蓮姫さまとメロンくんの「甘くない生活」

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/08/26

「親分、てえへんだ、てえへんだ!」

昨日からまたチョコラブのブルーがうちにいる。
飼い主の甥っ子のロビが、なんとジョージアに住む彼女にプロポーズをしに行くってことで、
水曜日まで預かるんだ。

ロビは行くってことは彼女には伝えず、突然現れ、突然プロポーズをするらしい。
ロマンチックだねえ。
「指輪買ったの?」って聞くと、「一緒に買いに行くつもり」そうだ。
ま、その方がなにかといいよね、うん。

ブルーが来て二匹を裏庭に出すと、もう5分後にはジビ太はブルーのよだれでドロドロ。
ベロがでかいのよ、ブルーは。

犬も嫉妬という感情があるってことで、
別の犬がおやつをもらえて自分がもらえないといじけたりひがんだりするらしい。
ブルーはてんかんの持病があって、毎日二回スライスチーズにくるんで薬をやるので、
本人(人?)はおやつだと思ってる。当然、ジビ太もそう思う。
だから、ジビ太がひがまないように、薬をやるときは
ブルーのスライスチーズを1cmくらいもらってジビ太にもやる。

ご飯の後はジビ太にデオドラントタブレットをやってるんだけど、
これも犬がいやがらないようにちょっとおいし目の味をつけてあっておやつっぽいので、
不公平にならないようにブルーにもやる。
口に入るものをもらえる機会を察すると、二匹とも一緒にわらわらよってくるので、
一匹だけにこそっとやるってことなんか絶対にできないもんね。

今朝二匹にローハイド(牛皮で作ったカミカミおやつ)をやったんだけど、
ジビ太は必ずリビングまで持って行って食べるのに、ブルーはもらったその場で食べる。
で、私もいつものようにキッチンで二匹におやつをやったもんで、
ブルーはその場で座り込んでくちゃくちゃと食べてた。
すると、一旦リビングに行ったジビ太が、ローハイドを加えたまんま戻って来て
キッチンの外側でじーっと私達を見つめてた。
「あんた、まさかブルーにだけもういっこやってないよね」みたいな疑いのまなざし。
やってませんって。

今朝は、ブルーにやったえさをジビ太ががしがし食べてた。
(ブルーはジビ太のえさを食べてた。)
いつもはえさには興味ないくせに、ブルーのご飯は食べたがるんだよねえ。
隣の芝生は青いの?
犬歴が長い人にそれを言うと、それは自分のテリトリーだから自分がボスだって
示すための行為だって。

はは~~~ん、なるほど。
ブルーに「にいちゃん、俺も。にいちゃん、俺も」ってついて行ってるように見える割には
自分のテリトリーをしっかり守ってるのねえって思ったけど、
でも、やっぱそうは見えないなあ。
ブルーの方が体が大きくてもの静かで落ち着いているせいか、
平次親分と子分のハチみたいんだもんね。
もちろんジビ太が子分ね。
「親分、てえへんだ!てえへんだ!」って、なにかと平次親分にまとわりついてる感じ。
とってもジビ太の方が親分には見えない。
階段だってブルーは歩いて上り下りができるのに、
ジビは駆け上がり駆け下りる。常に全速力。最後の6段くらいは飛ぶ。
調子に乗りすぎて前の壁にぶつかるんじゃないかと思う。
そうなったらてめえのほうがてえへんだぜ、ハチよ。

プロポーズがうまく行って結婚することになったら、
在宅勤務ができるロビがジョージアに引っ越すことになるらしい。
この、ロビとブルーという好青年ペアを失うなんて、悲しいなあ。
平次親分はハチをちょっと煩わしく思ってるふしもあるんだけど(深く理解できるよ、親分)、
でも、二匹が足元でゴロゴロしてるのっていいんだよなあ。
ロビが引っ越してしまう前に、
何回かむりやりブルーを預からせてもらおうっと。

プロポーズを断られますようになんて、絶対絶対思ってないからね。
スポンサーサイト
2009/08/24

指に足りない1インチボーイ

ただ今ロッキーズはサンフランシスコ・ジャイアンツと対戦中。
今日のジャイアンツのピッチャーは、今期12勝3敗と勝ちまくってるリンシカム。
去年のサイヤング賞の受賞者でナショナルリーグ随一のピッチャーだけど、これが小さい。
背が低くて、体に筋肉なんか全然付いてなさそうで、ユニフォームはスカスカダボダボ。
で、まだ若くて童顔で肩にかかる長髪なので、
道でスケートボードに熱中してる悪ガキみたいな感じ。

          りんちゃん

これが可愛いんだなあ。
敵であろうがなんであろうが、野球選手はルックスがよくないとねえ。

前回のジャイアンツ戦の時はクアーズフィールドに行ったけど、
バッティング練習の時、リンシカムが外野で打球をキャッチしてるのがすぐ分かった。
180cmは軽く越す大男たちが多い中で、あれだけ小さいと目立つんだねえ。
一人だけリトルリーグの選手がまじってる感じ。

ところがだ、家に帰って来てジャイアンツのHPでリンシカムの身長を調べてみると、
5フィート11インチ(177.5cm)あるっつーじゃない。メロンより大きいの?
モリモリのムキムキじゃないとすっごく小さく見えるのねえとびっくりして、
メロン小メロンに「リンシカムって5フィート11インチあるらしいよ」って言うと、
すかさず小メロンが「表向きはね」って。

そんな、トム・クルーズとかジャニタレじゃあるまいし、
野球選手が身長をごまかす必要があるわけ?
そんなことせずにちゃんと169cm(知らんけど)って書けばいいのに。
ちっちゃい男がばったばったと大男たちを斬って捨てるのって、
ドラゴンボールの孫悟空みたいでかっこいいと思うんだけどなあ。

サイヤング賞の賞品が打ち出の小槌だったらよかったのにね。
2009/08/23

もっと魚を!

突然鮭が食べたくなった。

長年実家で暮らしてずっとお弁当も持たせてもらってて、三日に一度は塩鮭が入ってたので、
もう一生分の鮭は食べたといままでずっと食指が動かなかったんだけど。

食べ物としての魚は好きなんだけど、
生き物としての魚は見るのもいやだし、切り身になっててもできれば触りたくない。
海から何万キロも離れたデンバーでは新鮮な魚も手に入らないし、
メロン小メロンもあまり海の物が好きじゃないんでうちではあまり食卓には上らない。
(でもにぎり寿司は食べるんだ、あいつら。)

でも、突然の欲望に勝てず、昨日は韓国マーケットで鮭を半身買って来て、
塩をふってMrs. Dashというメロンのお気に入りスパイスミックスふって、
オリーブオイルににんにくを入れ皮の方を焼いた後、料理酒を入れて蒸し焼きにした。

これがメロンに大好評。
どうせ魚は嫌いだからあまり喜んではくれないだろうと思ってたからびっくり。
(いや、塩がうまいってのもあるけどね。ふふっ。)

メロンが言うには、魚ってたいてい料理すると身が縮んで固くなっておいしくなくなるけど、
これはふんわりしててすっごくおいしいってことだった。

昨日の鮭は蒸し焼きだから水分が逃げなくてふんわりはしたと思うけど、
料理すると魚の身って普通縮むか?
海の近いニュージャージーに住んでたから新鮮な海の幸は手に入ると思うんで、
ただ単に焼き過ぎなだけじゃ?
小メロンも、肉を焼くのはうまいけど、魚のグリルはしたことがないって言うしね。
アメリカでは魚介類ってのはあまり一般的ではないのよね。肉より高いし。

数日前も冷凍庫に入れっぱなしだったエビを唐揚げして、
オールドベイスパイスをふって出してみたけど、これもメロンはうまいと食べていた。
(果敢に魚介類を出しているように思えるかもしれないけど、
この日は冷蔵庫がほぼ空っぽでエビ以外出すものがなかったのでしょーがない。)
魚介類が嫌いな人は魚の臭みにとっても敏感だから、
ワタをきれいに取った後、ベーキングソーダで二度洗ったのがよかったのかもしれない。

おいしく料理すればメロンも魚好きになるのかもしれない。
「おいしく料理すれば」のところが大変なわけだけど、
私もいやがらずにもっと魚を買ってみてもいいかもしれない。(高いけどさ。)

NZに遊びに行った時、東京で5年間暮らしたことのあるというドイツ人が
カヤックで沖に出て鯛を釣って帰って来て、それをさばいて中巻きを作ってくれた。
鯛の中巻きなんて、日本じゃ食べられんよ。これには感激しましたね。
私も自分で魚がさばければいいのにって心から思った。
きっと私の前世で魚と関係した何か恐ろしいことがあったはず。
(海で溺れて大きな魚に飲み込まれたとかね。)
前世療法を受けて魚が恐いのを催眠術で取り払って欲しいと本気で思ったもんだ。
で、お友達を招いて自分でさばいた刺身でおもてなしなんて、なんか究極だわ。
今はまだ鯛焼きもこわくて食べられないけどね。
2009/08/23

おいしい塩を使いましょう

そうそう、塩の話。

アメリカに来て、なんか塩がおいしくないと思っていた。
Sea Salt(海塩)って書いてあるから自然塩だろうと思うのに、おいしくない。
小メロンに初めて会った時、コックだからおいしい塩を知ってるだろうと聞いてみたら、
俺はKosher Saltを使ってると言うので試してみたけど、そんなにおいしくなかった。
(ちなみに、kosherコーシャーとはユダヤ教の戒律に従って製造や処理をしてあるってこと。
塩までコーシャーかよと思ったけど、一体どこがどうやってコーシャーなのかは不明。)

で、バイタミン・コテージという
サプリメントやらオーガニック食品やらを売ってる店に買い物に行ったら
たくさんの種類の塩が売ってたので、
ミネラルが入ってるおいしい塩はこういうとこで売ってるんだなと思いつつ、
あまり行かない店なのでそのまま忘れてた。

そしてある日、ダウンタウンの日系マーケットに行くと、
「播州赤穂のにがり塩」ってのが売ってたのでぐわしっとつかんで買って来た。

これがうまいのなんの。
味付けに塩しか使わないのに滋味があるってんですか。
これよ、これこれ、私が欲しかったのは。
この塩を使うようになってから、メロンも小メロンもやたらに料理をほめてくれる。
「塩変えたんだよ~、塩。ミネラルをたっぷり含んだおいしい日本の海の塩だよ~」と言うと、
二人とも塩だけでこんなに味が出るのかとびっくりしてた。

イタリア語を習っていたはるか昔のこと、
イタリア人の先生からおいしい料理を作るには粗塩を使わなきゃダメだって言われた。
(「イタリアには精製塩とか売っとらんもんね。売っとるのは粗塩だけ」って博多弁で。)
それでうちで使ってたさしすせそるとを伯方の塩に変えたら、
料理の味がびっくりするほどおいしくなった。
両親もそれ以来粗塩しか使ってないはず。

1kgで4.5ドルで何となく高いかなあと思ってたけど、
こないだ切れてしまった時にダウンタウンまで行ったけど品切れで、
近くのバイタミンコテージに他の塩を買いに行ってみたら、そういうグルメ塩の高いこと。
メロンが好きそうな名前のCeltic Sea Salt(ケルトの海塩ーフランス製らしい)なんて、
227g入りで6ドルだもんね。買えんかった~。
「播州赤穂のにがり塩」は今週の木曜日にお店に入ったので、二袋買って来た。

しばらく安心である。
2009/08/23

あじさい

先週の今日、お花屋さんであじさいを買った。(南米からの輸入もので季節感ないけど。)
値段が書いてなかったけど、あまり気にせず三本もらったら
しめて24ドル。
気絶するかと思いました。

少ししおれて来たらまた水切りしてこれを切り口につけなさいと、
お店の方がミョウバンを少し分けて下さった。(ちなみに、その方は日本人。)

今週の水曜まではどれも瑞々しかったんだけど、木曜の朝見ると一本だけ激しくしおれている。
仕事に行く直前だったのでその時は何もできず、
家に帰って来て、水切りしてスプレーで水を吹いて湿らせた新聞にくるんでおいたけど、
結局復活しなかった。

一本8ドルなのに‥‥

そして昨日のお昼、またもう一本がしおれていた。
朝見た時は瑞々しかったのに、なぜ突然???
と思ったところで気づいた。
毛モノのG.B.のためにつけっぱなしにしている扇風機の風が、あじさいに当たってたんだ。
生け花をやっている時、風が当たるのが一番花に悪いって先生が言ってたし。

こっちも慌てて水切りしてミョウバンをつけて、花瓶の水を換えて一晩置いてたら、
じゃじゃ~~~~~ん、復活しました~~~。

おお、何たる喜び。
処置がが早かったのもよかったわ~~。

あじさい  なんせ一本8ドル(しつこい)
2009/08/23

メロンの葛藤

夕食後のデザートがやめられないメロン。
一番のお気に入りはコーヒー味のアイスクリーム。
ブランドは問わず、とにかくコーヒー味が一番好き。

昨日もハーゲンダッツのコーヒー味を食後に食べた後、
11時頃ベッドに入って何度も何度も寝返りを打って言った。

「眠れない。
テレビを見ながらうとうとしてたのに、その後G.B.を散歩に連れて行ったら目が冴えた。」

「あんさ、食後のアイスのせいだと思うよ。コーヒー味でしょ。カフェインのせいだよ。」

「‥‥‥! 違うよ。(←心の動揺を隠そうとしているが、隠しきれていない)」

「そうだって。コーヒー入ってるもん。」

「ははは。ばかだなあ。違うよ。アイスクリームのせいなんかじゃあ・り・ま・せ・ん!」


そして今朝、

「眠れない件さ、コーヒー味のアイスのせいってやっぱり正しいと認めざるを得ない。」

「だんしょ?」

「昔、むっちゃくちゃおいしいエスプレッソ味のアイスを食べた後、
一晩中眠れなかったことがあるしねえ。
エスプレッソ3杯分くらい入ってたんじゃないかって思ったけど、
やっぱコーヒーのせいだよね‥‥」

「アイス食べたかったらコーヒー味じゃない刺激のないのにしたら?
アイスにはセロトニンと砂糖が入ってるから、
コーヒー味じゃなかったら安眠にいいでしょ(太るけど)。」

「う~~~~~~ん。う~~~~~~ん。」

取りあえず昨日買ったアイスはクオート(945ml)入りだからね。
それが終わるまでは、眠れない夜がまだ続くね。
2009/08/22

在外選挙に行って来た

今週の木曜日、総選挙の投票に行って来た。
場所はダウンタウンの在デンバー総領事館(高層ビルの30階)。
同じダウンタウンで2ブロック先にある日本マーケットに
欲しかった播州赤穂のにがり塩が今日入るってことだったのでちょーどよかった。

在外で投票するには、大使館・領事館で在留届を出して、
在外選挙人名簿への登録申請をして事前に在外選挙人証を持ってないといけない。

前の選挙の時投票したんだけど、
それから住所が変わったのに領事館に住所変更をしてなかったので、
もしかしたら今回は投票できないかなあと思ってた。
そしたら何週間か前、領事館から在外選挙のお知らせと共に、
住所が変わっているようだから提出して下さいと住所変更届が送られて来た。
おお、なんと細やかな心遣い。
在デンバー総領事館、感じがいいぞ。
市外の居住者を田舎者扱いしてつんけんしてたローマ大使館や
ミラノ総領事館と大違いだぞ。(昔のことだけどさ。)
 
で、在外選挙人証は選挙ごとに送られてくるんじゃなくて
もう既に自分で持ってるってことを思い出したので(しまい込んだまま忘れてた)、
選挙人証とパスポートを握りしめて行って来た。

投票所は領事館とは別の部屋に設けられてて、ガードマンはいるけどチェックなし。
在外選挙人証とパスポートを提出して本人確認をした後、
まず「投票用紙等請求書」というのを記入して提出する。
次は、日本に住所のある選挙管理委員会に投票用紙を送付するための封筒を渡されるので、
それに自分で宛名を記入する。
そして、小選挙区用の投票用紙と比例代表用の投票用紙を渡される。
後ろのブースに立候補者等の名前が書いてあるファイルがあるので、
それを見て投票用紙に記入をして、それをまず内封筒に入れて封をする。
それを外封筒に入れて、その封筒に市町村名と自分の名前を書いて封をする。
それを受領係に持って行くと、係の人が封筒の記入事項を確認した上で、
両方とも選挙管理委員会に送付用の封筒に入れて、終了。

ぷふぅぅぅ。なんと手間のかかること。
担当の方は5人いらっしゃったけど、一度に何人も投票に来ると説明が大変だろうな。

塩も手に入ったし、お昼ご飯は日本料理店でイカフライとじ丼を食べたし。
大変有意義な木曜日であった。
2009/08/19

赤も白も

ロッキーズ対ナショナルズの試合が終わった後、
ヤンキース対アスレチックスの試合を見始めたわけだけど、
A.ロッドが肘に死球を食らった。
小メロンが言うには今月、同じところにもう何回も死球を受けてるらしい。

で、その後の回で、ヤンキースのスターターCCセバシアが、
アスレチックスのバッター、カート・スズキ君(可愛いもん)の背中の後ろにまわるボールで
スズキ君をのけぞらせたんである。

純朴な田舎者の私は「お粗末な投球だ」って思ったんだけど、
そのあと片ほほで笑ってるA.ロッドがテレビに大写しになって、
小メロンは「イエ~~~イ、A.ロッドが笑ってるぜぃ」と大喜びしていた。
A.ロッドと言うのはそんなに笑わない人なんだろうかと思った私はほんとに純朴な田舎者。
でも、球審が出て来て、両チームのベンチに警告を出していたのを見てはたと気づいて、
小メロンに、
「もしかして今のってA.ロッドの死球に対する報復?」と聞くと、
「当然」と言われた。

こういうのっていやよねえ。
どうして報復が必要なわけ?
アスレチックスのピッチャーだってわざと死球を投げたわけじゃないと思うんだけど。
(って思うところがまた田舎者かい?)
みんな死球出したら高校球児みたいに帽子とって謝ってチャラにすればいいのに。
卑怯なことはせず正々堂々戦って、悪いことをしたら謝ろうよ。
なんて、日本で少年野球の監督をしてる素人のおじさんみたいなこと言ってるか、私?

コロラド・ロッキーズのオーナーは、噂によると熱烈なクリスチャンらしい。
「敬虔」ではなく「熱烈」というのがふさわしいくらいの信仰らしいけど、
そのおかげでロッキーズの選手は品行方正であることを求められるらしい。
ビーンボールとか報復とか見たことないし。
「青空の下、赤も白も正々堂々精一杯がんばりましょう」ってのがあたしゃ好きだ。

そして、その報復投球の直後、スズキ君はなんとぱっかーんとホームランを打ったのだ。
万歳三唱。(いや、つい日系に肩入れしてしまって。)

ま、そのあとアスレチックスのピッチャーはまた死球出すは、
守りがエラー4つおかすはのガタガタで惨めな試合運びなんですけどね。

ま、なんだかんだ言っても、私はなんかヤンキースは好かんのだね。
そんなこと言ったら小メロンからどんな報復を受けるか分からんから黙ってるけど。
続きを読む
2009/08/19

判官びいきは日本人の美徳よね

長いことロッキーズのことは書いてなかったけど、
突然の監督交替(5月だったっけ?)から俄然勝ちだして、
現在トップのドジャーズに4.5ゲーム差の、ナショナルリーグ西地区二位。
でもって、ワイルドカードの堂々の一位なのである。

イエ~~~~イ、GO! GO! ロッキーズ♫

で、今日からワシントンナショナルズとの三連戦なんだけど、
このナショナルズが多分両リーグ合わせても最弱のチーム。
う~ん、多分と言うか、間違いなく。
今日現在で、ナショナルリーグ東地区で首位に24.5ゲーム差を付けられての
ダントツのドンケツ。
ワイルドカード争いでも当然、13チーム中堂々のドンケツである。

しかし、こんなチームほど応援したくないか?
ヤンキースやレッドソックスみたいな、
金にものを言わせていい選手を集められるチームなら勝って当たり前だけど、
こんな弱小貧乏チーム(多分貧乏だと思うんだけど)には
A.ロッドとかビッグパピーとか、活躍するのは分かってるけど金がかかる選手は取れない。
ドラフトでまだ若い選手を取って、下位リーグから地道に育てて行くしかない。
そしてそうやって手塩にかけて育てた選手が活躍しだすと、
金で他のチームに取られてしまう。
う~~~ん、ロッキーズのなめる辛酸と一緒でねえか。

選手も、「俺も他のチームにいればもっと注目されるかもしれないのに、とほほ」って
きっと思ってるはず。
「だから、あんた達一人一人ががんばってこのダメチームを常勝チームに変えるんだよ!」と、
まるで「メジャーリーグ」か青い三角定規かみたいな熱血漢になってるあたし。
まったく、人ごとだと思って。

あたしゃ、ナショナルズの味方だよ。
D.C.かその近郊に住んでたら、絶対今ナショナルズパークでタオル振ってると思う。
8月に入って8連勝したと、ある意味ニュースになった時はあたしゃ喜んだもんだ。
だから、ロッキーズがナショナルズに勝つのはちょっと申し訳ないの。

ま、今日のゲームは一点差でロッキーズの辛勝って感じで、
申し訳ないような堂々の勝ち方でもなかったけど。でも勝ちは勝ち。ごめんね。
今ロッキーズは負けられないからね。
悪いけど、あんた達は他のチームとの試合の時にがんばって勝ってね。
応援してるから。いや、ほんとよ。
だから、このシリーズは三タテさせてね。
悪いね。
2009/08/17

チェリーパイ

最近のリストラのせいで、土日も休めなくなったかわいそうなメロン君。

冷蔵庫にいつまでも入ってるチェリーのシロップ煮を使って、
大好きなチェリーパイを作ってやった。

チェリーパイ

パイ皮の生地は午前中に作ってて、夕食の片付けものをする時に焼いたんだけど、
片付けが終わって「今日はチェリーパイがあるよ」と言うと、
「ウソ。」
「ウソじゃないよ。」
「カウンターになかったもん、そんなもの。」
「だって、今焼き上がったばっかりだもん。」
「え?今焼いた?あんたが?自分で?ほんとにあるの、チェリーパイ???」
「だから、あるって。」

「うっほっほおおおおおおおおい!!俺は世界一の幸せものだああああああ!」

こんなに派手に喜んでくれると、作った甲斐があるってもんよね。
2009/08/13

大きなくしゃみの女と恐がりの犬

ジビは大きな音が恐い。
近所で打ち上げ花火とか爆竹の音がすると、裏庭からあたふたと家に入って来る。
扇風機とか掃除機の音は全然平気なんだけどねえ。
ドアがばたんと閉まる音とか、何かが床に落ちるどすんという音も恐い。
そんな音がすると、そそくさと地下に降りて行って暗がりでじっと座ってる。

しかしだな、私のくしゃみであたふたと地下に降りて行くのはいかがなものか。

確かに私のくしゃみはうるさいよ。「ぶうぇえええええっくしゅうううん」だよ。

でもね、私もちょっと傷つくのよねえ、あんたが怖がって地下に行くと。
2009/08/12

ジビ太の戸惑い

ジビちゃんは、コストコで買った犬用のチキンジャーキーが大好き。

最近は、食後にピーナツバタービスケットとチキンジャーキーをやるんだけど、
ビスケットを先にやると、口にくわえたのをリビングの床にぼとんと落として
チキンジャーキをもらいにキッチンに即戻って来る。

先にチキンジャーキーをやると、
一旦リビングに行ってやっぱりキッチンに戻って来る。
でも、口にはジャーキーをくわえたまま。

*「あんた、どうするつもり?」とビスケットを差し出すと、
ビスケットは欲しい、でも口を開けるとジャーキーが落ちるので開けられない、と、
激しい戸惑いが見える。
そしてリビングにそのまま戻る。
で、やっぱりビスケットも欲しいなあとキッチンに戻って来る。
*に戻ってく2回ほど繰り返す。

そして、ついにリビングで大好きなジャーキーを先に食べることを決意する。
そこでこらえられなくなった私がビスケットをディリバリーする。

ということを何日も繰り返している。

ああ、楽しい。
2009/08/12

雨、飴、アーメ?

今朝メロンの昼のお弁当にいり豆腐を作っていたら、
メロンがやって来てフライパンの中身を見て「アーメ」と一言言った。

「アメ?」

ヤツは日本語を適当にでっち上げてしゃべれる振りをすることがあるもんで、
どうせまたそういうこったろうと思ったけど、
いちおう「アメ」は日本語にあるもんで、「アメ」にひっかけて
何かおやじギャグでも言いたいのだろうかと「なんでアーメ?」って聞いてみると、
「だって、日本風のでしょ?Omeletでしょ、これ?」

のあああんと、「アーメ」だと思ったのは「オムレツ」だったのだ。

この自分の聞き取り能力のなさはちょっとすごいと思ってしまった次第。
2009/08/05

またリストラ

今日、またメロンの会社でリストラがあった。
メロンが編集長をしているのは一般売りされていない業界紙で、
広告主からの広告料だけに頼っているので、この不況下当然広告が集まらなくて非常に苦しい。
二年半前、会社がもうひとつ持っていたプラスチック業界紙が廃刊になって、
デンバーオフィスから二人去って行った。
その後、一月にリストラで一人辞めさせられた。
そしてまた、デンバーオフィスから誰か二人やめさせないといけないってことになって、
結局ケイトとアシュリーが去ることになってしまった。
ケイトは去年昇進したばかりで、これから子供を作ろうかと考えている矢先だった。
しかも、明日から10日間のバカンスに出かける予定なのに。
なんてひどいタイミングで解雇されるんだろう。
アシュリーは去年メロンが会社に頼み込んで増員してもらった人で、
6月に出産後、7月に仕事に復帰して在宅勤務しているところだった。
彼女は会社がこれから生き残りをかけるためのウェブ編集に精通してるので、
メロンは彼女にとっても期待してたのに。

実は、在宅勤務している二人の男性社員のうち一人が十分仕事をこなせてないので、
メロンは、女性二人のうちどっちかを残して、
解雇するのはその男性社員にして欲しいと上司にお願いしたらしいけど却下されたらしい。
どうしてデンバーオフィスのボスである自分の言うことが通らないのかと憤ってた。
私からしてみると、仕事ができる人が解雇でできない人が残るのは理解に苦しむ。

メロンの出版社を持ってるのは投資会社で、
日本で言ういわゆる「ハゲタカ外資」だ。ま、ここじゃ「外資」じゃないんだけどね。
ハゲタカさん達は、会社と言うのは儲けるためだけに持ってるのであって、
成長を長い目で見るなんてことはないから
今すぐ利益を上げないとなんだって切リ捨てちゃうのだ。
そういうアメリカ式経営が社会の疲弊を招いてしまって、
貧富の差を拡大させたとみんな気づいてると思うんだけど、
ハゲタカにはたいした知能はないから、いつまでもどん欲に利益だけを追い続けるのだ。

実際メロンの地位だって安泰じゃない。
このままの状態が続けば、いつ雑誌を廃刊するって言われてもおかしくないんだ。

私も子守りは今月で終わる予定なので、その後の仕事を探さないといけない。
結婚して6月まで専業主婦で来てて、自分ではそれが当たり前だと思ってたけど、
お友達の家でのパートの仕事とはいえ、
一旦仕事をするともう一銭も家に入れない専業主婦に戻るのは悪だという気がする。

最悪のことになったとしたら、この家はとっとと売って安いアパートに引っ越して、
車も一台売る。移動はバスにする。
家族で力を合わせれば乗り越えて行けると思う。
メロンの仕事があるところには、北朝鮮以外にはどこにでも引っ越して行く。
私も肉体労働だってやる。
G.B.は何があっても手放さない。

それだけの覚悟はできてるつもり。

2009/08/03

仲直りは中華で

先週の月曜日、我々三人はケンカして気まずくなった。
私が小メロンにあることで文句を付けたところ、ヤツが気を悪くして部屋に閉じこもり、
メロンは言い方が悪かったと私を責め、おのれは私の味方をせんのかと私は秘かに怒り狂った。 
何かが起こると、同じ遺伝子を持つアメリカ人男二人がチームになり、
人種と育った文化背景と性別が違う私が孤立する。
そういう時、血のつながった家族がアメリカにいない寂しさをひしと感じる。
実家が近かったら、アメリカに来てからの2年と半年の間、
私は10回以上荷物をまとめて実家に帰ってると思う。
(ま、実家の親も日本人だからして、「お前が悪い、何かあっても我慢しろ」と
叱られているとは思うけど。)

メロンとの初ケンカの時は、
私の人生って一体なんなんだと思うほどショックが大きかったし、
仲直りするまでどっちが悪かったかどっちから謝るかでそうとうもめたけど、
ケンカも何度もすると慣れてくるもんで、謝らなくてもなんとなく元に戻ってたりする。
こうやって、他人が家族になっていくんだろうかとか思ったりする。

ま、小メロンもケンカの翌日にはもう普通に話し始めるようになったんだけど、
メロンに対して「私達はまた仲良しだ」ということをアピールするために、
日曜日に三人で一緒に点心を食べに行くことにした。
「円満な家庭は円満な食卓から」とユダヤの諺にもある(かもしれない)し。

そして、今日、街一番の点心と評判のStar Kitchenに意気揚々と出かけたんだが、
そこに見たのは、あふれるほどの人、人、人‥‥
店に着いた時点で私は空腹の骨頂。
そして私は待つのが大っ嫌い。
スーパーのレジだって長い列ができてるのを見ただけでいやになって、
カゴの中のものを戻してとっとと出て行く。
おいしいものを食べるためには10分とか20分とか時間を設定されれば待ちもしましょう。
でも、この点心レストランでは誰も待ち時間を教えてくれなかった。
15分くらい待ったところでウェイティングリストを見に行ったけど、そんなもんなかった。
中国人社会の中で白人のMr. Lee(メロン親子が中華レストランで使う偽名)なんて
無視されて、知り合いのチェンさんとかゴンさんとかを先に行かせるに決まってる。
胃が空っぽですべての血液が脳に集まってるブリリアントな状態で、私は決意を表明した。
「ここはあきらめて、向かいのChopsticks(中華料理店)に行こう!」

いんやあ、うまかったね、Chopsticks。
Star Kitchenの方が最近私のお気に入りリストで上位にはあるんだけど、
今日のメニューのチョイスがよかった。
小龍包と牛肉入り焼きそば、三杯鶏にインゲンとにんにくの炒め物。
中華鍋でたっぷりの油でまず素揚げされたと思われるインゲンが絶品。
柔らかいけどシャリシャリ感も残ってて、
シンプルなものをおいしく作るには火加減と塩加減が一番大事で、
それが一番難しいのよねえ(あたしにゃできんわ~)とつくづく考えさせられる料理だった。

最初の二皿が来たところで三人ともがつがつと食べてたので、
「あたし達ってすっごいお腹すいてたよねえ(We've been so hungry)」と言うと、
「We?Weって俺と親父も入るわけ?」と小メロン。
「Royal "we"だと思うよ。」
「ああ、エリザベス女王とかが使う一人称だけどWeってやつね。」
「日出づる国からきてるからね、うちの姫様は。」

なんだ。おまえら、自分たちはがつがつ食ってないって言うのか。
あたし一人が空腹の骨頂だったって言うのか。
ま、近いもんはあるけど。

がつがつと食べ続け、食べ続け、突然自分が限界を超えていたことに気づいた。
あまりにハングリーだと、限界に気づかないのよねえ。

蓮「うっ、もうむちゃくちゃお腹いっぱい。」
小「あんたって、お腹すいたか、むちゃくちゃお腹いっぱいか、どっちかしかないよね。」
メ「うん、ニュートラルでちょうどいい状態って見たことないよね。」

いいの、何とでも言って。和やかな家族の話題が提供できて、嬉しいわ。
苦しいけど、シヤワセ。
2009/08/03

小さなセールスマン

たった今小さなセールスマンがやって来た。
G.B.が玄関に向かって吠えるので何だろうと思ったら、
外に12才くらいの白人の男の子が立ってる。
ドアを開けると、
「COLORADO YOUTH CORPというグループなんですが知ってますか?
今9人に1人のティーンがドラッグをやって、13人に1人が学校をドロップアウトして‥‥」と話し始めるじゃないか。
ガールスカウトがよくスーパーの外側でクッキー売ってるけどあんなのかなと思うと、
やはりお菓子が出て来た。
そういうティーンを救うための資金集めをしているらしい。
で、話してる途中で、
「今までのとこどうですか?ぼくちゃんと仕事してますか?」と聞いてくるので、
「立派にしてますよ」と答えた。(それ以外答えようがないけど。)
メロンも「ガールスカウトのお嬢ちゃん達が売ってるクッキーは買わずにいられない」と
言うし、私だってこんな小さな男の子に門前払いを食わせるわけには行かない。
しかし、問題は財布の中身だ。見ると6ドルしかないから(とほほ)、
なんか6ドルで買えるもんある?と聞くと、
「全部8ドルなんですけど、小切手でも払えるし、二つ以上買うなら割引します」とな。
「うちみんなダイエット中だから、キャンディーはたくさん買えないのよ」と言うと、
「どれもファットフリーだから、ダイエット中でも大丈夫ですよ」と言う。
ほんと、子供のときからこんなにセールストークがうまいと、
大人になってどれだけすごいセールスマンになるやら。

「お宅の犬、ドアのチャイムより役に立ちますね」なんて言ってみたり、
「ところで、僕にドアを開けたときみたいに他の人に空けたりしたら危険だから、
気をつけないとダメですよ」なんて言ってくれたり、
ほんとアメリカのガキの世慣れっぷりには舌を巻くぜ。
ベビーシッターをさせてもらってる友達の家に、近所の12才くらいの女の子が配ったらしい
「ベビーシッターします」のビラが置いてあったけど、
自分を立派な労働者として売り出すことをもう知ってるあたり、
「子供は子供らしく」なんて言われて育ってる日本の子供とはほんとに違って、
早く大人になろうなろうとしてる。
アメリカの子供をどう扱っていいものかわからないおばさんは、たじたじしてしまう。

「じゃ、グミを一箱だけもらうね」と言って、
「実はもう一箱買ってくれたら、僕の今日の成績が倍になるんです」と言われた日にゃ、
「あんたにゃ負けたよ」と心の中でがっくり手をついて二つ買うしかない。
おばさん、転がされちゃったよ。

「ところで、この暑い中ちゃんと水飲んでる?」と聞くと、
「はい、ミネラルウォーター持ってます。僕フェニックスから来てるから、
水飲まなきゃいけないのはちゃんとわかってます」って、
あんたフェニックス(アリゾナ州)なんかからやって来て
どうしてコロラドの団体のためにでお菓子売ってるの???
質問がのどまで出かかったけど、なんか夏休みの交換アルバイトプログラムみたいなのが
あるんだろうなと勝手に納得してしまった。

14ドルの小切手を書いて渡して、去って行く彼を見送って、
あれは一体なんだったんだろうと思っていると、玄関先に戻って来た。
で、
「小切手は時々現金化できないことがあるから、念のために電話番号も書いてて下さい。
以前もダメな小切手もらっちゃったことがあって、
でもその人イリノイ州から来てるってことでつかまらなかったんです」と言うもんで、
電話番号を小切手に書いて、
「もしなんかあっても、私はここに住んでるから大丈夫よ」と言って渡した。

その後、「どこの出身ですか?」なんて聞かれてちょっとお話ししてると、
大きなバンがやって来て、彼はそそくさとそのバンに乗り込んで去って行った。
運転してたのも16歳を超えたばっかりじゃないかってくらいの若いヒスパニックの女の子。
正式なグループならちゃんとした大人が付いてても良さそうなもんだし、
バンにロゴくらいは入ってると思うんだけど、真っ白だった。
なんか、とってもいやなものを感じて、車のナンバーを控えるべきだったかもと思った時に
メロンから電話があったからそのことを話すと、
よくわからないけど、もしかしたら小銭を稼ぎたがる子供がいることにつけ込んだ
児童労働みたいなもんかもしれないね、なんて言われてしまった。
なんかそんな気もしてたんだ。
だって訪問販売なんて、今の時代まともな大人が子供に一人でさせることじゃないよねえ。

本当にちゃんとした目的を持って活動してるグループなのかもしれないけど、
そうじゃなかったとしても、
あの子が大人にいいように利用されてるだけじゃなかったらいいなと思う。

もっと大人としてちゃんとお話をしないといけなかったなと自己嫌悪に陥ってしまってる。
ああ、メロンがいればよかったな、と思って、お前はいつまでメロンに頼るんだと、
またまた自己嫌悪。

いつになったらちゃんとした大人になるんだろう。

■  プロフィール

蓮姫さま

Author:蓮姫さま
蓮姫さま
アメリカはコロラド州デンバーに住む女。ロッキー山脈の近くでたまにやるウィンタースポーツは雪かき。

メロン
蓮姫さまのダンナ様。キュートな名前は、ウォーターメロンのような大きな頭ゆえ

G.B.
メロウな愛犬。ソリ引き犬と牧羊犬のミックス。

小メロン
メロンの息子。実はデカメロン。

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  最近のトラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリー

■  フリーエリア

記事と明らかに関係のないコメントは削除させていただきます。 ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

■  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■  ブログ内検索

■  RSSフィード

■  リンク

このブログをリンクに追加する http://ping.blogmura.com/xmlrpc/9kciydw10cet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。