蓮姫さまとメロンくんの「甘くない生活」

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/07/09

「ミッドナイト・イン・パリ」

ウディ・アレンの新作「ミッドナイト・イン・パリ」を先週見てきた。
ウディ・アレンの映画を見るのって、「マイティー・アフロディーテ」以来じゃないか??

11032905_Midnight_in_Paris_00s.jpg

主演がオーエン・ウィルソンで、ウディ・アレンの映画に合うのかって気もしたけど、
時々「おお、これはいかにも!」という感じでウディ・アレンがのりうつったようなセリフ回しが
あったりして(ま、脚本はウディ・アレンだからあたりまえか?)、オーエン・ウィルソンはアリであった。
もうさすがにNYのとんがった男を演じるには、ウディ・アレンは老いすぎて世界も変わりすぎてしまったか。
出てなくて、ほっとした。(今回NY絡んでないし。)
私はウディ・アレン的世界は好きだけど、本人は好きじゃないの。

主人公のファッションは、シャツにノーネクタイ、チノパンにジャケットとフランス人でもやりそうなのに、
どっから見てもアメリカ人にしか見えないのはどうしてかねえ?不思議だねえ。
そういうアメリカ的なださださな感じも、オーエン・ウィルソンはよく醸し出していたな。
パリに一緒にやってきた婚約者と両親は、どこからどう見てもお金持ちで共和党支持のコンサバ。
対するオーエン・ウィルソンはティーパーティーをくだらないと思ってる多分民主党支持のリベラル。
アメリカだと政治的スタンスが違うと近年は普通はうまく行かないけど、この人たちは?と思ってると・・・・
(とりあえずネタバレやめとくね、私の友達で観に行きたい人たくさんいるだろうから。)

軽ーいロマコメで、とっても面白かった。
それに、作家とか芸術家とかの名前がバンバン出てきて、知ってると「あたしって物知り?」みたいな
気分をくすぐられるところがまたおいしいね。

エイドリアン・ブロディがこの映画の目玉である、と言っておこう。

スポンサーサイト
2010/01/11

It's Complicated (恋するベーカリー)

昨日ヴィニーからお誘いがあって、今日は「恋するベーカリー(原題It's Complicated)」を見て来た。
こういうロマコメは、私が見たいと言うとメロンに鼻で笑われそうなので
ヴィニーが誘ってくれると本当に嬉しい。メロンもヴィニーにはいやとは言わないしね。

お話は、メリル・ストリープとアレック・ボールドウィンとスティーブ・マーティンの恋模様。
メリル・ストリープとアレック・ボールドウィンは元夫婦で、
スティーブ・マーティンはメリル・ストリープの家の増築を請け負う建築士で彼女に惚れてる。

見たくない人は全然見たくないかもしれん。
若い人だと、こんなきれいでもないおじさんとおばさんの絡み合いなんか見たくもないって思うかもしれないけど、
でも、むっちゃおもしろかったのは、やっぱり私の年齢のせいかねえ。

日本だと若い人にウケなさそうだから入りがどうか心配だけど、
アメリカはやっぱ「もう私もXX才になったからこういう事はやめないと」なんて考える社会じゃないから、
熟年の恋愛も全然オッケーなのね。
メリル・ストリープも、日本ではあのかぎ鼻が全く受け入れられないと思うけど、
こっちじゃそう醜い部類にも入ってないみたいだし、
中野翠の言うように「あたしってうまいでしょ」演技が鼻につくと言って嫌われてる様子もあまりないと思う。
なんでもこなせるとにかくうまい女優って評価が大方じゃないかな。
歌も歌えるコメディーもできる、常に大衆の見たいと思う映画の真ん中にいる「大御所」って感じかね。

そのメリル・ストリープは、全く年齢を隠さず、しわもたるんだ肌も遠慮なくアップで見せてくれて、
見たくない人も多いかもしれんけど、私はすごいなこのおばさん、とものすごく感心した。
だって、アレック・ボールドウィンは若い女と浮気して彼女を捨てたって設定なわけで、
メリル・ストリープはまぶたのたるみや体の線の崩れを引け目に感じる女の役だから、
これが「そう言いながらきれいやん、あんた」って女優だったらまったく面白くないわけ。
それが、掛け値なしに普通のおばさんだからね。見てる女性もものすごく共感できるわけですよ。

そして、映画を見た後で調べてみると、なんと彼女はもう60才‥‥
60才でこの役をやるとはおみそれしました。
しわが多いなんて思ってたけど、60才(しかも白人)だったら立派なお肌です~。

いや、しかしアレック・ボールドウィン。
20年前の彼はむちゃくちゃかっこ良かった。
それがどんどん太って、もうこの人ダメやんと思ってたけど、コメディーで生き返るとはねえ。
もうね、最高よ。スティーブ・マーティンよりコメディアンぶりが立ってた。


あの頃
昔 はあああ~~、いい男~~~♡♡♡

メロンの友達のマーサが、ニューヨーク大学でアレック・ボールドウィンと同じ演技のクラスに通ってたって。
ええええええええええ、こんなゴージャスな男子が近くにいたら、あたし勉強できないっ!!!
(あ、だからマーサも今女優じゃないんだ。)


そして今
今  

肉の付きすぎたぷよぷよのおじさんが可愛いと思えるようになったのは、あなたのおかげよ、メロン。


おまけ

krasinski
メリル・ストリープの長女の婚約者の役で出てくるジョン・クラシンスキーがむっちゃ可愛かった。
映画が始まる時のクレジットで、ヴィニーが「この子いいのよ~」って言ってて、
あたしゃ名前も知らんわ~と思ってたけど、いや~、ほんといいわ。
元夫婦の秘かな情事に一人気づいてしまった彼が、
自分の婚約者や他のきょうだいに気づかせまいとあたふたするのがとってもうまい。
それに、彼女の家(つまりお母さんのメリル・ストリープの家だけど)に泊まって、
自分のパジャマがないので彼女のTシャツをパッツンパッツンに着て
キスマークのプリントのつんつるてんのフランネルのパンツをはいてる彼の可愛いこと。
コメディーセンスのあるイケメン俳優って点数高いよね。

といえば、Back to basicsでヒュー・グラントの新作見ないとねえ。
これはたとえヴィニーでもメロンを誘い出せないと思うので、私一人で見に行かねば。
2010/01/02

「インビクタス」

デンバーも日本より16時間遅れて無事に新年を迎えております。
紅白もない、振り袖のはしゃいだねーちゃんもいない、全く盛り上がらない年末年始でございます。

しかし皆様、あけましておめでとうございます。
あまり更新しない、大したことも書かないブログではございますが、
今年もどうぞひっそりごひいきに。

新年はせめてシャンペンで乾杯すっべかと、
メロンにカヴァとプロセッコを買って来てもらったんだけど、
    (ちなみに、カヴァもプロセッコも「シャンペン」ではないですね。
    でも「スパークリングワイン」などというとなんかやたら言葉にこだわってる気がするし、
    イタリア語で「スプマンテ」というのもいやらしい気がするし、
    英語だとぶくぶく泡の出るワインを「バブリー」と呼ぶのでそれがニュートラルでいい感じがするけど、
    でもそれだと日本語でバブルの時代のボディーコンシャスなギラギラな感じになっちゃうし、
    ま、一般的な意味で「シャンペン」ということで)、
日付が変わる30分くらい前からもう眠たくてしょうがなくて、
12時になってメロンが「新年だよ。おめでと~」というのに応えて
「おめでと~、じゃ、おやすみ~」とシャンペンも飲まずに寝てしまった。
いや、シャンペンは一旦開けると飲み干さないといけないからね。
そこは、ほれ、失礼のないように万全の体制で臨まないと。

なーんの予定もない元日の今日だったけど、朝はジューイッシュデリに朝食に行った。
ジューイッシュデリのウリと言えば当然ベーグルで、メロンはベーグル食べたさに行くわけだけど、
ベーグルって身がつまっててむちゃくちゃ重いし、私の好みでないのよね。
ジューイッシュデリでイングリッシュマフィンを頼む私って、すっごくアウトサイダーな感じ。
でも、トーストしたイングリッシュマフィンってかりかりしておいしいよね~。
私はロイヤルのが好きだけどね。
いや、日本のパンってほんとおいしいと思うよ。
アペティート、カイザー、アンデルセン、ダムドフランス、そして何と言っても中川パン(私がバイトしてた店)。

午後は「インビクタス」を見に行った。
内容をよく知らずに見に行ったけど、すっごくいい映画だった。
マット・デイモンがあの顔で「フランソワ」ってのはどうかと思うけど。

あらすじを書けば、ネルソン・マンデラが大統領になってアパルトヘイトを廃止した南アフリカで
初めて開催するラグビーワールドカップで、
人種を越えて国民がひとつになるために優勝することを期待されたラグビーナショナルチームの話。

ラグビーというのがまたあまりなじみのあるスポーツではないけど、
あたしゃ何と言ってもイケメンプレイヤー平尾誠二さんと同じ学年だからね。彼の名前くらいは知ってるさ。
機を見るに敏なユーミンはNO SIDEっていう曲を書いてるし、
ラグビーってなんとなくおしゃれな都会の女の子が好きなスポーツだと思ってた。
スクラム組んだりとかタックルしたりとかキックでゴールしたりとか、アメフトと同じっぽいのに、
ラグビーはアメフトみたいに走っては止まって走っては止まってとしょっちゅうゲームが止まってないし、
プロテクションなしの生身のぶつかり合いだし、こっちの方が断然面白い気がする。
アメフトはなんか全然好きになれないんだよねえ。

なんでアメフトだけあんなにヘルメットかぶったり肩パッド入れたりしてるんだろう。
多分、アメリカ人って痛みに弱くて、どこかちょっとでも痛むとすぐ痛み止め飲んで我慢するってことをしないから、
ぶつかって痛くならないように予防してるんだって思ったけど、
メロンに聞いてみたら、ラグビーと違ってアメフトは真正面からのぶつかり合いが多いから
プロテクションする必要があるってことだった。

ほ~、そうですかい。

ま、どっちにしてもそのプロテクションのせいで
人間対人間のぶつかり合いって気がしなくって面白くないんですけどね。
イケメンプレイヤーがいても顔が見えないし。(これが最大の理由かも!)
「インビクタス」を見ると、絶対ラグビーの試合に行ってみたいなと思うはず。
それに、オールブラックスかっこいいなあ。
こっちも名前とNZのとっても強いナショナルチームってことくらいしか知らなかったけど、
試合前のマオリダンスがかっこいいんだ。命をかける戦いの踊りだからね~。

うちの近くに新しくラグビー場ができて、去年は国際試合もあってたんだよね~。
メロンが行きたがってたけど、仕事が立てこんでて結局行けなかった。
今年もあれば必ず行こう。

それにしても、意外なところで日本の名前を聞くとは。17対145か。
そうかそうか。
ワーストレコードか。
そうかそうか。

体ちっちゃいからしょうがないよね。
でもがんばれ、日本!

今年は言葉がわからないなんて言わずに、映画を見に行こう。
一発目からいい映画に当たってちょっといい感じ。
2009/05/13

スタートレック

日本語字幕付きで見たい映画がまた増えてしまった。
「スタートレック」である。

メロン小メロンはファンみたいで早速見に行くことになったけど、
あたしはTVシリーズでも見たことがなくて(いつも深夜の放映じゃなかったっけ?)、
最近出演者の男性が同性結婚したけど、別の出演者が式に招待されなかったと不満を言えば、
それに対して招待したけど返事を寄越さなかったのはあいつだと応酬があったというゴシップくらいしか知らない。(それだけでも十分面白いけど。)
レビューがすごくいいから、元々のファンじゃなくても楽しめるとメロンが言うので、
近くの映画館でIMAXで見て来た。(前から3列目。ちときついな、この近さじゃ。)

いやいや、若い頃のMr.スポックのかっこいこと。
あんな変な髪型であんな変な顔の造作なのに、かっこいいのよ。
惚れた。

未来の物語でワープとかテレポーテーションとか当たり前にやってるのに、
人力も結構使ってるのが面白かった。
殴り合いとか、手動パラシュートとか、ここから落ちたら死ぬだけ~とか。
危機の時にエンタープライズの誰かが気づいてテレポートしてくれたら助かるんだけど、
歯の後ろのスイッチを舌で押すと空中浮遊するとか言う技術はないわけね。
頭にある装置をつけると念力だけで相手を吹き飛ばせるとか、ないわけね。
だから相変わらず殴り合って鼻血出したりするわけ。
スタートレックの面白さは人間ドラマにあるらしいから、そういうのは欠かせないわけか。

あと、悪者がいかにも悪者ってのがどうしてなんだろうって思ったな。
顔に入れ墨して目つきが悪くてスキンヘッドでヘビメタな感じ。
悪者の宇宙船の中も暗くておどろおどろした感じだけど、
ギンガムチェックの壁紙で花瓶にお花を飾るのも好きな悪者もいるかもしれないのに。

そんなことを考えてるから、分からない映画の筋がますます分からなくなるわけですね。

ストーリーがあまり分からなくても楽しめるけどね。

メロンが、もう一回普通のスクリーンで見たいというので、またそのうち行くでしょう。

映画を見た後、萩尾望都のSFものがすごく読みたくなってしまった。
「11人いる!」や「A-A'」読み返したいな~。
「百億の昼と千億の夜」は何度読んでもさっぱり分からなかったけど、
また挑戦したい気分。
2008/05/25

インディー・ジョーンズは襲名制度で

今週の木曜日に公開された「インディー・ジョーンズ/クリスタルスカルの王国」を
今日見て来た。
来週の月曜日がメモリアルデーという祝日なので、
金曜日を休みにして4連休にする職場も多いらしく(メロンの会社もそう)、
それでいつもは映画の公開は金曜日だけど、
「インディー・ジョーンズ」は木曜日公開になったらしい。
ま、その作戦が当たったのかどうか記録的なヒットなんだってさ。

言いたいこと全部書いちゃうとネタバレだから書けないけど、
ハリソン・フォードにこだわる必要あったのかねえ。
007みたいに襲名制度(?)にして、
せめてあと20歳若くてイキのいいのに替えたらよかったのに。
でも、もうネタ切れみたいだから襲名制度も無理かなあ。
ジョージ・クルーニーで一作お願いしたい。
是非。
続きを読む
次へ>>

■  プロフィール

蓮姫さま

Author:蓮姫さま
蓮姫さま
アメリカはコロラド州デンバーに住む女。ロッキー山脈の近くでたまにやるウィンタースポーツは雪かき。

メロン
蓮姫さまのダンナ様。キュートな名前は、ウォーターメロンのような大きな頭ゆえ

G.B.
メロウな愛犬。ソリ引き犬と牧羊犬のミックス。

小メロン
メロンの息子。実はデカメロン。

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  最近のトラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリー

■  フリーエリア

記事と明らかに関係のないコメントは削除させていただきます。 ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

■  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■  ブログ内検索

■  RSSフィード

■  リンク

このブログをリンクに追加する http://ping.blogmura.com/xmlrpc/9kciydw10cet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。