蓮姫さまとメロンくんの「甘くない生活」

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/11/28

Red Rocks

今日は久しぶりにレッドロックスまで行ってきた。
レッドロックスは、その名の通り赤い岩がぎゅんぎゅんとそそり立つ土地で、
そのあたりは公園になって、中に屋根のない円形劇場がある。

レッドロックス1

1964年にはビートルズもここで演奏したらしいよ。アメリカでは結構知られた劇場みたい。
夏には毎週映画も上映されるから、一度行きたいと思いつつ重い腰が上がらない。
今年は雨も多くて夜も結構冷えたからねえ。
上の写真の真ん中から左上くらいにデンバーのダウンタウンが見える。
そして広がる大平原。標高は1600mもあるんだけどね。
このレッドロックスはうちから直線距離でたった30kmくらいのところなのよ~。

前回来たときは劇場だけ見て帰ったけど、
今日はジビ太も一緒だったもんで遊歩道をてくてくと歩いてみた。
道はもちろん舗装されてないし、分かれ道でどっちに行ったらいいかわからないし、
ここから落ちたら死ぬねっていう崖に柵はないし、
こんなのが日本にあったら管理者はすごいクレームつけられて、
あちこちに「危険」とか「順路」の看板が立つはずだと思う。
「この先ガラガラヘビ生息地につき立ち入り禁止」みたいな看板はあったから、
「見りゃここは危険だってわかるだろ、自己責任でお願いね」ってことだろうね。
人二人が離合できない狭いところで、
すれ違う人達がそれぞれ連れた犬がごあいさつして遊ぼうとしたり。
おい、ここではやめとけ。
っつーか、日本だったら「犬を連れて来るなんて非常識だ」なんて言われそう。
でも、犬連れ多かった。

この遊歩道で何が禁止されていたか?
岩に登ること、そしてなんと、乗馬。


          レッドロックス3

レッドロックス4   レッドロックス5

レッドロックス6   レッドロックス7

          レッドロックス8  ここ火星~?
スポンサーサイト
2009/11/27

感謝祭

今日は感謝祭で、日曜日までお休み。
うちは例年の通りトニトニの家に招待されてたんだけど、
いつの間にか今年はトニトニの家は感謝祭の集まりをしないことになってたらしい。
パナマからアメリカに来て住んでる甥と姪達が来る予定だったのが来なくなって、
それじゃつまんないとヴィニーはテキサスの娘の家に行くことにして、
トニトニはブロンコス(デンバーのアメフトチーム)の試合に行くらしい。
それを招待客である私達に伝えるのをどうも忘れていたらしいけど、
ま、大した客じゃないから忘れられてもしょうがないんですけど。あはは。

で、なーんの予定もなかったけど、お昼過ぎにG.B.をドッグパークに連れて行って、
そのあと中華料理店に行った。
感謝祭のディナーは親戚が集まって七面鳥を食べるというのがお約束だけど、
中華料理を食べたっていいじゃないか。
おせちもいいけどカレーもね、だよね。

私達のお気に入りの中華料理店STAR KITCHENは大盛況。
お、しかもお昼の時間だからまだ飲茶をやってるようである。ガッツポーズ!
席に座ってメロンがお茶を頼むと「ジャスミンティー?」と聞かれて、
「私はウーロンを」と言うと、「え、あんたウーロン茶知ってるの?」なんて驚かれた。

その昔、香港旅行がむちゃくちゃはやってた時、
飲茶に行ってジャスミンティーを頼むのは白人だけで、
あんな匂いのきついものご飯と一緒には飲まないよと香港人が笑ってると聞いたことがある。
私もジャスミンティーは好きだけど、食事時のお茶じゃないと思う。
きっとあの店も白人にはジャスミンティーを飲ませて、
中国人はもっとましなお茶を飲んでるんじゃないかという気がする。
とはいえ、私達が飲んだウーロン茶も
茶葉が粉々でまるで煮出したみたいな色の安物だったけどね。

昔勤めてた会社は台湾と取引があったから、おいしい凍頂烏龍茶をよくもらってたのよねえ。
茶葉は広くて固く丸まってて、お茶の色はかすかな琥珀色。
いいお茶をお昼のお弁当の時にがぶがぶ飲んでたものよ。

ま、それはともかく、食った食った。
ニラまんじゅう、海老焼売、翡翠海老焼売、ほたて焼売、海老の揚げ春巻き、
豚肉のおこわに鶏肉まん。
しめて27ドル。
なんて支払う価値のある27ドル♡
小メロンは水曜日からまたNJに行ってるんだけど、やつがいたらこの倍は食べられたな。
やつは中華要員として絶対必要。

は~、んまかった、んまかった。
2009/11/25

びゅーんと飛んでく

先週の金曜日、小メロンがラジオに出演した。
とは言ってもNJのニューブロンズウィックという小さな街のラジオで
コロラドでは聞けないんだけど、それでもウェブで聞くことができた。

「俺、あと1時間でラジオ出演。」
「え?ミュージシャンとしての出演?」
「いんにゃ。ただのおしゃべり。」

なんと、
小メロンは2004年にアトランティックレーベルからデビューしたバンドのメンバーなのである。
ま、CD一枚だけで終わっちゃったんだけどね。

小メロンが今まで所属したバンドはNYやNJを中心に活動してたんで、
わりと地元じゃまだ覚えてくれてる人が多いらしい。

naisuga-ruzu ←記念すべきメジャーデビュー盤。うちには10枚くらいある。

もう解散してしまったバンドだけど、
この感謝祭に久しぶりに顔合わせをやるんで地元のラジオが取り上げてくれたってことらしい。
とは言っても、小メロンが言うにはラジオ局から半径200mくらいしか聞けんらしいけど。
あはは。

小メロンのバンドとシアトルのあるバンドを特集していたそのラジオをしばらく聞いてると、
シアトルのバンドの曲がなってる時に小メロンが、
「ジャイギャントの歌だぜ、これ!」とわたしに言った。

「ジャイギャント?なにそれ?」
「日本のアニメだよ!大きなロボットだよ!知らねえのかよ。」

大きなロボットなんてどれだけでもいるもん。
その時頭に浮かんだのは「ジャイアントロボ」であった。
古いかのう。(「ジャイアントロボ」は実写だったかのう?)
ネットで調べてみると、Gigantorとはなんと
「鉄人28号」なのであった。

日本版のコメントには、
「ポルトガル語ではHomem de Ferroだ」とか、
「スペイン語ではHombre de Aceroだ」とか書き込みあるし。
日本のアニメって世界中で人気ですごいなあ。

  ← アメリカ版

  ← 日本版


2009/11/20

ヘビー級チーズケーキ

チーズケーキ

こないだの日曜日に焼いたニューヨークチーズケーキ。
マーサ・スチュワートのレシピ。

すごいよ。
大きさ、直径25cm、高さ8cm。
使ったクリームチーズ6箱、しめて1.5kg。
ケーキの重さは5kgくらいあるんじゃないか?

少し柔らかいくらいでオーブンの火を止めて、そのまま中で1時間放置するってことだったけど、
焼きがちょっと足りなかったのか、中央部がこころもちとろりとしてた。
焼けてるところもねっとりと言うよりふわふわしてたから、
もしかしたら最初にクリームチーズを泡立てすぎたのかもしれない。

しかし、甘い。
甘過ぎる。
使った砂糖2カップと4分の1。(ちなみにアメリカの1カップは237mlで日本よりでかい。)
口の中に入れたとたん虫歯ができそう。
こんなに大きいのに、大甘の上にこ~ってりしてるもんでなかなかはけない。
だもんで、昨日うちにやって来たりりこちゃんが帰る時に無理矢理一切れ持たせた。

「これ、食べてね。甘過ぎるから注意して。
外側から食べていって、そのうち甘すぎてイヤんなるから中心の方は捨てて。」

んなもんもらってもねえ‥‥


次に作るときはローファットのチーズクリームにして、砂糖は1カップ減らす。
ま、半年後くらいかね。
2009/11/19

こしひかりを君に(あげない)

ジビ太の調子がしばらくおかしかった。
なんかベッドでつまらなそうに寝てるだけで、アホな振る舞いがすごく減ったし。
メロンは「ようやく子犬時代が終わったんだろう」なんて言ってたけど、
10日くらい前から食事の後戻すようになって、
ウンチを持って病院に連れて行ったら別に虫もバクテリアもいないから、
食事は少量を一日4回やって様子を見ましょうってことだった。
ほんとこの子は人間のお父さんに似て消化器系が弱いんだよねえ。

それでも戻すようだったらレントゲンをするってことだったけど、
検便で260ドルかかった上、レントゲンをするとなるとさらに200ドルはかかる。
わたしらも食事療法でなんとか治さにゃいかんと懸命になったのである。

メロンからG.B.のために玄米を炊けと言われて炊いたら、
今度は玄米じゃ消化に悪いかもしれないから白米を炊けとご下命が。
しかし殿、うちの米は20ポンド(約9kg)30ドルもするこしひかりなのですが。
(カリフォルニア米ですが。)
お犬様のためにこの米を、ああああ、この米をおおおお。
あああ綱吉様ああ。

いや、わたしだってそりゃG.B.のことは大切に思ってますよ。
でもね、G.B.のためにご飯を炊いて冷凍すると、
ちゃんと人も食べられるように炊いてるから、つい自分も食べる。
そうするとすぐなくなるのでまた炊く。
で、米の消費量がすごく増えちゃうのね。
ただでさえ食料危機で米の値段上がってるのに、こんなんじゃやってられないわ。

ってなわけで、今日G.B.用のお米を買ってきた。
高級カリフォルニア米ではないけどヒト用の米を私は犬用に使うわけだから、
バレると袋だたきにあうかもしれないのでどういう米かは伏せておく。
ただ、G.B.からちょっといただいてみて、
おいしかったらそれをヒト用にスイッチすることは考えている。
実は、前から買ってみたかったけどおいしくなかったら処理のしようがないと思って
買わずにいた米なんだな。
9kgでたったの12ドル。おいしかったらめっけもんなんだけど。

ま、そういう私の思惑とは関係なく、ジビ太はここんとこ食べたものを戻すこともなく
「なんでごはん全部食べてるのにビスケットがもらえないんだろうなあ」
という疑問を胸に秘めながらも腹具合はよくなりつつある様子。
よかったわ~。
2009/11/18

胃が疲れた

先週の木曜日、スージーが遊びにきてくれた時小メロンが作ったステーキサラダ。

ステーキサラダ

「張り切りすぎてあんまり大げさなものを作るなよ」とメロンが前日釘を刺していた。
人が来るとなると、金に糸目をつけずすごいもんを大量に作るからね、やつは。
お財布にも胃にも負担がすごいの。

土曜日は「一年前からあんたに作ってくれっていわれてたチキンポットパイにするぞ」と、
ついに作ってくれた。
パイ皮を作ったのはわたしですが。

チキンポットパイ

中にはチキンクリームシチューのようなものが入ってます。
小さく切った鶏肉、ジャガイモ、人参、グリーンピースとコーンを茹でて、
それにバターと小麦粉を入れてとろみをつけて最後に牛乳を入れるという、
ホワイトソースとはちょっと違った作り方。
アメリカの伝統的な家庭料理(元々はイギリス、アイルランドの家庭料理)だけど、
私には自分が小さい頃から食べてきたハウスのクリームシチューの方がおいしいかも‥‥
と思ってしまった。
ごめんよ、小メロン。(もちろん小メロンには内緒。)
慣れた味が懐かしいってだけのことだからさ。

小メロンも手間を惜しまず上等な料理を作ってくれるんだけど、
なんせ洋食ばかりなんで(当たり前か)私の胃はちょっと疲れ気味。
あっさりしたものが食べたい。
「これからもっと魚を食うぜ」ってことでホタテとタラを買ったって言ってたから、
日曜日は「今日はホタテを塩で焼くだけにして」ってお願いして、
醤油をたらしてご飯とノリで食べた。
あああ、しみるぜ。

今一番食べたいのは金目鯛の西京焼き‥‥
イザカヤデンっていう日本料理屋さんにあったけど(金目鯛じゃなかったかも)、
小さな一切れが10ドル以上しなかったっけ?ま、日本でも安くはないけどさ。

なんてこと言いながら、今週のいつか作ってくれるっていう
フィッシュアンドチップスをすごく楽しみにしてるんだけどね。
「パン粉スタイルがいい?天ぷらスタイルがいい?」
「天ぷら!!」

誰の胃が疲れとんじゃ、えい?
2009/11/18

ケーキ帽子

むーちょラブリ~な赤ちゃんにイチゴのショートケーキ帽子を作って以来、
当てもなく違うデザインのケーキ帽子を作り続けている。
「当てもなく」というのは言葉のあやで、実はどこかで売ろうと思ってるんだな。
自分でオンラインで売るか、どこかファンシーショップに売り込むか、
まあまだちゃんと決めてないけど、20くらい作りためたところで考えよう。

こないだメロンの友達のスージーがうちに遊びにきたとき見せたら、
これは売れると太鼓判を押してくれた。
スージーはロサンジェルスのど真ん中に住んでるハイセンスな都会人なので、
彼女に「これってとってもハリウッド的!80ドルから125ドルは出す人いるわよ」
なんて言われて、ちょっと舞い上がってるわたし。
オンライン販売ができるサイトを教えてくれるって。

私がこの世で一番好きなお店だとメロンに思われている
マイケルズっていう全国チェーンの手芸屋さんのHPで、
あるブランドの毛糸を使った作品のコンテストがあってる。
それでわたしもその糸を買ってケーキ帽子を出品しようと思って作ったんだけど、
出品要項をよく読むと、オリジナルパターンで賞をとったら
そのパターンはマイケルズと毛糸メーカーのものになるって書いてあるのでやめた。
(入賞するつもりか、あたし?)
かぎ針編みができる人だったら誰でも作れる簡単なものだけど、
これから自分で売って行こうとしているもののパターンを
お店でただで配られたししたらちょっといやかも。
(だから入賞するつもりか、あたし?)
優勝賞金は1000ドルで、使用毛糸(Vanna's Choice)の名前にもなってる
Vanna Whiteというタレントに会えるというのが副賞らしいんだけど、
別に嬉しくないし。(ゲーム番組「Wheel of Fortune」のアシスタントらしい。)
ダニー・オズモンドに会えるんだったら絶対出品するけどね。

ダニー  ←わたしが結婚したいと思っていた頃のダニー・オズモンド  
1970年代後半くらいだわねえ。(遠い目)

出品はやめたけど、小メロンの友達の娘さんのクリスマスプレゼント用に作ったので、
ケーキを入れる箱を買ってきて可愛くラッピングしようっと。

                ケーキ帽子  
子守りをしている赤ちゃんのお家で、熊のぬいぐるみにポーズをとってもらったりして。


2009/11/15

俺の口ひげにさわるな

私が赤ちゃんのお世話をフルタイムでやることになったのとほぼ同時に、
小メロンが失業した。
んだもんで、ここんとこ夕食はずーっと小メロンが作ってくれてる。
なんせプロのコックが作るメシだからうまい。
しかも、最近は片付けまでやってくれる。
以前は小メロンが料理してくれた時は私が片付けをしてたんだけど
(私が料理した時も私の片付けだったけど)、最近は片付けようとすると怒られる。

「何やってんだよ。あんたはフルタイムで働いてるんだから座ってな。」
「えー、でも。料理もしてくれてるし。いいの?すっごくおいしかったよ。ありがと。」
「俺の口ひげにさわるな!」


わかるかな?

小メロンは、英語でDon't touch my mustache と言うんだけど、
ドンタッチマイマスターシュ  →  どういたしまして。


英語に聞こえる日本語、あるいは日本語に聞こえる英語というのが
昔子供の頃に読んでた小学館の学年雑誌に載ってたんだけどね。

掘ったいもいじくんな!  →  What time is it now?
揚げ豆腐         →  I'll get off.
とかさ。
昭和の頃から空耳アワーはあったのだ。


以前小メロンから、日本語でありがとうって言われたらなんて答えればいいのかって聞かれて、
「どういたしまして」というと、長くて覚えられないって言うから
Don't touch my mustacheと教えてやったらずいぶん気に入ったみたい。

小メロンにお礼を言うたびに、
「だから俺の口ひげにさわるなって言ってんだよ」
「何度俺の口ひげにさわるなって言えばいいんだ!」と返って来る。

それが多少変化して、
I want to touch your mustache.      →  お礼が言いたい
Oh, no, no, no, no, you can't.       →  そんな必要はない

とかになったりもする。

そして、私がDon't touch my mustacheと言うと、
「ひげがあるなら脱色しろよ、お前」と怒られるのであった。

2009/11/10

柳川の子供連れ去り事件

今朝赤ちゃんを着替えさせて一階に下りて来ると、
ABCテレビの全国ニュースで「柳川市」という標識がばーんと映ってた。
柳川は私の実家から南に50kmほど下ったところにある水郷で、
川下りには何度も行ったし、うちの妹も高校は柳川だったのでなじみのあるところだ。
何だろうと思ってテレビに食らいついたら、
しばらく前に起こった子供連れ去り未遂で福岡で逮捕されたアメリカ人男性のことだった。

CNN.co.jpで読んだんだけど、
離婚した日本人妻が二人の小さな子供を連れて日本に帰ってしまった。
元夫は子供に会いたくて柳川まで来て、
学校が終わった子供を連れて車に乗せたら誘拐容疑かなんかで逮捕されたってことだったと思う。

日本では、離婚したんだったら母親が子供ひきとるってのは当然だと思うけど、
アメリカでは離婚した父母の両方に親権が与えられることが多いってのが問題。
だから子供は両親のどっちにも会えるように、期間を決めて行ったり来たりしたり、
どっちかと暮らしてももう片方の親と定期的に会うようになってたりする。
こないだ結婚したロビも、
彼女はバツイチで二人子供がいて元夫と子供を会わせないといけない決まりになってるので
コロラドには来れなくて、ロビの方がジョージアに引っ越すことになったし。

元夫にも親権があるのに子供を連れて日本に帰ったってことは、元妻側に非がある。
でも、国際結婚における児童連れ去りを防止するためのハーグ条約を日本は批准してないので、
元夫は親権を持っていてもアメリカの国内法によって子供を連れ戻すことはできないわけだ。

元妻が日本に帰っちゃったのは私は理解できる。
生活費を稼ぐためにデイケアに子供を二人預けて働いたら、
夫婦そろってのダブルインカムだったとしても経済的に大変なはず。
ましてや移民でシングルマザーだったらどれだけ大変か。
その元夫婦の間で金銭的な取り決めがどうなってたかはわからないけど、
ひょっとして元夫が取り決めに従わず養育費を払ってくれてなかったかもしれないし、
払っていても十分じゃなかったのかもしれない。
「俺にも親権があるから会わせろ。でも自分の生活費は自分で稼げ。日本には帰るな」じゃ、
相手にばかり都合がよすぎるよね。そのあたりは報道はなくて単なる想像だけど。
でも、アメリカに来たのが、たまたま結婚する相手がアメリカ人だったからで、
特にアメリカで一旗揚げて成功しようなんて野望があって来たわけじゃなかったら、
結婚が破綻した時、子供を連れて日本に帰ろうって思うのは普通だよねえ。
私でも絶対日本に帰ると思う。

ハーグ条約が批准されたら、
欧米で結婚する日本人女性は離婚しても、夫の親権に縛られて日本に帰れなくなるわけだ。
帰っても自分は犯罪者で子供は連れ戻されてしまう。
これは結婚する前に、
離婚の場合の子供の親権と金銭面での取り決めをきっちりしてないといけないね。
(今でもするに越したことはないけど。)

ニュースショーにはその男性が新しい妻連れで出演してて体験を語ってたわけだが、
びっくりしたのは元妻や子供の写真がばっちり映されていたこと。
(元妻がかなりの美人なのにも驚いたけど。)
プライバシーってどうなのよって思ったけど、
意外とアメリカではそのあたりは重視されてないんだなあ。
それとも元妻は犯罪者扱いなんだろうか?(アメリカで逮捕状は出てるらしいからなあ。)

元夫も司会者も、元妻個人をを責めるようなことは言ってなかったし、
日本では離婚の場合ほとんどのケースで親権は母親に行くってことも言ってたと思うけど、
出演したのが「自分の権利を行使しただけなのに日本で逮捕された」ってことを
言うためであって、元妻の言い分なんて何も伝えてくれないので
やっぱちょっと欠席裁判みたいなやな感じはした。
しかも、一緒に出てた新しい妻が、
一言もしゃべらずただ腕を夫の腕にしっかり絡ませて座っていたのが不快だった。
何のための演出なんだろう。
新しい家庭をちゃんと築いている愛情豊かな人間に見せたいんだろうか?
私からしたら今年1月に離婚してもう再婚してるなんて、どっか不実な人間にしか見えないんだが。
いやいや、最初から日本人妻の味方をしているからそう見えるだけなのか。

日本人元妻に不利にならないように、きちんとした形で解決されたらいいなあ、と思う。
2009/11/07

ゲッタレ!

ワールドシリーズを見てて、松井選手が打席に立った時、
小メロンが「日本語でなんて言って応援するんだ?」と聞くので、
「ガンバレ!」だって教えてやった。

次の試合のとき、松井選手の打順で小メロンが叫んだ。
「ゲッタレ!!」

ガンバレだってば。

で、今日ケーブルテレビのフォックスサッカーチャンネルで
日本のサッカーをダイジェストで紹介するGambare!という番組を見つけたやつはこう言った。

「フォックスに『ゲッタレ』って言う番組があるぞ!」

だから、ガンバレだってば。

ゲッタレで定着してしまいそうな気がする。

■  プロフィール

蓮姫さま

Author:蓮姫さま
蓮姫さま
アメリカはコロラド州デンバーに住む女。ロッキー山脈の近くでたまにやるウィンタースポーツは雪かき。

メロン
蓮姫さまのダンナ様。キュートな名前は、ウォーターメロンのような大きな頭ゆえ

G.B.
メロウな愛犬。ソリ引き犬と牧羊犬のミックス。

小メロン
メロンの息子。実はデカメロン。

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  最近のトラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリー

■  フリーエリア

記事と明らかに関係のないコメントは削除させていただきます。 ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

■  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■  ブログ内検索

■  RSSフィード

■  リンク

このブログをリンクに追加する http://ping.blogmura.com/xmlrpc/9kciydw10cet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。