蓮姫さまとメロンくんの「甘くない生活」

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/09/25

ニューヨーク、ニューヨーク 第二章

そうそう、年よりから字が小さいとクレームが来たけど、
字が大きいとださいのよ。
だからこのまま。
老眼鏡持っとるだがや?

さて、そんなことよりニューヨーク。
無事ラガーディア空港でメロン君と落ち合って、
バジェットレンタカーで車をピックアップ。
これが図体のでかいアメ車で、クライスラーセブリング
インターミディエイトサイズの車を予約してたんだけど、無料でアップグレードしてくれたらしい。
しかも得意気に。
そのままのサイズで日本車にしてくれた方がよっぽど嬉しいんですけど。
ま、でもこんな機会じゃないとアメ車に乗ることはないかもしれん。
セブリングは高速走行は結構安定してて悪くなかったけど、
なんかどっかスカスカ感があって、図体だけでかくてすいませんねって感じ。
あたしが謝ることないんだけど。

さて、キティーの家に着いたのは草木もそろそろ布団に入ろうかという子の刻11時半。
地下に降りるとあなた、仕切りなしの190畳(推定)の大部屋。
書斎部分とリビング部分(55インチ大画面テレビあり)とキチネット部分と
シャワーのみのバスルームあり。
ああ、もうこの広さにノックアウト。
この地下だけで質素な私たちの家と同じ大きさ。
これにあなた、一階と二階があるんです。

それに加えて、翌朝起きるとガラスの向こうには広い裏庭、
その向こうにはなんと森が続いていた。
地下と言っても、玄関から見ると二階建てだけど、裏庭に向かって傾斜があるので
裏庭からは三階建てになるのであった。
写真どうぞ。
       森
                        森2

コロラドの山荘じゃないのよ~。ニューヨーク州の住宅街なのよ~。
森は州所有だけど、柵とかフェンスとかあるわけじゃなく
入っていって散策も柴刈りもできる。たぶんキャンプもできるんだと思う。
すごいわ~、すごいわ~。
メロンの推定によると(むりやり推定させた)、
住宅価格(土地含む)70万~80万ドル、
キティーのダンナピートの年収は20万ドルを下らないだろうとのこと。
ちなみにあたくしたちの2LDKの質素な建て売りの家は
10万ドルが希望販売価格らしい。それを買わずに借りてますけど。
大きさは1/3で価格は1/8。
わびし~。

タイムズスクエアからキティーの家(の近くのダンキンドーナツ)までこんな道順で車で45分。

View Larger Map

到着翌日はこの家でゆっくりして、近くを散策。
NYの空気は日本と同じで湿り気があって、樹々も落葉樹が多い。
秋の少し冷たい湿った風と、ほんの少し色づき始めた樹が日本を思い出させて、
少し悲しくなる。
コロラドではあまりホームシックになったことがなかったけど、
理由がわかった気がする。
コロラドはあまりにも日本と違いすぎるから、
目に見えるものも肌に感じるものも匂いも何も日本とダブるものがないからなんだな。

ニューヨーク、ニューヨーク 第三章に続く。
スポンサーサイト
2007/09/25

ニューヨーク、ニューヨーク 第一章

最近、ぐうたらに拍車がかかってしまっている。
何もやる気が起こらないのはもしかしたらうつの始まりかもしれない。
けど、ただの年季の入ったぐうたらかもしれない。
見分け方を教えてほしい。

ま、そんなことよりニューヨーク。
先々週の木曜日、9月13日朝10時50分、
予定よりたった5分遅れでスーパーシャトルはやってきた。
あんた、遅れてきてもいい時はきっちり来んのね。
他に二人ピックアップした後、空港に着いたのは1時間10分後の正午ぴったり。
タクシーだと45分で60ドル。
スーパーシャトルだと時間はどんだけかかるかわからんけど23ドル。
金と時間のどっちを取るかと言われたら、カネですがね。

空港ターミナル入り口の外に設置してあるカウンターでちゃちゃっとチェックインを済まして
手荷物ひとつでセキュリティーの列に並んで、出発ゲートに着いたのは12時20分‥‥‥

セキュリティーで1時間かかるって言ったの誰よ!!(それはメロン。)
アメリカ異常って言ったの誰よ!!(それはあたくし。)

メロンのフライトはビジネス需要の多い朝便だったからすご~~~く混んでて、
私の出発の日は聞いたところによるとユダヤの新年のお祭りで、
ユダヤ人は外出しない日だったから特に人が少なかったのだろうと言うこと。

ま、いいのよ、私が出発までたった170分時間をつぶせばいいだけのことよ。
「マークスの山」とiPod持って来たし。

でも、気がつけば今回初めて乗るフロンティアエアラインの尾翼って
野生動物の写真で可愛いじゃないの。
「馬鹿と飛行機は生活を陽気にする」ってユダヤのことわざにもあるし(←うそ)、
周りに怪しまれながら、可愛い動物ちゃんたちの写真を撮ってみた。
DSC02824.jpg
あらいぐまのラスカル君。バックの空港ターミナルの屋根のモチーフはもちろんロッキー山脈。
二森小学校の運動会に見えないこともない。


大きなおめめのバンビちゃん。ふたごの妹はテリ・ハッチャーとして人間界で活躍してます。                     バンビ


私が乗った飛行機はこのブロンコ(野生馬)君。 ブロンコ

デンバーにはブロンコスっていうアメリカンフットボールのチームがあるんで、
これが一番コロラドっぽいかも。
でも、アメリカンフットボールって、
数あるプロスポーツの中で一番頭悪そうに思えるのはどうして?

そして飛行機は30分もディレイしてくれやがって、
私の空港滞在は200分を記録したのでした。

ニューヨーク、ニューヨーク 第二章に続く。
2007/09/13

ニューヨーク、ニューヨーク 序曲

メロン君は今日ボストン。
新しくサウジアラビアに買収された会社がプレスを招待して、
フェンウェイ球場でレッドソックスの試合を特別ボックスで見せてくれるってことで
あご足付きのおいしい出張。
配偶者招待なしかよ~と最初はふてくされてはいたものの、
コロラドロッキーズの試合の方が全然大切じゃんと気がついて
「楽しんできてね」とメロン君をすてきな笑顔で送り出したすてきな私。

そんな私の気持ちをわかったかのように、
ロッキーズは敵地フィラデルフィアで12-0の大勝!!
おっしゃああああ。
蹴落とせフィラデルフィア!
引きずり落とせサンディエゴ!
ワイルドカードをつかむんだああああ。

明日は私もニューヨークに行って、ボストンから来るメロン君と合流。
私のフライトは3時10分発なのに、
スーパーシャトル(乗り合いの空港タクシー)のピックアップはなんと10時45分。
ちなみに、うちから空港までは車で45分。
スーパーシャトルは他の客を拾って来るから遅れることもあって、
それで通常より1時間早く来てもらうようには手配したんだけど、それにしてもね~。
ま、確かに空港でのチェックイン前のセキュリティーの列はいつも延々と続いてるから、
大事をとって早めに行った方が安心なんだけど。

旅行シーズンでもないのに、国内線なのに、
出発の3時間前までに空港に着いてないと飛行機に乗り遅れるかもしれないなんて、アメリカ異常。
世界を相手にたくさん間違ったことをしているののツケが、
今全部自分たちに降りかかって来てるでしょー、あんたたちは。
頭に来るのは、そのとばっちりを私も受けてるってことね~(怒)。
2007/09/11

まだ冬は来ない

前の項を書いてから、鍼に行って買い物を済ませた午後4時。
雲が晴れて太陽が顔を出し、ずいぶんと暖かくなってた。
車の温度計によると13℃。
気温はそんなに高くなってないけど、ここは高度1600mで空に近い分
太陽の威力が大きいんだな。
雪の積もった真冬でも、太陽が出ると体感温度はずいぶん高くなる。
でも、気温はそんなに高くないので雪はなかなか溶けない。
そのからくりがよおわからんが。

午前中はダウンジャケットを来た人も見たけど(たぶんあれはアフリカからの移民だな)、
買い物後はタンクトップで歩いてるバカ人もいた。(たぶんあれはロコだな。)

明日が26℃と言うのもまんざらウソじゃなさそうでうれしい。
2007/09/11

もう冬が来た?

昨日の夕方からとたんに冷え込み、
現在お昼の12時半で気温はなんと9.4℃。
今日の最高気温は16℃だと天気予報では言ってたけど、そんなに上がらないものと見た。
今日が週で一番冷える日で、明日以降は26℃程度に戻るらしいけど、
ここの天気は変わりやすいしね~。
たぶん向こうの山はまた冠雪してるんじゃないかなあ。

アメリカでは9月第一月曜日のレイバーデーが夏の終わりらしい。
日本で言う「暦の上では」って感じ?
何でそういうことなわけ?とメロン君に聞いてみると、
「学校が始まるからじゃない?」となんともおもしろくない答え。
なんかこう、歴史のトリビアみたいなもん期待してたのにさ。

あ、ごめんごめん、きみの国に歴史はなかったね。
2007/09/07

コロラドファッション

夏のコロラドファッション。
それは
タンクトップ、
Tシャツ
ショートパンツ、
ジーンズ、
クロックス、
ビーサン、
以上。

ワンピを着てると、もうドレッシー。
宮中晩餐会にだって行けそうな気がする。
ただし、ここではワンピにビーサン可。
その場合は宮中晩餐会はあきらめることになる。

化粧も不要。塗るのはSPF60の日焼け止めだけ。

今日もノーメークで、髪はクリップでちょんまげ、
Tシャツにカプリパンツをはき、オールドネイビーで2ドルだったビーサンを引っ掛け
さっそうと鍼に行く私。

ここまで堕ちていいものか‥‥?
2007/09/06

おなら三題

その1
ある日メロンと並んで歩いていると、ぶっぶっぶっとガスが漏れる音がした。

蓮「あら、何か落とされました、ダンナさま?」
メ「いや、今のバーキングスパイダーだね~。」
バーキングスパイダー(吠える蜘蛛)。barkingspider

ズボンの中に飼ってるらしい。
いつか見せてね。

その2
こぶ➀が、トリビアの種で紹介された
「一番効果的なおならの拡散の仕方」を教えてくれた。
放屁した後、横飛びしながら尻を叩くというものである。

あまりのバカらしさに感動したので、メロンに実技付きで教えてあげると、
「ばかだね~。日本人そんなこと考えてるの?ばかだね~」
とひとしきり感心(?)したあげくこう言った。

「そんなのより一番いいのはね、
 やっちゃった後、さりげなく隣の部屋に立ち去ることだよ。
 昨日、気づかなかったでしょ?」

‥‥気づかなかったよ。

その3
ある店で買い物の後、すぐ隣のショッピングモールの別の店に行くのに車に乗ると、
横の席からなにか芳しい匂いが。
メロンのすかしっ屁だが、心やさしい妻は黙っていた。

別の店での買い物を終えて車に戻ってくると、まだ残り香が。

メ「この臭い。蓮姫。慎みなさい。」
蓮「へ?これはあんたのサイレント・バーキングスパイダーでしょうが。」
メ「オ~、ノ~ウ!そうやってなすり付けようとしてもダメだよ、へっへっへ。
  僕じゃないからあんただよ。」
蓮「うき~、ナニ言ってんのよっ!あたしじゃないってば~!」
メ「誰だっておならするんだから、謝っちゃえばいいのよ~。」
蓮「こうやって無実の人間が罪を着せられて行くのよおおおお。」

目には目を、歯には歯を、おならにはおならを。
次はきっと。
2007/09/06

おもしろくないジョーク

メロン君がオフィス用に買った象印の魔法瓶の話をしていて、
「魔法瓶と言えば、クラッシックとも言えるおかしいジョークがあってさ」
と語りだした。

「東方の三博士が、キリスト生誕を拝んだ後三人で話し始めた。
  『この世で一番の発明品が何なのか考えてみらんか』
  『私は火だと思うね。火を自在に操れるようになったおかげで
   人間は動物より賢くなった。』
  『いや、私は車輪だと思うよ。車輪があるから遠くまで旅ができ、
   重い物を運べるようになった。そう言うあんたはどう思うね。』
  『私は魔法瓶だと思うねえ。熱いものは熱く保ち、冷たいものは冷たく保つ。
   How does it know??』
 あはははは。」

なんじゃ、そのオチは???
蓮「How does it knowってどういう意味よ??」
メ「だからさ、なんで魔法瓶にわかるかってことだよ。」
蓮「???理解できない。」
メ「だからさ、熱いものが熱い冷たいものが冷たいって脳みそもない魔法瓶がわかるわけないのに、
  でもその温度で保てるからすごい発明だってジョークだよ。」
蓮「‥‥おもしろくない。だって、キリスト誕生の時に魔法瓶なんかないじゃん。」
メ「だからあ、それも含めてジョークなの!日本のノーベル賞受賞者三人にしてもいいの!」
蓮「‥‥それでも全然おもしろくない。」
メ「‥‥もう、忘れて‥‥」

アメリカンジョークへの道は長く曲がりくねっている。
2007/09/06

タイタニック

レイバーデイ前日の日曜日、 titanic
デンバー自然科学博物館のタイタニック号の展示を見に行った。
1912年に沈没してからずっと海の底にいたタイタニックは1985年に引き上げられたが、
その時に見つかった遺留物や、再現されたタイタニック号の内部などが展示されていた。
順路に沿って行くと、タイタニック号に乗船してから沈没までの経過をたどれるようになっている。

入場する時にボーディングパスを渡されるが、その一枚一枚に実在の乗船客の名前が載っていて、
最後に「自分が」生き残ったかそれともタイタニック号と運命を共にしたかリストで確認できる。

乗船して1等客室の廊下を過ぎ、ダイニングルームに入り豪華さにうっとりしていると、
次には石炭が赤く燃えるボイラー室が再現され、
船という小さな世界の中の人々の階級のあまりの違いに愕然とさせられる。

壁には数十人の乗船客とクルーの写真とプロフィールが貼ってある。
ビジネス渡航の有名デザイナーと貴族の夫、
先に移住した夫に呼び寄せられて、小さな息子を連れて乗船した女性、
家族6人揃って移住するので節約のため3等切符を選んだ男性。
働く船がことごとく悪運に見舞われてきたメイド。

私は、2等乗船客のMrs. Albert Francis Caldwell。
夫と10歳の息子と共にサウサンプトンから乗船した。
バンコクのミッション系の男子校で教師をしていたが、
アメリカへの帰国前のイタリア旅行中にタイタニックの処女航海のことを聞き及び、
ロンドンまで行ってなんとか切符を入手したそうだ。沈没するとは思いもせずに。

死は人を選ばず訪れるものだと思い知らされる。
私と私の家族はみんな助かったが、全て運でしかない。

生死を知らせるリストの中である人の名前を探してみた。
Mr. Masabumi Hosono
元YMO細野晴臣のおじいさんで、唯一の日本人乗船客だ。
事故後「人を押しのけてライフボートに乗り込んだ日本人がいた」と他の乗船客から非難され、
卑怯者と呼ばれたまま亡くなった人だ。
10年前、それが人違いであったことが確認されたという新聞記事を読んだ。
明治の男らしく、一言も弁明しなかったらしい。

女性と子供の命を優先し、タキシードを着て死んで行った男性がいた。
女性は先にボートに乗るように言われながら、
長年連れ添った夫とは死ぬときも一緒ですと、夫の側を離れなかった女性がいた。
他船と通信するため最後まで船を離れなかったクルーがいた。

人の心を揺さぶるのは、深い愛情と気高さだ。
2007/09/05

少年フランのつぶやき

9月2日のアリゾナ戦のテレビ放映より
fran 2

今日ぼく先発じゃないし、早くおうち帰りたいなあ。
ハードルのおじさんにお腹が痛いって言ってはやびきしようかなあ。
だって今日ママと電話でおはなししたいもん。
あ~、ママが作ったカレーの王子様食べたいなあ。
にんじん入ってなくて、じゃがいもがいっぱい入ってておいしいもんね~。

ってなことは考えてないと思うが、ひょっとしたら考えてるかもしれないと思わせる少年フラン。
2007/09/05

松井稼頭央選手と握手しちゃった

昨日のレイバーデイのお休みはロッキーズの試合に行ってきた。
またまたジャイアンツ相手にホームでの3連戦の初戦デーゲーム。
NL西地区で群を抜いてドンケツのジャイアンツとなんかやったところで、
勝っても即首位とのゲーム差が縮まるわけじゃなし、つまんね~
と言うのは、ちょっと余裕かまし過ぎか。
なんたって我がロッキーズは未だにドンケツのひとつ上の4位だし。

巨人バリボンは、スターティングメンバーに名前なし。
さては、先発投手がまた少年フランなのに恐れをなして敵前逃走だな。
ふっ、でかい頭に似合わぬ肝の小ささよ。

蓮「バリボンさあ、頭でかすぎて空港のボディーチェックゲート通れなかったんじゃない?」
メ「そうそう。航空会社も747を用意できなかったから頭が乗らなくて来れなかったのかも。
  あ、ドデカ頭を預けるヘッドルームが飛行機になかったんだよ、きっと」

メロンよ。バリボン相手だとどうしてそうムキになる?(あおったのは私だが。)
いやいや、理由なら知っている。

デカ頭同士のライバル心だ。

しかも、うちのダンナ様には誇りがある。
「オレの頭はステロイドで大きくなったわけじゃない。」
ナチュラル・ボーン・メロンヘッドなのだ。無農薬、添加物なしのきれいな頭なのだ。
ステロイド漬けのジャイアントヘッドに注目が集まるのが許せないのである。

閑話休題。

昨日は今までになく早く球場に着いたので、選手のウォームアップが見れるね~と喜んでたけど、
見れるなんてもんじゃない。
一塁側一階席だったからフェンスまで下ってものすごく近くで見てしまった。

              hawpe
                   打点93で現在NLで7位のハープ。一番のオキニ。        
tulo
トゥロウィツキー。ハープのせいでオキニ1位からは陥落したけど、NLでルーキー王を争う若者。カズオとのコンビでリーグ最高数のダブルプレーを誇るショートストップ。

キャロルとトゥロウィツキーと松井稼頭央はウォームアップの後観客席に来て
サインまでしていたので、私もカズオに握手してもらった。
ファンサービスだねえ。大切だよ。あたしは一生ロッキーズを応援するからね~~。                                 kazuo

試合は、なんと少年フランの二塁打から始まる打者一巡の猛攻で3回に7点を挙げ、7-4の快勝。
道に迷った子供のような顔をしていても、少年フランは15勝を挙げてハーラーダービー2位なのね~。


■  プロフィール

蓮姫さま

Author:蓮姫さま
蓮姫さま
アメリカはコロラド州デンバーに住む女。ロッキー山脈の近くでたまにやるウィンタースポーツは雪かき。

メロン
蓮姫さまのダンナ様。キュートな名前は、ウォーターメロンのような大きな頭ゆえ

G.B.
メロウな愛犬。ソリ引き犬と牧羊犬のミックス。

小メロン
メロンの息子。実はデカメロン。

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  最近のトラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリー

■  フリーエリア

記事と明らかに関係のないコメントは削除させていただきます。 ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

■  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■  ブログ内検索

■  RSSフィード

■  リンク

このブログをリンクに追加する http://ping.blogmura.com/xmlrpc/9kciydw10cet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。