蓮姫さまとメロンくんの「甘くない生活」

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/12/26

おっさんたちの寝クリスマス

クリスマスを祝わない人達(主にユダヤ人、中国人、一部の日本人←あたしだっつーの)がやるのは、
中華料理屋→映画に行くというコースらしい。
ユダヤ人人口の多いニューヨークではありがちなパターンで、
なぜ中華料理屋かと言うと、クリスマスに空いてる唯一のレストランだからだそうだ。
(今日マックを確認するのは忘れたけど、タコベルでさえ閉まってた。)
やっぱ同じ非キリスト教徒でも、日本人はアメリカ人と結婚してることが多いし、
自ら進んで現地の習慣にまかれていくけど、中国人は朱に交わらずゴーイングマイウェイで利益追求なのだ。
そして、それは少なくともクリスマスに限っては間違ってない。

さて、クリスマスを祝わない人コースの前半部分を無事終わったメロン。
家に帰ってきてしばらく幸せな午睡を楽しんだ後、「じゃあ、次は映画だよね」と言い出した。
私にはそんなつもりはさっぱりなかったので断ると、
「だって、クリスマスは人が少ないから映画に行くのは絶好のチャンスなのに!」としつこいので、
「小メロンと行けばいいじゃない。あたしゃその間一人でカヴァ飲むよ」と断固として断った。
小メロンも実はとっても映画な気分になってたみたいで、
やっぱりこっちも長い昼寝から目覚めた後、「シャーロックホームズ」を見る、と二人でいそいそ出かけていった。
そして、15分もすると帰って来た。
財布でも忘れたのかと思ってると、
「駐車場満杯。どの映画もどの回も売り切れ」だったそうだ。

で、今おっさん二人はペイパービューで「ハングオーバー」と「レッドクリフ」の二本立てを楽しんでいる。
もしかしたら三本立て、四本立てになるかもしれない。

寝クリスマスとでも言うんですかね、こういうの。
スポンサーサイト
2009/12/26

We Open Christmas Day

クリスマスの飲茶。
クリスマスに限ってスターキッチンは予約を受け付けたらしいけど、
小メロンが電話しても電話してもつながらなかったらしくゴーショウすることにした。
作戦本部(あたし)が立てた作戦は、開店時間の10時に突撃することである。
朝が遅い小メロンは不満げだったけど、
「さもないとすぐ満席になって、延々と空しく待ち続けるだけである!」と言うと、過去の経験を思い出したらしく、
「わかった」と言う一言と共に作戦本部長の作戦は採用された。

そして今朝、当然のごとく小メロンから待たされじりじりしつつも、
10時に家を出発し、現地到着が10時22分。
この22分の遅れがどう作戦に影響するかと心配でならなかったけど、
幸い待つことなく無事着席することができた。
しかしね、あたしらが着席した10分後にはもうウェイティングの客が山のように群がっていた。

           群れ 非基督教的善男善女

郷に入っては郷に従えってことだよ。(注「中華料理店に行くときは日本人の言うことを聞け」ってこと。)

店もリキが入ってるね。カートが来る来る。お姐さん達の売り込みも激しい。
しかし、断る理由は何もない。食べられなければ持って帰るまでだ。どんと来い!

しかも今日の私には強い味方がある。
マイ箸である。
海外で中華を食べたことがある人はわかると思うけど、
スターキッチンのお箸も長くて先が太いプラスチックの中華箸だから、つるつるすべって食べにくいったら。
感謝祭に来た時に、「次にくる時は絶対マイ箸を持ってくるぞ」と思ってたのよねえ。

マイ箸 ← これも塗り箸だからすべるのはすべるんだけどね。割り箸持参がいいかも。

飲茶5 あさり(のような貝)の豆豉炒め
飲茶4 やたらに大きいニラまんじゅう、焼きそば、中華ブロッコリーのオイスターソース炒め
飲茶3  海老の湯葉揚げ、海老シュウマイ、肉シュウマイ
飲茶2  海老のスパイシー揚げ
飲茶1  (真ん中)スペアリブ、なんかの揚げ物(食べてないからわからない)、翡翠シュウマイ

あ~~~~~~、どれもんまかった。

クリスマスに飲茶ってうちの伝統にしようよ~~、と思ったけど、
今年が気分が乗らなかった分、来年は反動が来てアメリカ的クリスマスをしたくなるかもしれないしねえ。
今年って、よく見たらうちの壁には未だに秋用のディスプレーがかかってるんだよねえ。
台所にあるシルベスターとトゥイーティーのポスターのトゥイーティーにはサンタの帽子をかぶせてるけど、
これって去年からそのまんまなやつだし。

幸せなホリデーを過ごすには、主婦を幸せにしとかないとだめだね~。
続きを読む
2009/12/24

大失敗

とある全米チェーンのお店でとっても可愛いお皿の4枚セットを見つけて、
お友達のクリスマスプレゼントにしようと買ったのがもう1ヶ月ほど前のこと。
今日になってようやくラッピングしようと思って、
「千代紙みたいな柄で可愛かったんだよな~。もう一回見てみよう」と箱を開けると、
なんとそこには2枚しか入ってなかった。
ガガガ~~~~~ン。

最初から可愛いギフトボックスに入ってる商品で、
その箱の状態が一番いいものを下から選んで買った覚えはある。(日本人やねえ。)
でも、中に4枚入ってないなんて思ってさえいなかった。
よりによってディスプレーに使ってるセットを取ってしまったのかも。
でもさ、だとしたらそんな箱売り場においていかないでよ~ん。

そういえば、アメリカで卵を買う時忘れちゃいけないことは何かというと、
カートンを開けて(ちなみに一部のグルメ卵以外は未だに質の悪い紙の容器に入ってる)
中の卵が全部割れてないかどうか確かめること。
日本だったら容器はプラスチックだから外から見えるし、売ってる卵が割れてたなんてことないでしょ。
そんなんあったら即売り場から撤去でしょ。
ところがこっちはバリバリ割れてるんだなあ。
それと一緒?
中身をちゃんと確認するのは客の役目か。そっかそっか。

お皿を買ったお店に電話して説明すると、
同じものがまだあるのはここから38km西の方にある支店だけで、そこに来れるなら新しいものと交換するけど、
私が行った店には同じ商品はないないから他のモノと交換することになると。

今更他にプレゼントにしたいほど可愛いものが見つかるかどうかわからないので、
メロンを迎えに行った後二人でもうひとつのお店に行くことにして、そのお店に電話してみた。

そしたら「わかりました。お名前書いて取り置きにしときますね」って。

商品自体がその店の企画で作ったもので箱にちゃんと店の名前も印刷してあるからだとは思うけど、
レシートがないと交換できないなんてことも言われなかったし。
交換とか返品に関するカスタマーサービスって迅速で簡単なんだよね、アメリカって。
(普通はレシート必要だし、返品可能期限とかちゃんとあるけどね。)
ある人から聞いた話だけど、アバクロのTシャツをネットで安く買った後サイズが合わないってわかって
それをダメもとで最寄りのアバクロに持って行ったら快く返品に応じてくれて、
しかも、やり方がわからないからと定価分払い戻してくれたらしい。
ま、そうなるとカスタマーサービスがいいというよりただのダメ店員とも言えるかもしれないけどね。

とにかく、よかったよかった。
アメリカに住んでる皆様は、何事も箱の中身の確認をお忘れなきよう。
2009/12/23

ホワイトクリスマス?(中止ですけど)

今日火曜日の夜から雪が降り始めて、明日までには10センチくらい積もるらしい。
明日の最高気温は-4℃、あさっては-7℃の予定。どっちも雪の可能性あり。

去年までの無邪気な私だったら「え~~?ホワイトクリスマス~~?」なんて喜んでいたかもしれないけど、
今年の私は働く女なのである。24日は職場に行かねばならないのである。
雪になんか降られたらたまらんのである。
クリスマスも中止したことだし、雪も止まってくれんかの。

もう一ヶ月も前、赤ちゃんちから家に帰ってくる途中NPR(ナショナルパブリックラジオ)を聞いてたんだけど、
サンタ協会みたいなところの人が出演してて、
「全国のサンタ達は子供と接する機会が多いから新型インフルエンザの予防接種優先グループにはいるべきだ」
と言ってた。
サンタ協会(正確な名前は覚えてないんだけど)なんてモノがあるって知らなかったけど、
全国のショッピングモールなんかで「サンタがやって来る!」なんつーイベントで
サンタ役として働く人達の組織でしょう。
しかし、この放送はちょっとまずいんじゃないか?だって「全国のサンタ達」なんて言ってたもん。
放送を聞いてる子供がいたら「おかあしゃん、シャンタしゃんって一人じゃないの?」なんてわなないちゃうよ。
ま、でも、NPRを聞く子供なんてそうたくさんはいないか、と思っていた。

そしたら、翌日、やっぱり仕事から家に帰る途中だったけど、NPRが訂正放送をするじゃない。
「昨日はサンタクロースが何人もいるという誤解を招くようなことを放送してしまいましたが、
NPRを聞いてくれている何千人ものお子さん達に申し上げます。
サンタクロースは一人しかいません。」

ああ、大笑いしちゃった。

でもさ、子供の夢にちゃんとつきあってくれる大人って、いいよね。
2009/12/22

ボーイフレンドシャツ

女の子にはちょっと大きめでごつい服やアクセを「ボーイフレンドなんとか」と呼ぶと知ったのはつい最近のこと。
シャツとかジャケットとかジーンズとか腕時計とか。
私が若かった頃はそんな風には呼ばれてなかったと思う。
というか、そういうカテゴリー自体なかったと思う。
(もちろんほんとにボーイフレンドから借りたものとかは着てた子はいたでしょうよ、ふん。)

さて、昨日何となく停戦状態に入った後、メロンが自分はもう着ないからと
厚手の長袖Tシャツ(と言うか薄手のトレーナーと言うか)をくれた。

あれ、これってボーイフレンドシャツ???なんて思いながら、
今朝着てみて思った。

若くてきゃしゃな女の子が着るから「ボーイフレンドシャツ」って素敵な名前で呼べるのであって、
私のような太めのおばさんが着ると、ただの体型隠しのダボシャツでしかないのであった。

贅肉は敵。
いやいや、なんて当たり前のことを忘れていたやら。
2009/12/22

お~いぇ

9ヶ月の赤ちゃんが最近口にするようになったのが「お~いぇ」。
Oh, yeahじゃないのはわかってるけどね。

「ありゃ、君うんちしたでしょ。」
「お~いぇ。」

「うんち姫、こっち来なさい、おしめ替えましょ。」
「お~いぇ。」

と、このような会話を楽しんでます。
2009/12/22

不覚!

前項を書いた後、メロンから電話があった。

「昨日あんたが言ったことについて考えたんだけど、クリスマスをお祝いしないって。」

「なに?」←構える。

「いつものやり方じゃなくてさ、ちょっと変わったやり方でお祝いしてもいいと思うんだよね。」

変わったやり方でお祝いしたと言えば、こないだの感謝祭。
二人で街一番の中華料理店に行ったのであった。
              注)街一番とは「街で一番高級」ではなく「一番チープでおいしい」

「たとえば‥‥中華料理屋に行くとか?」

「当たり。」

「いぇ~~~~い!いぇ~~~~~い。いいんじゃない~~~~~。」


不覚にも喜んでしまった。
家族の団らんなんていらないと思ってたのに。ちっ。
でも小メロンが来ると皿数が稼げるからね。

ま、この辺りが落としどころかなと、ね。
でも、プレゼントは用意しないからねっ。
だっていまさら面倒くさいんだも~~ん。
2009/12/22

今年のクリスマスは中止になりました

先週はずっといや~な思いをしてた。
小メロンが私達に迷惑をかけるようなことをして、当然私はそれが気に入らなかったけど
口にするといろいろ面倒なので黙っていた。
でもメロンは黙ってしまった私の態度に過剰反応して(人間やましい気持ちがあると過剰反応するものよね)、
いきなり怒鳴りだした。
怒られるべきなのは小メロンの方なのに、怒りのベクトルはいつも私に向かう。
迷惑だと思う私の方が悪いと言うわけ。

「友達の家で飲み過ぎてまだ酒が残って運転できないから帰れない」って
朝のクソ忙しい時にいきなり車が一台使えないって、はっきりきっぱり迷惑なんだよっ!!

メロンは今までずっとずっとずっと小メロン(43歳独身一文無し保険なし車なし将来の展望なし!)を甘やかして
将来のことを考えさせることをして来なかった自分の責任に気づいてはいるけど、
方向転換して小メロンとの間に軋轢を起こすのが恐いから気づかないふりして、
日々甘やかし続けていい父親のつもりでいる。
だからそれを指摘されると激怒する。

「人という字は一人と一人が寄りかかって~」なんっつーけど、
それじゃどっちかがいなくなったら倒れてしまうやんけ。一人で立てないの?
そんなでろでろ~~んと寄りかかった父子の横で、私は少し離れて??????と思っているはてなマークである。

               人←? (間にあるのは矢印でなく槍です。)


ってなわけで、その前の冷戦もあったし、今回はもっと激しい戦闘に入ったので
クリスマスのことを考える気にはならなかった。

で、昨日ようやく停戦に入ったけど根本的な原因が解消したわけではないし、
私はメロンに宣言した。

「今年はクリスマスやらない。
プレゼントもあげないしいらない。トニトニが誘ってくれるんだったらあんたら二人で行ってきて。
私は家にいる。」

大体クリスマスって家族団らんの時間でしょ。
団らんしたくないのよ。
夫婦喧嘩してる時、妻は旦那の実家に帰省なんてしたくないよね。それと一緒よ、ふんっ。


「それってやり過ぎだと思う。」

「やり過ぎではありません。」


だってあたしクリスチャンじゃないもん。クリスマスを祝わなきゃいけない理由なんてないし。
自分たちだって普段から「もう自分の意志でクリスチャンであることをやめた」なんて言ってるくせに、
なんでクリスマス祝うかなあ。

クリスマスは韓国人経営のスーパー銭湯で一日過ごそうか?
うわっ!グッドアイデア!と思ったけど、韓国人はクリスチャンが多いからお休みするかなあ?
中国人経営かユダヤ人経営のスーパー銭湯がないかなあ。だったら絶対開いてると思うけど。

とにかく、今年のクリスマスは中止なのである。
2009/12/16

ミニーミー

G.B.縮小モデル

ミニーミー  右手にベーコン、左手にビスケット、そして唇にはほほ笑みを


僕と僕  「俺はこんなふざけた顔してねえよ」とばかりにやたら真面目な顔してるG.B.

2009/12/16

売れればいいな、ケーキ帽子

9月くらいに近くの公園でエコに関するイベントというのがあって、
メロンは仕事で行けなかったので私と小メロンとG.B.が特命を受けて行ったことがあった。
イベント自体は全くたいしたことがなかったけど、
うちのすぐ近くのギフトショップのオーナーって人が机を出してて
手作りの品を売りたかったら持ってきてみたらいいって名刺をくれてたので、先週の土曜日に行ってみた。

で、赤ちゃん用の帽子を作ってるんだけどというと、赤ちゃん向けはあまり売れないのよね~とは言いつつ
納品に関する説明書をくれて、翌日の日曜日に作ったものを見せるってことになった。

説明書によるとまずは写真を持ってきて、
それから取り扱うかどうかの検討の後、2週間内に連絡をくれるってことだったけど
あいにく今うちのプリンターが壊れてて修理する予定も新しいものを買う予定もないので、
実物を持って行った。
その日店にいたのは共同経営者であろうダンナさんの方で、帽子を見てとても可愛いと言ってくれた。
説明書には「どこにでもあるものじゃなくて、とってもユニークなものを求めている」って書いてあったけど、
私の作るケーキ帽子は、なかなか他には売ってないと思うんだけどねえ。
奥さんの方も気に入って取り扱ってくれるってことになったら嬉しいんだけどな。
そしたらネット販売で自分で発送とかしなくて済むし。


カシスムース  カシスムース
チョコレートムース  チョコレートムース
パイナップルケーキ  パイナップルアップサイドダウンケーキ
ストロベリーショートケーキ  ストロベリーショートケーキ

以上は6-9ヶ月の赤ちゃん用だけど、
もし赤ちゃん物が売れ行きが悪いってんだったら大人用でも作りますよと、
こないだの太極拳のパーティーのプレゼント用に作って結局使わなかったクリスマスケーキも持って行った。

クリスマスケーキ  大人用クリスマスケーキ

あ~、取り扱ってくれたいいなあ。
2009/12/13

赤白青ケーキ帽子

去年の今頃うちに遊びにきた会社の後輩のヨーダツナミが2月にお母さんになる。
んで、3ヶ月くらいまでの赤ちゃんの服をたくさん買ってきて送って上げることにした。
新品じゃなくて、チャリティーショップで中古を買ってきたんだけど、
赤ちゃんのものなんて2-3ヶ月で使えなくなるから、使い古しと言っても新品に近いし。
それで13枚買って14ドル。
チャリティーショップ万歳だよ。
箱詰めする前に写真撮ればよかった。失敗失敗。

ケーキ帽子も赤ちゃんにいっこ編んだ。
ヨーダツナミは米軍基地の近くの出身で、学生の頃は基地で働くのが夢だったなんて言うアメリカ好きなもんで、
赤白青でメリケンっぽくしてみた。
ラズベリーとブラックベリーのケーキかな?
7月4日の独立記念日にはかぶれるくらいになってるだろうと思うけど、予定外に頭がでかくありませんように。

                 赤白青帽子

2009/12/12

はちみつは蜜の味

今朝お弁当を作ってると、シャワーから出たばかりのメロンが台所にやって来て
私に「大丈夫?」と聞いた。
別に咳してたわけでもなし、何か大きな物音をたてたわけでもなし、
「なんで?」と聞くと、
「だって、僕が大丈夫じゃないから」だと。

「なんか、いやな夢見たみたいで、どんな夢かは覚えてないんだけど、
すべてが正しい所にないみたいっていうか、なにもかも間違ってるっていうか、
それを正したくてしょうがないけどどうにもできないっていう、あの感じ。わかる?」

「‥‥わからん。
でも、はちみつなめたら?」とスプーンを渡した。

メロンが小さい頃風邪をひくと、
大好きだったおばあちゃんがいっつも「はちみつをなめなさい」と言ってたらしい。
それで私が三回咳をするとメロンはいっつも「はちみつなめろー」と怒るので、
ちょっとカウンターパンチを打ってみた。

それに甘いもの摂ったらなんかそういうイガイガした感じが治まるかなと思ったし、
メロンははちみつ好きだし。

「お‥‥いいかも」と、スプーンを受け取ってカウンターの上にあるくま型チューブのはちみつを取ってなめると、

「ああああ、効く効く~~~~♪」

速攻でんな。

「はちみつなめるってのはすっごくいい思いつきだけど、どっからヒントを?」
「‥‥うちのダンナがね、はちみつ好きなんで。」
「ええ、最初のダンナさん?」
「そ、最初のダンナ。(てめえだよ。)」

大好きだったおばあちゃんのはちみつは、いまでもメロンを癒してくれる。
おばあちゃん、いつか宝くじの当たり番号も夢でメロンに教えてね。
2009/12/12

虎のピエール

気がつけば来年は寅年。
そして私は寅女。いや、年女。

ってなわけで、虎をあみぐるんでみた。
(Amigurumiって英語で使われてるのよ。びっくり。)


ピエール1  ピエール2

ベレー帽をかぶせたらバゲットも持たせたくなってしまったけど、
そうなると名前はピエールでしょう。

来年はおいしいバゲットを食べにパリに行けますようにという私の願いがこもっている。
2009/12/09

Burp like breathing

メロンはげっぷをしても謝らない。
別にそれでメロンを責めるつもりはないんだけど、でもあくびをすると必ずExcuse meと謝るんだ。

ある日、なんであくびは謝るの?と聞くと、ちょっと恥ずかしそうな顔して
「これからはげっぷをしても謝るから」と言った。
そして、しばらくはとっても意識して謝ってた。

でも、今、ビールを飲みながらミニプレッツェルを食べて、ぐええええええっぷと立派なのをひとつやったが、
何もなかったようにプレッツェルをぼりぼり食べ続けながら雑誌を読んでいる。

Burp like breathing.  
呼吸をするようにげっぷする。

きっと自分がげっぷをしたことさえ気づいてないんだと思う。呼吸と一緒だから。

ちなみに小メロンも呼吸をするようにげっぷする人である。
地下から一階にどすんどすんと上がってきて、階段を上りきったところでぐえええええっぷである。
三歩歩いてはまたぐえええええっぷである。
犬のマーキングみたいだなと思う。

この二人がいる限り、アメリカの温室効果ガス17%削減は無理だと思う。
2009/12/09

当てられ逃げ事故

昨日、子守りを終わってチェリークリークにメロンを迎えに行く途中、
幹線と幹線の交差点の赤信号で止まろうと直線レーンをゆっくり走ってた時のこと。
私の8m位前には白いバンがこれまたゆっくり走っていた。
すると、すぐ横の左折レーンに止まっていた黒いSUVが車線変更して直線レーンに入ってきて、
白いバンにぶつかって両者がっがっがっとサイドをこすってしまったのだ。
薄闇から暗闇に変わろうかと言う午後5時過ぎで周りが見えにくいとしても、
もう車線変更禁止区域に入ってるのに、後ろから車が来てるのに気づかず車線変更してぶつけるなんて、
あまりにアホ過ぎる。

しばらく両者止まったまんまにらみ合い。
さて、事故現場のすぐ後ろにいる私はどうするべきか、と思っていたら、
なんとぶつけられた方の白いバンは右折レーンに入ってそのまま走り去った。

とまどう黒いSUV。
いやね、多分とまどってたと思うんだけど。
バンを追いかけようとしたのか少し遅れて右折レーンに入ったけど、
その時には交差する道路の方の信号が青になってSUVはなかなか右折できず、追跡は不可能となってしまった。
バンがどっか車を停められる道で待ってるのかもしれないとも思ったけど、
だったらわざわざ右折せず直進したらすぐにチェリークリークの住宅街に入るので、
そっちに行った方が簡単なはず。
よって白いバンは逃走したと思われる。

でも、なぜ?
白いバンの方がぶつけられたのに。

自動車保険に入ってないとか無免許だったとか、後ろめたい状況だったんだろうというのがメロンの意見。
そんな車ごろごろいそうだもんねえ。

もしかしてバンの方がまだライトをつけてなくて、それでSUVは気づかずに車線変更したのかも、
なんて思ったりもしたんだけど、だとしたらどっちが悪いんだろう。

しかしね、ぶつけられて傷がついているかもしれないのに「かまわない」と走り去る車。
これもちょっとうらやましかったりするな。
2009/12/08

きりり

うちの男衆の中で一番ハンサム。

きりり  きりり
2009/12/08

赤いマグマと紫のくま

先々週から風邪をひいてた。
でも超初期に気づいたので、ビタミンCと風邪薬とで早々に治る予定だったのに、
先週の木曜の気温零下10℃くらいのクソ寒い夜にメロンのせいで外出するハメになった。
しかも、それは風邪をひいてる小メロンに寒い思いをさせるわけにはいかないという理由だったわけで、
んじゃあその代わりに風邪をひいてる私だったらいいのかっ!!!!と怒りのマグマが真っ赤に渦巻く中、
さらに、私が車のキーのどっかのボタンを押してしまって防犯ブザーをビービー鳴らしてしまって、
それにパニクったメロンが怒鳴りまくったもんで、私のマグマは一気に噴出した。

「おのれの息子のために風邪を押して外出までしてやった私に怒鳴りつけるか!
なんたる私に対する軽視であるか!私への思いやりはお前にはないのか!」と言うのが怒りの主旨だけど、
私に理あるよね?怒っても当然だよね?
だってその前も、感謝祭に小メロンが失業中で金もないのに東海岸に旅行することになった時、
私の反対を押切ってメロンは400ドルも小遣いを渡したのに、
別の時私が寒いからと暖房の設定温度を70℉から72℉に上げた時(注 摂氏だと21.1℃から22.2℃)、
「僕には快適なのに」といやらしく大きなため息をついた。
失業中で一文無しにもかかわらず東海岸にまで行って昔の仲間と遊びたがる小メロンには400ドルで、
毎日働いてご飯作って洗濯して掃除もする寒がりの私には2℉も渡すのはいやか!!!!!
と、マグマはかなり上昇していたのだ。

零下10℃から家に戻ってきた時、メロンはちょっと反省してたみたいでなにかと私に話しかけてきたけど、
まったく話す気がしなかったので「無視してる」と文句を言われない程度に返事をするだけにした。
今回の怒りのマグマは静かに、しかし真っ赤にどろどろと2-3日流れ続けるのである。

翌日の金曜の夜は太極拳のクリスマスパーティーだったんだけど、
零下10℃で外出したせいで(しつこい?でも零下10℃だよ!)風邪も悪化したし、怒ってたし、
私は行かないことにした。
食べ物は持ち寄りで、プレゼントを一人にひとつ持って来ることになってたので、それはメロンに持たせた。
そして私は8時半にベッドに入ってこんこんと眠り続けた。
メロンが帰ってきた時は物音で目が覚めたけど、
「おかえり、パーティーは楽しかった?」なんて話しかける気にはまーーーったくならず、寝たふりをしてた。
翌朝は病気半分、怒り半分で10時まで寝てた。
寝てるのにも疲れて起きて行くと、ダイニングでメロンは一人ベーグルを食べ、コーヒーを飲んでた。
テーブルの上には、パーティーでもらったプレゼントであろうtyビーニーのくまのぬいぐるみ。

「具合はどう?」
「まだ悪い。」
「そう‥‥今日は一日暖かくして寝てなさい。」
「うん。」

冷戦状態はなんとなく続き、メロンは太極拳のクラスに出かけて行った。

そして私はいささかふてくされて、ソファーに寝っころがって毛布にくるまって本を読んでいた。

お昼過ぎに、太極拳で知り合って仲良くしてもらってる日本人女性のクリさんから電話があった。
久しぶりに会えると思ってたのに、風邪でパーティーに行けなくて残念だった~なんて話してたら、
「ぬいぐるみはもらった?」って聞かれて、
「ああ、テーブルの上にありましたよ」と答えると、
「あれ、人のものをわざわざ取りに行ってたのよ、あなたのダンナさん。
だからきっとあなたにだろうなって思ってたの」って。
パーティーで、持ち寄りのプレゼントは一カ所に集められて、
引いた番号が早い人から好きなものを選んでみんなに見せるようになってるんだけど、
後の人は、山の中から新しいプレゼントを取ってもいいし、
前の人達のプレゼントが自分の欲しい物だったらそれを奪ってもいいようになってる。
奪われた人も、新しい山の中から選ぶか人のものを奪うかどっちでもいい。

ビーニーのくまのぬいぐるみは紫色だったから、なんとなくそんな気はしてた。
紫はロッキーズのチームカラーで、ピンクと並んで私のための色だとメロンは思っている。
そっか、紫だから私のために取ってくれたのかと思うと、怒りのマグマが冷めて行った。
怒ってるのにも疲れたし、メロンは仲直りしたがってるし、もういっかと思った。

このくまのぬいぐるみは誰かちっちゃい女の子にあげるつもりだったけど、大切にしなきゃねえと思った。
で、セーターを編んでやった。
仲直りしたい気持のくまちゃんと、了解の印のセーターである。

ビーニー

ただし、冷めたマグマはまだあたりにごろごろ転がってるんだけどね。
つまづかないように気をつけないといけないよ、メロンくん。

■  プロフィール

蓮姫さま

Author:蓮姫さま
蓮姫さま
アメリカはコロラド州デンバーに住む女。ロッキー山脈の近くでたまにやるウィンタースポーツは雪かき。

メロン
蓮姫さまのダンナ様。キュートな名前は、ウォーターメロンのような大きな頭ゆえ

G.B.
メロウな愛犬。ソリ引き犬と牧羊犬のミックス。

小メロン
メロンの息子。実はデカメロン。

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  最近のトラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリー

■  フリーエリア

記事と明らかに関係のないコメントは削除させていただきます。 ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

■  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■  ブログ内検索

■  RSSフィード

■  リンク

このブログをリンクに追加する http://ping.blogmura.com/xmlrpc/9kciydw10cet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。