蓮姫さまとメロンくんの「甘くない生活」

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/02/20

博多人形のような肌ですね

昨日放映だった男子フィギュアスケート決勝。
楽しみにしてたのに、ようやく他の競技から切り替わったと思ったら
最後から二番めのグループからしか放映しないし、しかも録画。見られない選手の方が多かった。

せっかく容姿番付をするつもりだったのに。

しかし、私が書きたいのはただ一人、ジョニー・ウィアーのことだけ。

彼のことは前回のオリンピックだったかなにかで「麗しい!」と思ったことを思い出した。
いや~、そういえばいたねえ、この子と見てたんだけど、ほんとうに麗しい。
でもSPの衣装はどうよ?
黒にピンクのラインのついた、それってSの女王様?みたいな衣装って、
もしかして、ひょっとして。
SPが終わった後のキスアンドクライで、キャーッと言いながらカメラに向かって両手を振るその姿は、
ひょっとして。

ゲイ?

フリーの衣装も、「ほんとはスカートくっつけたかったの」みたいな、
上半身はどう見ても女子選手用だろうって感じ。

ま、あれだけ美しかったら無理もない。
ゲイというよりは服装倒錯者というほうがもしかしたら正しいかも。(いや、ほんとはどうか知らんよ。)
でも、あくまでも白い肌、小さな顔、ばさばさまつげ、つんとかっこうよく尖った鼻、
そして筋肉のついてない(ように見える)スレンダーな体。
どれをとっても、腐女子好みよのう。
(あたしは違いますよ。あたしは太って脚の短いうちのメロンをとっても可愛いと思ってますよ。)

メダル候補に挙げられていないことをどう思うかと聞かれて、
「自分はメダルを狙える選手なんだけど、きっと個性が受け入れられないんだろう」と答えたらしい。

だからと言ってその個性を審査員好みに変えないところが好き。

さっきカメさんに聞いたところによると、
「ゲイなんですか?」と聞くメディアはやはり多いらしく、
あるインタビュアーに
「僕は絶対人に教えないものがみっつあって、
ひとつは自分のミドルネーム(大っ嫌いらしい)、それから誰とベッドを共にするか、
そして、使ってるハンドクリームの名前」と答えたらしい。

イエスと言わずにイエスと言っとるがね。
しゃれとるねえ、頭んよかねえ。

でもハンドクリームの名前は教えて欲しいなあ。
おばちゃん手ががさがさなの。
スポンサーサイト
2010/02/19

赤毛の彼

メロンが言うには、
ショーン・ホワイトに「空飛ぶトマト」というあだ名を付けたのはイタリア人だったらしい。
探してもそのことに関してはどこにも記載がないから本当かどうかはわからないけどねえ。
メロンの言うことだし。
でも「トマト」というあだ名をイタリア人から賜るとしたらそりゃかなりの賞賛だと思うが、
本人は嫌ってるらしい。
かわいいのに。
あ、かわいいからダメなのか。
本人はTHE ANIMALって呼ばれたがってるって。
「希望だけは聞いときますね~」って感じ。
あだ名っつーのは自分で決めるもんじゃないって誰か言ってやらないと。
2010/02/18

男子フィギュアにスナイパー

昨日はそういうわけで茶話会に出かけたので、
フィギュア男子は途中からの観戦になってしまって、残念なことにまだ全員の容姿チェックができてない。

ただ、思ってた以上にレベルは高そうで、高鳴るこの胸。


審査結果は明日以降の発表になりますが、アメリカのエヴァン・ライサチェクについて一言。

世界中の不幸を一身に背負ったような陰。
黒以外は身にまとえないような、
短調の音楽でしか絶対に滑れない、長調の音楽を吸い込んでしまうブラックホールのような重さ。


ワタシ「ねえ、この人、KGBの射撃手って感じだよねえ。」

メロン「‥‥うん、確かに、まさしく悪役って顔だね。」


私は悪役とは言ってないぞ。
KGBというだけで悪役と決めつけるメロン、なんだかんだ言いながらハリウッドに影響されちゃってます。
2010/02/17

k.d.ラングのおっさんぶり

開会式の翌日、Yahoo! Japanで読んだ記事の中に、
「バンクーバーで開催するという意味が見出せない開会式だった」ってのがあったけど、
私はよかったと思うなあ。
今さら開催する「意味」なんてどの先進国にもないと思うけど。

記事ではトリノや北京と比べてたけど、
イタリアや中国みたいな歴史の長い、素材をどれだけでも見つけられる国とカナダを比べるのはちょっと気の毒。
イタリアは世界に名だたる芸術の国だし世界の景気もあの頃はまだ良かったし、
北京オリンピックは市の開催とはいえ、国の名誉がかかってるから政府がどれだけでもお金は出したろうしね。
聖火台のひとつが上がって来ないトラブルは、確かにここ一番の大舞台でそれはないでしょって気はしたけど。

でも、百歩譲って今ひとつぴりっとしない式だったとしても、
人がよくてのんびりしたカナダの国民性がそこに現れてるんじゃない?って思う。

記事ではもうひとつ、
「人気歌手が次々と出てくるのもコンサートじゃないんだからと思った」みたいなこと書いてあったけど、
歴史のない国で世界に知られた国民がいると言うのはすごい資源だから見せびらかしていいと思うよ。
有名でもみんなアメリカ人と思ってるかもしれないし、カナダ人だよってはっきりしとかないとね。

私も、ドナルド・サザーランドやブライアン・アダムスにジョニ・ミッチェルは
ああ、カナダ人だったなあって思い出したし、
k.d.ラングとサラ・マクラクランはカナダ人って知らなかった。
k.d.ラングが歌った「ハレルヤ」を書いたソングライターのレナード・コーエンもカナダ人らしい。
世界的に活躍してても、アメリカ人だと思われてる人達が多いと思うなあ。
その汚名を晴らす(?)にはいい機会でしたよ、ほんと。
そうそう、F1が好きだった私には懐かしい名前ジャック・ヴィルヌーヴも
フランス人じゃなくてカナダ人だったよねえ。

それにしてもk.d.ラングの「ハレルヤ」は素晴らしかったねえ。
ものすごい太って、銀座で腹巻きから金を出してばらまきそうなおっさんになってたのは、
太った後のアレック・ボールドウィンを見たときくらいの衝撃があったけど。
もっとやせてたら素敵な「男性」だと思うんだけど、彼女も。(「彼女」です。)
でも、歌声にはうっとり。




↑これは2005年のパフォーマンスで、まだ少しやせてた頃。
2010/02/17

フィギュアペア

皆さん、オリンピック見てますか?
私は夜の7時から11時くらいまで見てます。

昨夜はペアフィギュアスケートの決勝で、むちゃくちゃ眠たかったんだけどロシアの川口ペアを見るまでは!と、
うとうとしながらもがんばって起きてたのに、
ふっ、と気づくと川口ペアの演技の時に限ってぐっすり寝ていたようで。

くすん。

私が最後にフィギュアスケートを一生懸命見てたのは、
フランスの男子シングルにキャンデロロがいた頃だったよねえ、と思ってたら
1994年のリレハンメルあたりというひと昔以上も前のことであった。
パフォーマンスは派手だったし、見栄えがいいし、好きだったなあ。
今、見栄えのいい選手っているのかしら?

こういう芸術的要素も必要とされる競技では、やっぱブサイクだとダメだよね。
特にテレビだとものすごいアップで写されるから、
容姿の不出来だけじゃなくて歯並びの悪いのまで減点対象になるからね。(審査員はあたし。)

私がキャンデロロを好きだった頃は、中国人選手はすっごくダサくて相手にされてない感じだったのに、
いつの間にかものすごく台頭しててペアのフィギュアを引っ張ってるってびっくりしてしまった。
でも、女子選手はすごくスタイルがよくてお化粧も上手でいいんだけど、男子がねえ。
昨日見た某男子選手は、売れない演歌歌手が西城秀樹から昔の衣装借りて営業に出てるって感じで痛いねえ。
雑技団ならいいけどさ。
スピードスケートのショートトラックで優勝した韓国人選手みたいな可愛いコに
フィギュアすべって欲しいけど。
おばさんのはかない夢か。

今日から男子シングル。
アップに耐えられる選手がいることに期待する、違う視点でスポーツを楽しむ私であった。

■  プロフィール

蓮姫さま

Author:蓮姫さま
蓮姫さま
アメリカはコロラド州デンバーに住む女。ロッキー山脈の近くでたまにやるウィンタースポーツは雪かき。

メロン
蓮姫さまのダンナ様。キュートな名前は、ウォーターメロンのような大きな頭ゆえ

G.B.
メロウな愛犬。ソリ引き犬と牧羊犬のミックス。

小メロン
メロンの息子。実はデカメロン。

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  最近のトラックバック

■  月別アーカイブ

■  カテゴリー

■  フリーエリア

記事と明らかに関係のないコメントは削除させていただきます。 ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

■  ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■  ブログ内検索

■  RSSフィード

■  リンク

このブログをリンクに追加する http://ping.blogmura.com/xmlrpc/9kciydw10cet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。