蓮姫さまとメロンくんの「甘くない生活」

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/02/28

闘争は続くよどこまでも

コムキャスト(CATV会社)の自動引き落としが、請求書記載金額より多かった。
$199.40のはずが$258.28も引き落としされてた。
以前使ってたMy Check Freeという支払いサービスがなぜかちゃんと機能しなくなったので、
それを使うのをやめて、アメックスで毎月自動支払いができるようにしたばかりだった。
差額の$58.88を取り戻すべく、また電話するハメになってしまった。
でも、今度はいざという時のための助太刀に小メロンを横に控えさせた。

出てきたカスタマーサービスに(またテンション低い女)引き落とし金額の件でと言うと、
請求関係のことは名義人にしか話せないと言われた。
セキュリティーのためでよくある話だから怒っちゃいけないのかもしれないけど、
でも、支払いに使ってるアメックスの名義人は私なのよ。
私の金は受け付けるのに、話はできんというのか!
と、頑固ジイさんのような文句を言ってみた。

「おっしゃることはわかりますが、名義人のダンナ様にしかお話しできません。」
「今いないんです。」
「ではいらっしゃるところにこちらからお電話しましょうか。」
手元に書類がないのに、電話されたって訳わからんわ。

顔を上げると、小メロンが小声で「オレが親父のフリをする」と言うので、
「あ、ダンナが今帰りました」と、小メロンと代わった。
本人確認のためにソーシャルセキュリティー番号を聞かれてたので教えてやった。
セキュリティーが大切なんて言いながらその程度の確認ですぜ。

で、小メロンが聞き出したことは、ペイパービューは請求書のタームと違うので、
請求書を出した後で見た分が追加でチャージされるってことだったけど、それってあり?
タームが違うならそれでもいいけど、その分の請求書か内訳書もちゃんと送るべきでしょ。
「私達のやることは絶対間違いないからおとなしく払え」ってか?!

ペイパービュー請求のタームがどうなってるのかとか、何を見たらわかるのかとかは
小メロンがきちんと聞いてくれなかった。
ペイパービューで映画を見るのは主に小メロンだから、
「差額はオレのせいかよ」ってドキドキしてたんだと思う。
ホームページで探してみたら、請求のタームが違うということだけわかったけど、
じゃ何を見れば内訳がわかるかはどこにも書いてなかった。

私思うんですけど、アメリカ人って請求書ちゃんとチェックせずに
言われるがままに支払ってるだけじゃないかな。
だって、きちんとチェックしてたら不明点がいくつもいくつも出てきて、
納得がいかないことばっかりだもん。
で、「納得いくまで支払いません」なんつっちゃうと、クレジットスコアが悪くなって
クレジットカードが使えなくなったりローンが組めなくなったりするのよね。
自分の信用を人質に取られてるみたいなもんだから、なんでも支払うしかない。

なんか許せん。

スポンサーサイト
2009/02/26

続・請求はお早めに

届いた二通の請求書の件で、病院に電話をしてほしいとメロンに頼んでたのに
忙しいだのなんだの言ってなかなか電話しないので覚悟して私がすることにした。
あまりうまくない外国語を話す機会のある人にはわかると思うけど、
電話というのは身振り手振りや表情が使えないので、言葉での一本勝負になる。
できれば避けたい勝負である。

電話にはカスタマーサービス係が出たけど、これが愛想の悪い声。
不機嫌そうな低い声で早口でしゃべると有能に聞こえると思いこんでる人が多い。
日本だとカスタマーサービスはまず心持ち高めのトーンの声で笑顔を作ってしゃべるように
教育されると思うが、この女性の声には笑顔じゃなくてしかめっ面を感じる。
なんか最初からケンカを挑まれているような感じ。
しゃべり方もすっごくつっけんどん。
客を不愉快にさせないしゃべり方なんて教育は受けないんでしょうね、こっちでは。

こっちもできるだけ意味の通るブロークンじゃない英語をしゃべろうとしてるので、
しゃべる速度はとっても遅くなる。
それに対していらつくのか、ふん、英語もしゃべれないこの移民がって思うのか、
むこうはどんどん早口になる。
何度ももっとゆっくりしゃべるようにお願いするのに、
しゃべってるうちにまた早口に戻るし。
一年も前の診療に対する請求書がなぜ今送られてくるんだって聞くと、
保険会社の処理が遅いだけでうちが悪いわけじゃないってムキになって言い訳をする。
一言でも「請求が遅いと感じられるとしたらお気の毒に思いますが」みたいな言葉があれば
こっちも態度を和らげられるのにねえ。カスタマーサービスでしょ?
正常に業務をやった上で請求書の送付に一年かかるってこともあるって納得すれば、
こっちだって払わないわけじゃないのにね~。(ほんとだよ。)
最後にはこっちも対応の悪さに堪忍袋の緒が切れて、
「上司の名前は?その人に電話するから!
あなたってものすごくhelpfulでfriendlyでしたっ!ふんっ!」と言って切ってしまった。

あ~あ、こういうふうになるのがやだったからメロンに電話してほしかったのに。
でも早速メロンの会社に電話して、「頭に来た、ウキ~ッ」ってわめき散らしたけど。
明日メロンから上司に電話で「おたくの従業員教育が全然なってないから、
うちの可愛い奥さんが怒ってますよ」ってクレームしてもらうんだ。ケケッ。
きちんとした英語をしゃべるアメリカ人が電話すると、絶対対応違うんだ。悔しいけど。
あ、その前に保険会社に本当に処理が遅かったのか確認しなければと電話したら、
なんと、その件の処理は一年前に終わってすぐに病院に請求書をまわしてるってことだった。
「病院のカスタマーサービスは保険会社が一年間処理を怠ったって言ったけど?」
「そういう言い訳しかできなかったんじゃないですか?」
「担当者は私に嘘をついたってことですか?」
「そういうことでしょうね。」

闘争心がむらむらと沸いてくるのを感じる!
金は払わん!
2009/02/25

請求はお早めに

二週間くらい前、かかりつけの病院から電話があって
うちに一ヶ月以上放りっぱなしの未払いが65ドルあるって言われた。
確かに65ドルって請求書は受け取った気がするけど、一ヶ月も前じゃないなあ思いつつ、
はいはい、払いますよって言うのに
アカウントをゼロにしろのどうのと言ってなかなか切らせてくれない。
「アカウントってなに?銀行じゃないんだから病院にアカウントなんて持ってないですよ」
と言うと、相手はムキになって早口でしゃべり出して
またいつもの「あんたの言ってることは何ひとつわからんぞ病」になってしまったので
途中で小メロンに変わってもらった。
みんな公共ラジオのアナウンサーみたいにしゃべってくれたらわかるんだけどさ。

たぶんアカウントというのは病院に対する未払いのことを言ってるんじゃないかと
小メロンが教えてくれて(普通に「バランス」って言ってくれたらわかるんだけど)、
それを今この電話でクレジットカードを使って払えと言ってると言うから、
「請求書を確認してから払いますと言え」と小メロンに伝えて電話を切ってもらった。

それから請求書を探したけどない。
よく考えたら、私が見た65ドルという金額は請求書じゃなくて保険会社からの通知で、
請求書だと思ったものは病院からの次のアポの確認書だったことを思い出した。
病院に行くと、その後保険会社からその診療でかかった総額と保険会社負担分と
私の負担分を書いた通知が送って来る。
だから病院から請求書が来たら、必ずその通知と照らし合わせて払うことにしてる。
で、その請求書はまだ受け取ってなかったんだ。
それですぐに小メロンに病院宛に電話してもらって一体どうなってるのか聞いたら、
別の係員が、今から65ドルの請求書を送ることになってるけど、
現在未払いはまったくないってことだった。
いったいどういうことよ???
電話してきた係員の名前を聞いてなかったので、
「その人を見つけ出してきつ~く叱っといてね」と小メロンが言って終わりとなったけど、
まったく立派な大学病院のくせに会計はどうなってるんだ。
でも今まで催促とか支払い請求とか電話では一度もなかったので、
もしかしたら詐欺かもしれんね、なんて小メロンと話をした。

それから先週、メロン宛の請求書が来た。
診療日を見るとなんと2007年2月。
なんか思い当たるふしがあって医療費のファイルを見てみると、
同じ診察に対する過去の同じ金額の請求書が見つかった。
それは2008年4月に作成発送されたもので、その時点で
「なんで請求するのに一年もかかるんだ」とメロンが怒って病院にクレーム入れたら、
確かに何かの手違いで請求が遅すぎるのでもう払わなくていいと言われたものだった。

もう払わなくていいんだったら、その請求はコンピューターから外して欲しいもんだ。
「きっと病院側はどうにかして支払わせようとしてるんだ」とメロン。
ちゃんと払って欲しかったら請求をためとくなってんだ。
だって300ドル近いんだもん。正当に送られてきた請求書だったら覚悟を決めて払うけど、
もう今となっては二年も前のよ。
「あ、請求するの忘れてた」ってんなら、
せめて電話の一本でもかけて謝った上で支払いのお願いをするってのがスジでしょ。

な~んて思ってたら、またまた来ました、高額請求書。
今度のは去年の1月の私のマンモグラフィーのもので、200ドル越え。
保険会社からの通知の額と一致はしたけど、
これも一年以上寝かされてたからもう素直に払いたくない。

タチが悪いでしょうか、あたし?
2009/02/25

牛男ここにあり

太極拳のクラスは非営利団体が運営していて、その代表者の名前はボブ。
身長は2mくらい、長い脚の上には大きなおなかがでーんと乗っかっている。
彼がかぶっている野球帽には、厚みが7ミリくらいありそうな立派な刺繍で「牛」と一文字。

牛?

カウボーイ(=牛男?)になりたくて、漢字で「牛」と刺繍を入れたんだろうかと思ったけど、
カウボーイへのあこがれであれば、牛より馬の方を選びそうなもんだ。
はて?どうしてそんな漢字を選んだのかと不思議に思っていたけど、最近わかった。
丑年のつもりなんだ。

この団体ではいろんなブランチがTシャツを作って
全米の他のブランチにも販売して運営費用に充ててるんだけど、
太極拳の団体だけに中国っぽい絵柄が多く、漢字も多用されてる。
新年にはその年の干支にちなんだ図柄のものが作られることが多いみたいだ。
で、過去に作られた十二支Tシャツの漢字の部分もよく見てみると、
子年は「鼠」になってるし、辰は「龍」、戌は「狗」になってるねえ。

それじゃ十二支じゃなくて動物園なんですけど。
中国では子丑寅卯じゃなくて、鼠牛虎兎と言うんだろうか?
でも十二支って中国から日本に伝わったものだから、本家本元でそんなことないよねえ?

たぶん、十二支にちなんだTシャツにかっこよく漢字を入れたいと思ったアメリカ人が、
知り合いの中国人にYear of the Ratだから「Ratって漢字でどう書くの?」って聞いて、
動物の話だと思った人が「鼠だよ」なんて答えたのか。
まさか動物と十二支とでは違う漢字を使うなんて、アメリカ人知らないよね~。

でも、ロッキー山脈のようにそそりたつ堂々たる巨躯で(メタボなんだけど)、
「牛」を頭に乗せゆうゆうと歩くボブを見ると、
これはやっぱり「丑」ではなく「牛」で正解なのだよな、と思うのであった。
2009/02/24

クリーニング屋にて

メロンの会社の近くに行きつけのクリーニング屋がある。
チェリークリークという副都心にありながら、
お値段がとっても良心的なのが行きつけの理由。
経営は韓国人の夫婦なんだけど、おばちゃんがむちゃくちゃ無愛想で恐いんだ。

以前、ロスに住むスージーがメロンに、
「韓国人経営の店って大嫌い。こっちは客なんだから仏頂面するのやめて欲しいわよ。
笑顔を見せてなんて贅沢は言わないの。無表情でもいいの。
でもにらまないで欲しいのよ」と言ったそうだ。

そう言えば昔聞いた「欧米でのアジア人の見分け方」というのに、
「知らない人と目が合うと中国人は微笑む、日本人は目をそらす、韓国人はにらみつける」
ってのがあったな。
これを教えてくれたババイチがお愛想笑いをしない人なので、
NYで韓国人と間違えられたというオチがあったようななかったような。

さて、今朝もメロンのパンツを店に持って行った。
ここは電話番号で顧客管理をしてるから、
メロンのケータイ番号を何度か口の中で復唱しておばちゃんと対決だ。
今まで何度も「違う!その番号じゃない!」と怒られてるんである。

店に入るとおじちゃんがカウンター近くにいた。
Good morning!と言うと、ちょっとだけ目を合わせてすぐに恥ずかしそうに下を向いて、
そこを動こうとしない。日本の田舎の中学生のようなおじちゃんだ。
そして仏頂面のおばちゃんが奥からのっそり出て来る。番長の登場である。

「おはよ~ございますぅ。ズボンひとつお願いします。」
「フン。(←鼻息で挨拶)電場番号!」
「310-XXX-XXXXです!(自信をたっぷり)」
「‥‥違う!他の番号!」
「え?じゃ、会社の番号?303のぉXXXのXXXXかな。えへへ」
「‥‥違う!ダンナの名前は!」
「え?え?え?メ、メロン。M-E-L-O-Nです」
「はい、出た!番号は303-XXX-XXXX!(いい加減覚えろ、このボケ!)(怒)」
「すんませ~ん。えへへ。」
「4ドル28セント!」
「へ~い。じゃ現金でちょっきりで~す。」
「よし。」
「じゃ、どうもさんきゅ~。」
「フン。(←再び鼻息で挨拶)」

また今朝も完敗であった。
メロンは大体自宅かケータイの番号を使うんだけど、
このクリーニング店の顧客登録は会社の番号なのね~。
で、私が、ここは自宅の電話番号じゃなくてケータイだったよねと
毎度同じ勘違いをするもんで、まずそれで撃沈。
次、会社の電話番号は同じような番号が並んでるもんで、
891-8988だったっけ981-9899だったっけ?という感じで思い出せなくなり、
おばちゃんがイライラしてるのがわかってますますあせって再び撃沈するんである。

ここまでお読みで、私のことを知っている人は
「あいつはこういう扱いをされたらカウンターを蹴って出て行く女のはず」と
お思いでしょう。
そういう女なんです、あたくし。
ではなぜ、このクリーニング店ではおばちゃんにいいようにされているのかと言うと、
まず、安い店は失いたくない。
それからアジア人の移民同士だから英語で色々と話しかけられることもなく気が楽。
(大体アメリカ人は店員と客の間でしゃべりすぎだよ。無駄口たたかず仕事しろって思う。)
そして、私はなぜかこのおばちゃんが嫌いじゃなく、
親しみのようなものまで感じてるんだな。知り合いの誰かに似ているのかもしれない。
それに、のっそりと奥から出てくる時、
一瞬客の顔を見て、すぐ目をそらして歩いてくるんだけど、
その目のそらし方にちょっとシャイなものを感じるわけ。
無愛想ないばりんぼが、実はちょっと人見知りするのを隠そうとしているみたいな、
笑顔を見せるのを恥ずかしがってるみたいな。
それがどっか可愛くて、「あんたほんとは悪い人じゃないでしょ、ん?」と、
こっちもアホみたいにへらへら笑っていばりんぼの仮面を外させようとしてみる。

前回の番長はめずらしく笑った上に、最後にHave a nice dayとまで言ってくれたんで、
私も心の中でガッツポーズなんかして「進歩だ!」と思ったけど、
今日は無愛想ないばりんぼさんに戻ってしまってた。
パンツを引き取りに行く時番長がまた笑うかどうか、楽しみである。
2009/02/19

スペイン語講座

メキシコとの国境に比較的近い州に置けるメキシコ料理の浸透率は、
日本に置ける中華料理のようなものではないかとわたくしは思う。
特にテキサス州はメキシコとの接触が多いようで、
Tex-Mex(テキサス風メキシコ料理)と呼ばれるものもあり、
これは日本で言えばちゃんぽんとか天津丼とか焼き飯とかの
完全に日本化してしまった中華料理に当たるのではないかと思う。(あくまで推測ね。)
そして日本化してしまった中華料理は日本人の舌に合うのでうまいが、
アメリカ化してしまったメキシコ料理はアメリカ人の舌に合うのでまずい。
(あくまでも推測だってば~。)

メロンも小メロンもメキシコ料理が大好きなのでよく食べに行くんだけど、
私はメキシコ料理にあまり心がはずまない。マルガリータには大いにはずむんだけどね。
(マルガリータに関してはまた別に書きたいと思っているので、ここではスルー。)
なぜ心がはずまないのか。
小麦粉(あるいはトウモロコシの粉)を焼いたトルティーリャが好きじゃないのよ。
それに、料理の名前を聞いてもそれが一体なんだかわからない。
エンチラーダって何?ブリトーはコンビニで売ってたから知ってる気がするけど、
タキートって?トスターダって何?
トルタってイタリア語じゃケーキのことだけど、メキシコじゃハンバーグなの???

ってなわけで、メキシコ料理に造詣が深い小メロン様にお聞きしました。

まずは肉編。
Carne(カルネ)。イタリア語でもスペイン語でも「肉」。
それはわかるんだけど、メニューにあるcarne asada(カルネ・アサーダ)って何?って
メロンに昔聞いたら、「牛肉」だと言われた。
Carne adovada(カルネ・アドヴァーダ)。これもメロンに聞いたら「豚肉」と言われた。
それで、イタリア語で言うところのマンゾ(牛肉)がスペイン語ではカルネ・アサーダで、
マイアーレ(豚肉)をカルネ・アドヴァーダと言うのだと思っていた。

いい加減なオットは持ってはいけません。
カルネ・アサーダとは「ローストした肉」という意味で、牛肉料理、
カルネ・アドヴァーダとは「マリネした肉」という意味で、豚肉料理。
共に料理名であって肉そのものの名前ではございません。
そして、鶏肉はpollo(ポヨ)。
タコスなんか頼むと、この三種類の肉のうちから選んではさんでもらうというのが
多いようである。

次、粉を水で溶いて焼いたもの編。
トウモロコシの粉、あるいは小麦粉で作った洗練されていないクレープのようなもの。
それがトルティーリャ。
これで肉や野菜を包んだり、上に乗せたりして食べる。
トルティーリャを小さく作って揚げたものはトルティーリャチップス。略してチップス。
サルサ・アンド・チップスはどのメキシコ料理店でも突き出しででてくる。
アメリカの国民的スナックと言ってもいいかもしれない。

チップスに細切りとろけるチーズを乗せてオーブンで焼き、サルサにつけて食べる。
これはナチョ。メロンの大好物。
スキあれば「じゃ、今日はナチョね」と台所に入ってきて、
♫ナッチョ、ナチョメーンとビレッジピープルの「マッチョマン」の替え歌を歌い、
腰をふりふり踊りながらナチョを作る。
アメリカのどの家庭でも見られる光景である。
たぶん。

日本でも知られているタコス。(単数形はタコ。)
直径10センチくらいのトルティーリャにひき肉その他を乗せて半分に折ったもの。
メキシコでは本来は柔らかいトルティーリャを使うけど、
タコベルというアメリカのチェーン店がカリカリのものを使ったのが有名になって
それが日本に上陸したらしい。
私も近所の「エル・コヨティート#3」でカリカリのつもりでタコスを頼んだら
フニャフニャのが出て来たので、それ以来メキシコ料理を心から信用できない。

トスターダ。
タコスと同じものだけど、折り曲げずに具を上に重ねて乗せただけのもの。
いつ折り曲げていつ折り曲げないのか、それは不明。

エンチラーダ
トウモロコシの粉で作った直径20センチくらいのトルティーリャで具を包んだもの。
肉なんかが具に入ってて、上からたっぷりチリソースがかかってチーズなんかも乗って、
ドロドロになるまで煮た豆(甘くない)とピラフの様なご飯やワカモレ、
レタスやトマトが付け合わせでついて来る。

ブリトー
小麦粉で作った直径20センチくらいのトルティーリャで具を包んだもの。
具は主にドロドロになるまで煮た豆(甘くない)とピラフのようなご飯や
レタス、トマトなどである。手に握って食べられる。
太さは日本のコンビニで売ってるものの3倍はある。

フラウタス
具をトルティーリャで細く包んで揚げたもの。春巻きやんけ。
タキート(小さなタコという意味)はアメリカ人がつけた名前。

う~ん、書いててだんだんわかってきたぞ。
結局なんでもトルティーリャで巻いたもんじゃないかと思ってたけど、
それぞれに違うのね。
ま、日本でも巻き寿司が細巻きと中巻きと太巻きを違わせる必要があるかと問われれば、
絶対にあるからね。
カッパ巻きと一緒だからって、キュウリ丸ごと一本巻いた太巻きなんかは
勘弁して欲しいし。

しかしねえ。
やっぱりトルティーリャが好きじゃない私には、
細巻きだろうが太巻きだろうが、全然関係ないのよねえ。
「トルティーリャは小麦粉とトウモロコシ粉とどっちにしますか」とウェイターに聞かれ、
「どっちもいりません」と答える私はメキシコ料理店に行ってはいけないヒトではなかろうか。

「その代わりライス大盛りね!」
これだ。
2009/02/07

Home and Garden Show出品準備

こないだすっごく書きたいことがあって、
「ああ~、でもメロンの誕生日のことを書かないうちはあれは書けない~」と思ってるうちに
一体何を書きたかったのかすっかり忘れてしまった。
おまけにメロンの誕生日のこともどうでもよくなってしまった。

そういうわけで、今日書きたいのは生け花なんだけど、
小学校5年生の時にやったお習字以来の伝統文化系おケイコ。 
昔はお茶やお花なんていう「花嫁修業」をやるのははダサいと思っていたけど、
大きな間違いだった。伝統文化に手を染めとくべきだった。
でも、お免状を取るのにものすごくお金がかかるってのは聞いてたので、
それもあまり手を出したくない理由のひとつではあった。
ババイチが言うには、発表会なんかで自分の作品を展示するのに十何万円、
先生からその作品をちょっとお直ししてもらうのに何万円、
お免状を取るのなんて何十万円もかかるらしい。

ところが、今私と、私と一緒にお花を習っているラッコさんは
展覧会に無料で出品しようとしている。
正確に言うと、先生が出品するので、その作品の一部を作らせてもらうのだ。
与えられたスペースが9フィート四方なので、
生け花というより舞台のセット作りみたいな感じ。
大道具作りを手伝うだけのつもりだったら、
「あなた達にもお花を生けてもらうわよ」と先生に言われて、あらびっくり。
ラッコさんは日本でもやってたしすごく上手だからわかるけど、
ほんの3ヶ月前に始めたばっかりで、まだ4、5回しかお稽古したことのない
まっさらな素人の私まで生けさせてもらえるなんて、
日本人の少ない海外の地方都市ならではかしらねえ。
先生も制度にこだわらない、おおらかな人だし。

私達が出品するHome and Garden Showは明日から始まるので、
今日の夕方6時から会場に行って作品作りをする予定。
カリブの島をイメージしたセット作りは大体できてるんだけど、
どういう風にお花を生けるかは会場で決めないといけない。
私はココナッツの殻4つを使う予定で、二回ほどそのお稽古はしたけど、
今日届くお花はお稽古した時のものと違うんだな。
納得のいくものができるたらいいな。なんて始めたばっかりにしては生意気なんだけどさ。





■  プロフィール

蓮姫さま

Author:蓮姫さま
蓮姫さま
アメリカはコロラド州デンバーに住む女。ロッキー山脈の近くでたまにやるウィンタースポーツは雪かき。

メロン
蓮姫さまのダンナ様。キュートな名前は、ウォーターメロンのような大きな頭ゆえ

G.B.
メロウな愛犬。ソリ引き犬と牧羊犬のミックス。

小メロン
メロンの息子。実はデカメロン。

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  最近のトラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリー

■  フリーエリア

記事と明らかに関係のないコメントは削除させていただきます。 ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

■  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■  ブログ内検索

■  RSSフィード

■  リンク

このブログをリンクに追加する http://ping.blogmura.com/xmlrpc/9kciydw10cet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。