.blogmura.com/xmlrpc/9kciydw10cet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。